FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
待っているよ 15
2012-06-12-Tue  CATEGORY: 待っているよ
筑穂が嘉穂を迎えに行く家の前まで、大野城は送ってくれた。
津屋崎家の内情を少しでも知っていこうとする態度は、彼の真面目さを改めて伝えてくる。
流されるように収まってしまったから、本当に良かったのかと心配するところもあるが、頼れる存在を得られたという心のゆとりが生まれているのも確かだった。
もともとの大野城を信頼していた過程もあるのだろう。
穂波を通じてだったが、教師陣の中では一番接触があった人物だったから…。
だからこそ、穂波の進路の件についても、大人しく聞くことができたのかもしれない。
「明日、店に行ってみようか。でも7時には閉店しちゃうから、筑穂くんの仕事が終われば…だけど」
今日も仕事などせずに退社してきてしまった筑穂だったから、翌日の仕事量の多さを気遣われる。
それでも、早目に相手と話をしたいであろう筑穂の心理状態を考慮してくれた誘いだった。
「はい。どうしても無理だったら連絡します」
二人の関係がどんなものであるのか想像でしかないが、穂波からの一方的な話だけでなく、状況を詳しく知りたい。
たぶんそれは大野城も同じなのだと思う。
遅刻をするほどまでに嵌ってしまったもの…。

香春の親に簡単に出来事を伝えると、やはり筑穂の教育方針を心配されていたらしい。
型にはまった人生を送らせようとする考え方だったのではないかと。
人から後ろ指をさされないようにと思うあまり、自分の考えを押し付けていた。
「やりたいことをやらせてあげるのがいいのよ。そのほうが最終的に自分で責任をとる意思を持たせるんだから」
香春の母親がおおらかに笑ってくれる。
言いたいことの意味も分かるけれど、やはりまだ未成年である穂波に目的の分からない同居はさせられないと思った。
もちろんそれは伏せた話だったが…。

シュークリームのお土産までもらい、嘉穂を連れて帰ると、穂波が驚いた顔で袋の店名を見た。
「え?それ、どうしたの?」
「香春くんちでもらったんだよ」
「にぃちゃん、食べてい~ぃ?」
テーブルの上に乗せるやいなや、嘉穂が袋の中身を漁りはじめた。
聞くまでもなく、止まる気配はない。
香春の家から何かをもらうことは多い。何故穂波が驚くのか理由が分からず、筑穂は束の間キョトンとした。
「それ、浮羽さんの店のだ…。え、袋だけ?」
とりあえずその場にあった袋に詰めてくれたのだろう。
嘉穂が取りだした商品に見覚えがないのか、脱力した感じはあったが、筑穂は咄嗟に店名の印刷された袋を掴み上げた。
結局のところ、筑穂はまだ店名も場所も聞いていなかった。
大野城に託してしまったことも過分にある。
「この店?!これって学校の近くのだろ?!そんなところにいながら遅刻してたのかっ」
店の名前には筑穂も覚えがあった。あったが買いに寄ったことはなかった。
高校から近いということもあって、終日学生でにぎわっているとは誰に聞いた話だっただろう。
遅刻の件を再び出されて、バツが悪そうに穂波が眉をしかめる。
「明日っからちゃんと行くよ。浮羽さんに迷惑もかけたくないし…」
店が知られれば居場所もつかめるというもの。大野城からでも、一本の連絡が行けば浮羽とやらに責任問題も被さっていく。
穂波は店にはおらず、うろついていた、と言ったがどこまでが真実なのだろう。
「ちゃんと…って、あたりまえだろーっ。それと朝練も行けっ」
「えー、なんでー?」
「専門学校のことは認めたんだ。学ぶのはそれからでもいいだろ。今しかできないことをするんだよっ」
「部活なんてもうすぐ引退じゃん…」
「だからこそっ。中途半端に投げ出す奴は、何をやらせても中途半端なんだよ。そんな考えでいるんじゃ、パン屋やりたいっていう思いもどんなもんなんだか…」
気持ちが途中で変わるのは仕方のないことでもあったが、一度やると決めた根性くらい見せてもらいたいものだ。
中学、高校と続けてきたバスケットを良い形で終わりにさせてやりたい。やり遂げた時の感動というものもあるはずだ。
穂波はそれ以上何も言わず、嘉穂と並んでシュークリームを口に運んだ。
筑穂の言い分は理解してもらえたようだ。
二人に飲み物を…と台所から野菜ジュースを持ってくると、すでに食べ終わった嘉穂が残った一つに狙いを定めていた。
こいつらの胃袋に限界はあるのだろうか…。
「にぃちゃん…」
「あぁっ、もういいよっ、食えっ」
ひもじい思いはさせたくない。食べ物に穂波を奪われたような後悔も少し混じるのかもしれない。
いつもはダメだと言われるのに、筑穂の返事を聞いては超速攻で飛びついた。気が変わられないうちに、と思うのか、穂波に奪われることを懸念するのか…。
弾けるような笑顔が無邪気なのだが小憎らしくも見える。
その後に筑穂を襲ったのは激しい脱力感と、盛大な溜め息だった。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ 
ポチってしていただけると嬉しいです(///∇//)
関連記事
トラックバック0 コメント4
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
やだ、もう。
コメントちー | URL | 2012-06-12-Tue 05:16 [編集]
なに、この可愛い兄弟。
末っ子、可愛い過ぎる。
最初のイメージと違う~。

兄ちゃんも弟、取られたくないって必死だし、真ん中はすでにパン屋さんに夢中みたいだし。

やっぱり、こんな可愛い兄弟にはセンセー、必要ですね。


あ、センセーでつまらない訳じゃありませんよ。センセー、どうやって兄ちゃんをモノにするのか楽しみですし(笑)

けいったんさん、隊員に入れて下さりありがとうございます!
私の推薦したアノコ・・・
セールスしちゃったんですね?
可愛い顔して隊長にも?

た、隊長!わたくし、任務に励みます!
伊吹は、甲賀にお仕置きして貰います。
え?お仕置きにならない?
はい、確かに・・・
Re: やだ、もう。
コメントたつみきえ | URL | 2012-06-12-Tue 08:00 [編集]
ちー様
おはようございます。

> なに、この可愛い兄弟。
> 末っ子、可愛い過ぎる。
> 最初のイメージと違う~。

キャラが変わっちゃった(笑)
いえ、そんなことないですよ。
本能のままに生きているだけで。
それに家の中ではまだまだ甘えているんですよ。
子供っぽさを残しながら徐々に成長していっているだけなんです。

> 兄ちゃんも弟、取られたくないって必死だし、真ん中はすでにパン屋さんに夢中みたいだし。
>
> やっぱり、こんな可愛い兄弟にはセンセー、必要ですね。
>
> あ、センセーでつまらない訳じゃありませんよ。センセー、どうやって兄ちゃんをモノにするのか楽しみですし(笑)

色々な意味で先生にがんばっていただきたいです。
弟思いすぎるお兄ちゃんですからね。
子(弟)離れを先生は促さないと~。

> けいったんさん、隊員に入れて下さりありがとうございます!
> 私の推薦したアノコ・・・
> セールスしちゃったんですね?
> 可愛い顔して隊長にも?
>
> た、隊長!わたくし、任務に励みます!
> 伊吹は、甲賀にお仕置きして貰います。
> え?お仕置きにならない?
> はい、確かに・・・

隊員が増えていきますね~。
シークレット部隊は秘密裏に物事を遂行しています。
改めて明らかになった隊員間のセールス活動でしたね(笑)
首輪とか付けて繋いでおいた方がいいんじゃないんですかね。
フットワーク軽過ぎですから大きい人に押さえてもらって。
コメントありがとうございました。

No title
コメントけいったん | URL | 2012-06-12-Tue 09:03 [編集]
やりたい事を やらせてあげたい。
黙って見守ってあげたい!と、思っている。
思っているけど 大学卒業後でも いいんじゃないかと。
それに 長年抱いた夢って事も無いし、何しろ急すぎるからねぇ~
やはり 浮羽に会わないと、筑穂も心配でしょ?
同居とならば、尚更・・・

ちーさん♪ 入隊出来たのは ちーさんの実力だよ~!
だって 私は 基地内を掃除する ただのパートのおばちゃんなんだもんね~(笑)
ペチャクチャ・・・フムフム、盗聴>(。。)o_ フキフキ雑巾ガケ...byebye☆
Re: No title
コメントたつみきえ | URL | 2012-06-12-Tue 11:02 [編集]
けいったん様
こんにちは~。

> やりたい事を やらせてあげたい。
> 黙って見守ってあげたい!と、思っている。
> 思っているけど 大学卒業後でも いいんじゃないかと。
> それに 長年抱いた夢って事も無いし、何しろ急すぎるからねぇ~
> やはり 浮羽に会わないと、筑穂も心配でしょ?
> 同居とならば、尚更・・・

筑穂にとってはあまりにも突然のお知らせでしたね。
動揺もするってものです。
てっきり自分の希望通りの道を歩んでくれると思っていたものね。(どんな未来かはともかく)
でもやっぱり、やりたいことはやらせてあげたいでしょう。
筑穂にも頼れる先生ができたことだし、浮羽のことも認めてあげられるでしょうかね。
まずは会ってどんな人か確かめないと。
そこは保護者ふたり(?)で判断しましょうね~。

> ちーさん♪ 入隊出来たのは ちーさんの実力だよ~!
> だって 私は 基地内を掃除する ただのパートのおばちゃんなんだもんね~(笑)
> ペチャクチャ・・・フムフム、盗聴>(。。)o_ フキフキ雑巾ガケ...byebye☆

けいったん様がお掃除おばちゃんで、ちー様が活躍著しい隊員だなんて、頼もしすぎる(爆)
《シークレット部隊とその館》 (←なんのタイトルだっていうのなぁ…)
「「「隊長~っ」」」
『な、なんだ?!』
「「「表札がでておりますっ」」」
『表札~っ?!……誰だ、こんなもの、貼ったのは~っヽ(`Д´)ノウワァァン!!』
【保険代理店 いつでもお気軽にお問い合わせくださいヽ(゚∀゚)ノ】
コメントありがとうございました。
トラックバック
TB*URL
<< 2019/09 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.