FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
待っているよ 19
2012-06-16-Sat  CATEGORY: 待っているよ
筑穂が呼ばれて振り返ると、いつものスタイルといった感じのポロシャツ姿の大野城が、走ってきたにもかかわらず、呼吸の一つも乱すことなく筑穂に寄ってきた。
集まった三人を一通り見回し一礼してから、スッと筑穂に手を伸ばしてくる。
「どうしたの、また泣いて…」
慈しみのある声を響かせながら、情けなくなっていた筑穂の眦に親指の腹を這わせた。
あまりにも自然に、あたりまえのように寄ってくる人は筑穂の頑なな気持ちを解していく。
自分の考えを汲み取ってくれる人に聞いてほしい甘えが出る。
「せんせ…」
「ちょっ、あんたっ」
即座に筑穂に伸ばされた手を叩き払おうという勢いで福智の腕が伸びてくる。
もちろん大野城は叩かれることもなく、それどころか筑穂を庇うように、ふたりの間に体を入り込ませた。
福智の想いを感じるのも早かったようだ。
福智に聞くのではなく覗きこむような仕草で筑穂に「同僚の方?」と問いかける。
「うん…」
頷く筑穂を見ては、何故この状況になっているのか想像するのも容易かったのだろうか。

福智とのことはこの場ではどうでもいいといった感じで、大野城は店主に向き合った。
完全に無視された形の福智は納得いかないといった態度でいたが、すぐに始まってしまった『津屋崎家の事情』に口を挟むタイミングを失ってしまっていた。
「突然すみません。高校で教員をしております、大野城と申します」
学校の名前を聞いては、常連客の大部分を占めるだけに店主も何事かと訝しさをみせた。
それでなくても一方的に筑穂が喚いた後のこと。
問題点が、自分の店でさりげなくでも教えてしまった『穂波』にあるのだとは、馬鹿でも気付くといったものだ。
「あの…、穂波くんのことですよね?」
改めて確認するように店主が問うと、誰よりも早く大野城が頷き返した。
「えぇ。それと『浮羽』さんという方のご関係を」
「浮羽?!」
どういう『関係』だと驚く店主に、筑穂は自分が思っていたことが違ったのかと気付いた。
少なくとも、本人であれば、自分の名前を呼ぶことはないだろう。
静かに大野城が話を進めるのを、筑穂は大野城の脇に立ちながら耳を傾けた。
「こちらで働かれているとお聞きしましたが」
「あぁ。うちの息子だよ…。…なんだって?!じゃあお兄さんが言っていた『同居』っていうのも…っ」
一人突っ走って感情的になった筑穂を責めることもなく、徐々に状況を把握していったらしい店主は、「立ち話もなんだから…」と店の中に入るよう促してきた。
そして、当の本人が中にいるから…と…。
息子がどんな人間なのか、穂波のことまで知った今となっては、当然他人事にはできずにいる人の良さも見える。

看板を再び抱えた店主は、店内に入り、厨房である奥に向かって「浮羽~っ」と大声を上げた。
大野城に連れられ、筑穂も中に入り、しかしその後を追おうとした福智は寸前で大野城に手のひらを広げられて足を止める。
「ここまで筑穂に付き合ってくれてありがとう。あとはこちらの問題だから」
バッサリと切り落とした大野城に、はっきりと物事を告げることの潔さを感じた。期待を持たせることもなく、曖昧にもしない。
意味も分からなくここまで福智をつき合わせてしまった筑穂とは大違いだ…などと思っている。
同時に『筑穂』と呼び捨てにされたことにも驚きが走ったが…。
「ちょっと待っ…」
福智が行く手を阻もうとするのを大野城が止め、筑穂も大野城の登場で少し冷静になり、愚痴を聞いてくれて励ましてくれた優しい同僚だと感謝の気持ちが湧く。
「福智、ありがと。先生、来てくれたし。…明日はもっと落ち着いて会社、行けると思うんだ」
「そーいうことじゃなくてっ。筑穂っ、絶対このセンセーに言いくるめられてるしっ」
「失礼だな。筑穂が選択しているんだ。周りがつべこべ言うことではないだろう。…さぁ」
背中に手を回され、奥へと促される。
店内に入ると甘い香りがふわんっと漂っていた。
ここまで筑穂についてきてくれた福智を外に残すのは何となく気がとがめたが、事情を良く知ってくれているだけに、こちらにも甘えが出た。
「福智、ありがとね」
もう一度振り返って筑穂が声をかけると、「あ――っ、もぅっ」と地団太を踏む姿に変わった。
これ以上踏み込めない雰囲気を福智は感じてしまったのだが…。もちろん、そんなものを発したとは思っていない筑穂だ。
大野城の優しい(←見る人によって)笑みに促されて筑穂は奥へと進む。
本人が決めたこと…とは、今の筑穂だけではなく、穂波にも当てはまることなのだろう。

ガラスの扉はパタンと閉じられ、悔しそうな福智の姿が少々気になったけれど…。
今の筑穂の頭の中は、穂波の将来のことでいっぱいだった。
店内には二人掛けの小さな丸テーブル席が二席だけ、隅にあった。
そこで食べる…というよりは、ちょっとした腰かけ場といった感じだ。
大野城は店主の指示通り筑穂をそこに連れていく。店主は椅子を並べてきた。
店主に呼ばれた、息子という人が奥から出てきて…。
筑穂は思わず目を剥いた。
店主と同じように小柄な体格で、ただ中年を思わせる贅肉はなく、日頃の行動で引き締まった筋肉があるのは、コックコートの袖をめくった腕だけで悟ることができる。
動きに無駄がないのはスポーツをこなす弟を見ていて自分との違いを感じられる。
何より、成長を止めてしまっているのではないのかと思える童顔。
丸顔だから余計なのか、ヘタをしたら嘉穂と同年代とでも言えそうだ。クルクルとカールした茶色の髪はくせ毛なのだろう。白い肌にぱっちりと開く焦げ茶色の瞳。
幼さを漂わせながらキリッとした大人の威厳をたたえている。
筑穂と同じ年くらいか…、いや、年下だろう。
だけど、しっかりと道を見据えた姿は見た目よりもずっと大きい。
初めて見た顔には、筑穂だけでなく、大野城も息を飲んだ…らしい。
咄嗟に大野城が筑穂を振り返った視線を筑穂は気付けなかった。
その容姿は筑穂に似ていたと…。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ 
ポチってしていただけると嬉しいです(///∇//)

え? だってブラコンだもん。

関連記事
トラックバック0 コメント4
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
た、隊長~。
コメントちー | URL | 2012-06-16-Sat 00:38 [編集]
福智・・・可哀想!センセー、意地悪ねっ!←脇役好き

センセー、案外したたかだわ。
兄ちゃん、気をつけてね。
脱がされて初めてセンセーの意図を知るみたいな(笑)

福智の逆転は来ないのか?

トゥルトゥルトゥル♪
トゥルトゥルトゥル・・・

「隊長!穂波は兄ちゃんによく似たパン屋さんにラブみたいです。センセー、同僚くんも追い払ってしまいました!
隊長!隊長?もしも~しっ!」

隊長はいずこ・・・
Re: た、隊長~。
コメントたつみきえ | URL | 2012-06-16-Sat 06:53 [編集]
ちー様
おはようございます。

> 福智・・・可哀想!センセー、意地悪ねっ!←脇役好き
>
> センセー、案外したたかだわ。
> 兄ちゃん、気をつけてね。
> 脱がされて初めてセンセーの意図を知るみたいな(笑)
>
> 福智の逆転は来ないのか?

先生、生徒には優しい(?)のにね。
お兄ちゃんを狙う人には厳しい模様…。
「こんな若造に筑穂をまかせられるかよっ、ケッ」byセンセー

筑穂も今は穂波のことで頭がいっぱいですけれどね。
余裕ができたら自分のことも考えられるんじゃないでしょうか。
…って…、誰の話だっけ…(←)

> トゥルトゥルトゥル♪
> トゥルトゥルトゥル・・・
>
> 「隊長!穂波は兄ちゃんによく似たパン屋さんにラブみたいです。センセー、同僚くんも追い払ってしまいました!
> 隊長!隊長?もしも~しっ!」
>
> 隊長はいずこ・・・

隊長はきっと過労で伏せているのだと思います。
なんてったって手のかかる隊員が…(ヽ(゚∀゚)ノ←そう、コイツに振り回されて…)
この部隊はみんな優秀だから安心して休めますねぇ。
コメントありがとうございました。
睡魔に勝てず・・・の巻♪
コメントけいったん | URL | 2012-06-16-Sat 12:55 [編集]
出たぁ~~大野城テンティ♪
シャットアウトするのね?しちゃうんだぁ~福智を!(o ̄∇ ̄o)ヘヘッ♪
筑穂の似た容姿の浮羽、やはり 穂波は ブラコンだったのねぇ~~v(`ゝω・´)キャピィ☆
でも 筑穂より しっかりしてる?(笑)

その頃 基地内での隊長と清掃腐は?
トゥルトゥルトゥル♪トゥルトゥルトゥル♪
(_ _)zzz ...∑('=';) ハッ!!
「た・隊長さん、電話が鳴ってるよ~!」
『・・・zzz。o〇○』
「って、起きないし~。誰からの電話?」
[※@☆~!%$~!...?*△~!...?&★¥...隊長ー!?怒ーー!!]
「ちー隊員からだよ~ しかも すっごく怒ってるし~ヾ((゚∀゚;))ノ」
「隊長さん、起きてったらぁ~!( -ω-)ノバシィッ☆」
『☆バシィッ(。 _ _)zzz【突撃開始ー!】ムニャムニャッ 。o〇○』
「・・・ε-( ̄ω ̄:)┌ ダミダコリャ~」
アッ!...アァァァ~!掃除が途中~!(((( ;:゚皿゚:)_◇~~ byebye☆

Re: 睡魔に勝てず・・・の巻♪
コメントたつみきえ | URL | 2012-06-16-Sat 17:30 [編集]
けいったん様
こんにちは~。

> 出たぁ~~大野城テンティ♪
> シャットアウトするのね?しちゃうんだぁ~福智を!(o ̄∇ ̄o)ヘヘッ♪
> 筑穂の似た容姿の浮羽、やはり 穂波は ブラコンだったのねぇ~~v(`ゝω・´)キャピィ☆
> でも 筑穂より しっかりしてる?(笑)

シャットアウトしちゃうセンセーにもしかして声援?!
ま、会わせて弟と、筑穂似の相手とトラブらせるよりいいかもね。
そう、コロコロする福智ではないと思うけど…。
どっち転んでも三角関係を免れない福智…(いじめてないよ…)

> その頃 基地内での隊長と清掃腐は?
> トゥルトゥルトゥル♪トゥルトゥルトゥル♪
> (_ _)zzz ...∑('=';) ハッ!!
> 「た・隊長さん、電話が鳴ってるよ~!」
> 『・・・zzz。o〇○』
> 「って、起きないし~。誰からの電話?」
> [※@☆~!%$~!...?*△~!...?&★¥...隊長ー!?怒ーー!!]
> 「ちー隊員からだよ~ しかも すっごく怒ってるし~ヾ((゚∀゚;))ノ」
> 「隊長さん、起きてったらぁ~!( -ω-)ノバシィッ☆」
> 『☆バシィッ(。 _ _)zzz【突撃開始ー!】ムニャムニャッ 。o〇○』
> 「・・・ε-( ̄ω ̄:)┌ ダミダコリャ~」
> アッ!...アァァァ~!掃除が途中~!(((( ;:゚皿゚:)_◇~~ byebye☆

お掃除はルンバがヽ(゚∀゚)ノ
(すみません…別宅参照…って感じです)
> [※@☆~!%$~!...?*△~!...?&★¥...隊長ー!?怒ーー!!]
(爆)隊長、起きようね~。ちー隊員が爆弾持ってくるよ~。
コメントありがとうございました。

トラックバック
TB*URL
<< 2020/02 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29


Copyright © 2020 BLの丘. all rights reserved.