FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
ふたり 25
2012-05-05-Sat  CATEGORY: ふたり
R18 性描写があります。閲覧にはご注意ください。



羞恥は新たな興奮にしかならない。
見られて恥ずかしい。晒して異次元の世界を味わう。これまで感じたことのない新しい営み。
これまで感じたことのないことは全て、快感と欲望を曝け出させた。
さらりとなんでもないことのように振舞ってくれる信楽がいるから、一瞬わいても消えてしまう羞恥心があり、改めてその姿を見て、開き直れる。日常ではありえないこと…。
天を向いた秘孔にズブズブと潜り込んでくる指先が見えた。
無毛になってしまった箇所が嫌でも視界に入り、厭らしくも新しい滴をたらし濡れる様を見た。
自分の手で両膝を抱えている今、曝け出した部分を隠すことも、扱くこともできない。
一度極めてしまったから、もう我慢するべきだとは重々に承知しているのだけれど…。
単に突っ込まれて、一時的な快楽をもらった時とは明らかな違いがあった。
過去の男たちとは違う。そのことはより一層旭に信楽を近付けるものとなった。
『気持ち良くなかった』と伊吹に言われた脅えもあるのだろうか。
信楽の動きは慎重すぎるくらい…。それが余計に丁寧過ぎて旭を苛んでいく。
「あっ…っ、も…っ。しぃ…っんっっっ」
膝を抱えた腕が汗で滑った。
ふるっと外れそうになるのを信楽の力によって押し戻され、「きちんと持っていて…」と促される。
「うん…」
腰を高くした位置は、旭の視界にも届いてくる。
天を向いた孔に、二本の指が突き立たれ、奥まで潜ってはゆっくりと引き抜かれる。
感覚と視覚。
両方で犯されて旭は悶絶した。
しかも体内の前立腺を容赦なく擦ってくれる。
「ぅんっっっっっ!!!」
まだ残っていたのか、白濁を交えた先走りが腹から胸へとすべりおちた。
「あぁぁっっっ」
できることなら体を捩って逃げたかった。
厭らしさの全てを晒した今、恥ずかしさなどとうに消えているのかもしれない。
再び襲うのは、またしても射精したい思い。
自ら強請るように開け広げる格好が、なおのこと興奮を生んで…。それはかつてのセックスでは味わうことのなかったもの…。
普段では決して目にされることのない光景が、態勢が、新たな欲情を生んだ。
はしたない…、浅ましい、厭らしい…。いろいろな言葉が浮かぶが、信楽を前にしてはなにもかもが吹っ飛んでしまう。
大人の前では晒すことが当たり前なのだというかのように…。
それらを信楽が望むのだと分かるからこそ、どんなことでも受け入れて、信楽の満足を得たかった。

「旭、またイきたいの…?」
静かな声が降り下りてきて、旭は咄嗟に首を振った。
もちろん…、もちろん、欲求のままに動きたい希望はあるけれど…。
一度イってしまって、信楽を待たせていると明らかに分かる今、『もう一度』などと言えるわけがない。
何があっても耐えなければいけないのだとは、旭の方が強く思ったくらいだ。
「でもこんなになって…」
信楽の指や手のひらが旭の起った性器を撫で上げた。
「はっ、ふぅっぅっっっ」
意味を込めた肌ほど凶器はない。
旭はぎゅっと膝を抱える腕に力をこめて掴んで、その波を見送った。掴むほど体が折り畳まれ、体の全てを曝け出す。
続けての放出は情けなさと幼さを晒すようだ…。
必死に耐えて…、ぽとりぽとりと落ちる先走りを目の前にして…。
不思議だった。
あまりにも恥ずかしくて悶えてしまいそうなのに、信楽が相手なら、どんな羞恥でも受け入れられそうである。
どんな辱めも、信楽が望んでくれるのであれば、『喜び』として受け入れられそうだ。
何とか見送った快感の波を見過ごすことなく、信楽の手のひらがぷるぷるっとした箇所を根元から先端まで握りこんでは扱いた。

「あっ…っやぁ、し、らさ…っんっっ」
「旭、可愛いね。可愛いよ…」
睦言は脳裏に響いていく。
自分の脚を支える腕を外して、信楽の手を弾きたいのと、このまま、また再び快楽に溺れたいのと…。
葛藤の中を泳いだ。
鼓膜の主になるかのように、いつまでも擦り取られる水音は消えなかった。
「あっ、しっ…っら…」
もう一回イきそうだ…。
信楽の手のひらに包まれたら我慢なんてきかないし、こみ上がる体液の放出の気持ち良さを味わおうとする。
ぐっと力を込めて突き上げたくなるのを必死でこらえていると、今度は信楽の手がはずれた。欲求不満の先に、微笑んだ瞳が、『許していないよ』と静かに制してくる。
巡りくる体質、待てない性欲、求めた信楽の全て…。
「し…ぃ…」
涙を滲ませて見上げた先に、「旭のお願いは全部聞いてあげるよ」と優しい言葉が降り下りた。

滴のたれる先端を信楽の指先がこする。
びくんっと揺れて、更なる液体が噴出した。
「どうして欲しい?舐めてほしいなら『舐めて』って言って…」
つーっと指先は後孔に伸びた。
指先が入り込んでキュッと締まれば、「挿れてほしいなら、何がほしいのか言って…」
信楽の言葉は優しいけれど残酷だ。
なにもかも、全て、”旭が望む”ことになる。
そんな恥ずかしいことは口にしたことがないし抵抗があるけれど…。

羞恥という壁が剥がされる。
どうかしてしまったのだろうか…。
信楽から与えられる”全て”が刺激となって性感帯と混じり合った。
こんなに興奮するセックスは、したことがない…。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ 
ポチってしていただけると嬉しいです(〃▽〃)
連休中は書けない…と言いながら、15分でここまで書いた私に誰か拍手をください。
次の展開にいきたいのですが…、なんだかズルズルえっちしてる~~~。
子供の日に子供のための…(正)教育…しなければ…。(おこちゃま旭、何教えられるんだか…)
関連記事
トラックバック0 コメント8
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
管理人のみ閲覧できます
コメント | | 2012-05-05-Sat 00:16 [編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
すご~い!
コメントさえ | URL | 2012-05-05-Sat 01:01 [編集]
きえちゃん、15分で書いたの~ヽ(゜ロ゜;)ノ
すごい!
そして信楽さんかなりなきちくですね~。
もう伊吹くんとのトラウマは無さそうですね。
旭はこれから色々と仕込まれるのでしょうね~。
すでにツルツルだしね~( ̄□ ̄;)!!
パチパチパチ
コメントちー(きちく) | URL | 2012-05-05-Sat 05:18 [編集]
拍手ですか?しますとも!
お休みすると言いつつ、書いて下さってありがとうございます!
拍手~!
後で、拍手ポチしてきますね。
(スマホだとイチイチ変えなきゃいけないのがちと・・・)

旭、案外大事にされてたんですね。
可愛いからかしら?
そんな旭に、いろいろ言わせたがる信楽さん。
でも、生ぬるい、生ぬるいよ!
もっと責めないと←え?

Re: タイトルなし
コメントたつみきえ | URL | 2012-05-05-Sat 06:54 [編集]
K様
おはようございます。

> パチバチバチ 拍手喝采…
> だって 今日は更新ないな と思いつつも、ついつい訪問してみれば 旭くんが 膝を抱えたまま あんなこと こんなこと されてるではありませんか!
> それを きえさんは さほど時間もかけずに書かれたとか。
> 心から 拍手を送ります。

拍手ありがとうございます~ぅヽ(゚∀゚)ノ
私も、更新ありませんって言っておいてupするのはいかがなものだろう…とちょっと考えてしまいましたが。
連休中忙しい方もいて、読んでいる間がない人もいるのではないかな~と…(←親切心のような言い訳)
旭は信楽好みに改造(調教)されていくんでしょうね。
自分で膝をかかえて、待ってます!
またの向こうに信楽のニコニコ顔が見えそうですね。
勢いでバーっと書いているので、ヘンテコリンな文章になっているような気がします。
それとなく雰囲気で察してやってください。
コメントありがとうございました。

Re: すご~い!
コメントたつみきえ | URL | 2012-05-05-Sat 06:59 [編集]
さえ様
おはようございます。

> きえちゃん、15分で書いたの~ヽ(゜ロ゜;)ノ
> すごい!
> そして信楽さんかなりなきちくですね~。
> もう伊吹くんとのトラウマは無さそうですね。
> 旭はこれから色々と仕込まれるのでしょうね~。
> すでにツルツルだしね~( ̄□ ̄;)!!

15分!!
読み返してもいないので、おかしいところも多々ありそうです。
誤字脱字とか…。
信楽、きちくな人になっちゃいました。
いつもは紳士なんだけどベッドの中にはいると…。
つか、独占欲、本当に強いんだと思います。
旭の毛投げっぷり(←健気って打ちたかったんだけどな…)にますます気を良くしてトラウマなんて消えることでしょう。
何を教えられるんだか…。
コメントありがとうございました。

Re: パチパチパチ
コメントたつみきえ | URL | 2012-05-05-Sat 07:05 [編集]
ちー(きちく)様
おはようございます。

> 拍手ですか?しますとも!
> お休みすると言いつつ、書いて下さってありがとうございます!
> 拍手~!
> 後で、拍手ポチしてきますね。
> (スマホだとイチイチ変えなきゃいけないのがちと・・・)

お手数おかけいたします~。
休むとか言って、結局何かしらupしていますね(^_^;)
書ける時は書けるけど、ダメな時はどんだけ頭をひねっても何も出てこないものなのです。

> 旭、案外大事にされてたんですね。
> 可愛いからかしら?
> そんな旭に、いろいろ言わせたがる信楽さん。
> でも、生ぬるい、生ぬるいよ!
> もっと責めないと←え?

旭は可愛い子ですから~。
信楽は大事にしていると思います。
今まで手を出せなかったのもその辺、ありかな?!
もちろん、自分自身の脅えもありましたけれどね。
旭は純情すぎて、無垢で、けど、ガンガン突っ走ってくれるから困って(←)いたのではないでしょうか。
そして!!!
私は"きちく"ではないので、ちー様がお望みになられるような責めは書けないかと…(←)
きっと裏ではこんなこともしていたんじゃないかな~って、妄想していてくださるとありがたいです(笑)
いろいろやってそうですから。
コメントありがとうございました。


( ´艸`)ははは…
コメントさえ | URL | 2012-05-05-Sat 13:19 [編集]
きえちゃん、こんにちは~♪
毛投げって~(≧∀≦)
渋谷のカフェで吹きそうになりました( ´艸`)
危ない~!
ま、確かに旭は投げ出したけれど~。
二人のラブラブはまだ続くのね(~▽~@)♪♪♪
Re: ( ´艸`)ははは…
コメントたつみきえ | URL | 2012-05-05-Sat 15:16 [編集]
さえ様
こんにちは~。

> きえちゃん、こんにちは~♪
> 毛投げって~(≧∀≦)
> 渋谷のカフェで吹きそうになりました( ´艸`)
> 危ない~!
> ま、確かに旭は投げ出したけれど~。
> 二人のラブラブはまだ続くのね(~▽~@)♪♪♪

さえちゃんっ、カフェで吹いたらやばいよっ。
うちのパソコンの変換は腐りまくってて…。
それ以外もヘンテコな変換をしてくれるので勢いで入力しているとビビるんだよ~~~。
そうそう、昔、『性描写』が『性病者』だったしね…。
人には見せられない、貸せないパソコンです。
…つか、"せい"の一番最初が"精"という…Σ (゚Д゚;)
いつになったらふたりのいちゃいちゃは止まるんでしょうかね~。
すみません。長々と。
(こんなにえち書いたのは、日野と神戸以来だよ…たぶん…)
コメントありがとうございました。


トラックバック
TB*URL
<< 2019/09 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.