FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
ふたり 24
2012-05-04-Fri  CATEGORY: ふたり
R18 性描写があります。閲覧にはご注意ください。



欲望を吐き出したい思いだけが旭を占領する。
包まれた暖かな手のひらに押し付けるように、腰が蠢いて、きゅっと握られた力加減に、尚更心地良さを感じた。
「あ、ぅっ…、し、ら…さん…」
信楽の筒にされた手のひらをナニかと間違えるほど、激しく上下する腰がある。
下から突き上げ、自分の快楽を追った。
信楽はいつものようにふわりとした微笑みをたたえたまま、旭の行動を見下ろしていた。
射精するその瞬間まで見られていることは羞恥心を沸き立たせること、この上ないのだけれど…。
欲望が何もかもを押しのける。
「あっ、イ…、くっっ!!」
誘うような動きをみせてくれたのも信楽だ。
絶妙な力加減で揺れる足腰と連動して扱いてくれた。
そこに我慢などきくはずがない。
迸る白濁。漂う雄の匂い。弛緩する体…。
最後の一滴まで吐き出させるように、信楽の手は器用に動いた。
吐精とともに、敏感になった体は、少しの接触ですら、次の刺激を求めて感じてしまった。

信楽は白濁に濡れた指先を旭の口元に持ってきた。
「舐めて。今から旭のナカに入るものだよ」
後孔に指が入ることは分かる。そのために湿らせなければならないことも…。
だけど”単なる指”を舐めるのと、今の状況は違いすぎる。
自分が零した体液を口に含むなど…。到底考えられなかった旭は拒む表情を見せた。
その反応を見ては、信楽は体を上げる。
「じゃあ、これまでだね」
全てを終わりにする発言に焦るのは、もちろん旭のほう。
「し、信楽さんっ…っ」
咄嗟に”汚した”ままの手を掴んでいた。
信楽の欲求に応えることが、信楽のもとにいられることにつながる。
初めて与えられる何もかもが、旭をより一層興奮させるものでもあった。
今まで味わったことのないセックスの世界…。
「な、…舐めるから…」
…旭を信楽のものにして…と願望が渦巻く。
信楽は旭だけのものなのだと、その確証を得るためなら…。
口をあけて、エサを待つ雛鳥のように、信楽の動きを待った。
差し込まれた二本の指に絡みついた、青臭い汁を舌先で掬う。
過去付き合った人間にフェラをさせられて、先走りの滴くらいは舐めたことがあったが、白濁を味わうのは初めてのことだった。
思わずむせそうになる粘膜に、眉根が寄っても、”旭が望んだ”とした信楽の指は、口の中から出ていってくれなかった。
それどころか、口腔内をかき回されて、また上顎を嬲られた。
静かな声が落ちてくる。
「我慢できなかったの?待っててって言ったのに…。でもさすがに若いね。もう兆しがみえる」
ピンと爪先が乳首を弾いた。
射精したばかりだというのに、いたるところを弄られて、旭の雄はまた上向いている。
意地悪、ではないが、文句が出るのは、待てなかった旭への当てつけなのか…。
信楽だけに我慢をさせている現状を、申し訳ないとすら思った。
指に絡みついた粘膜を綺麗に舐めとって、出ていった途端に、大きな呼吸が繰り返された。
弛緩している体を承知してか、容赦なく、秘孔に濡らした指先があてられ、すぐに潜り込んできた。
「あっ」
咄嗟のことに身構えようとする旭の孔が、異物を吐き出そうと収縮した。
バスルームであるかた解されたとはいっても、突然の行為に体が追いついていない。
「力を抜いて。…すごく締め付けて…。この中に入れたら気持ちがいいだろうね」
余裕があるようにみえても、どことなく興奮している様が伺える。
旭に夢中になってくれるのであれば、どんなことだって嬉しい。

「も、…い、よ…」
信楽に我慢をさせているのかと気遣った旭は、自分だけではなく信楽も解放させてやりたく望んだが、ふっと笑った信楽が首を振る。
「まだダメ…。旭を傷つける…」
解し方が足りない…という意味だろう。
そこまで気遣ってくれる優しさに、またホロリときた。
信楽は旭の膝裏を抱えると、折り畳むように旭の上部へともってきた。
「旭、自分で膝を抱えていて。俺の両手が使えるから」
一瞬何のことだろうと、意味が理解できなかった。
動きが取れないでいる旭の腕をとっては、膝裏に肘をかけさせて広げさせられる。
自分で手足を絡ませて、自分で広げて…、待つ身の態勢を取らされて、あまりの羞恥に旭は更なる興奮をまとった。
上を向いた後孔は、信楽にいじってもらいやすい高さになる。
両手で双丘を割った信楽が、ふわりと微笑みながら、「旭は従順だね」と褒めてくれた。
生温かな舌が、柔らかくなるようにと舐めまわしてくる。
ただでさえ、刺激を感じやすくなっている肌なのに、普段人目に晒されない箇所をいじられればまたもや欲望に火が付く。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ 
ポチってしていただけると嬉しいです(〃▽〃)
ちょっとだけ書けた…ヽ(゚∀゚)ノ
関連記事
トラックバック0 コメント4
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
本領発揮
コメントちー(きちく) | URL | 2012-05-04-Fri 04:40 [編集]
信楽さん。
普段は優しいのにねえ。
本当は、あれやこれやさせたいんだね。
旭も、健気にやっちゃって、まあ。

信楽さんが、どこまで隠れてた本性をさらけ出してくれるか楽しみです。
そういや、伊吹も散々お仕置きされてたっけねえ。

旭、まだまだ時間はたっくさんあるんだって。
頑張ってねえ。

No title
コメントけいったん | URL | 2012-05-04-Fri 10:21 [編集]
何所まで 従順に聞いてくれるか、従ってくれるか
それが 信楽にとっては「証」なのでしょうね。
しかし この信楽の嬉しがりようは 何なの~o(*>▽<*)oキャッキャッ

旭は、伊吹と違って 信楽と対等な関係だから 素直君になれるんだねぇ~♪

今は 惚れた弱みで 何でも言う事を聞いちゃう旭だけど、そんな関係が いつまで続くやら~?
恋人から嫁になった途端に 尻に敷かれるよ!(笑)
(   σ*    )オシリホジホジ...byebye☆
Re: 本領発揮
コメントたつみきえ | URL | 2012-05-04-Fri 17:13 [編集]
(きちく)ちーさま
こんにちは。

> 信楽さん。
> 普段は優しいのにねえ。
> 本当は、あれやこれやさせたいんだね。
> 旭も、健気にやっちゃって、まあ。

いままで燻っていた全てが噴出している模様。
どこまでたえられるでしょうか、旭クン(←)
でも喜んでいるんだから、まぁ、いいとしましょう。
相手がSならこっちはMっけ、超あると思います。

> 信楽さんが、どこまで隠れてた本性をさらけ出してくれるか楽しみです。
> そういや、伊吹も散々お仕置きされてたっけねえ。
>
> 旭、まだまだ時間はたっくさんあるんだって。
> 頑張ってねえ。

伊吹も一度、激しくお仕置きされましたね。
そのあたりが信楽の本性…ってことで?!

旭、言葉巧みに誘われて言うこと聞かされて、いつのまにか信楽の玩具(←ちがっ)…可愛がってもらえる存在になれるはずです。
その日を夢見て…(努力ヽ(゚∀゚)ノ)
コメントありがとうございました。

Re: No title
コメントたつみきえ | URL | 2012-05-04-Fri 17:26 [編集]
けいったん様
こんにちは。

> 何所まで 従順に聞いてくれるか、従ってくれるか
> それが 信楽にとっては「証」なのでしょうね。
> しかし この信楽の嬉しがりようは 何なの~o(*>▽<*)oキャッキャッ
>
> 旭は、伊吹と違って 信楽と対等な関係だから 素直君になれるんだねぇ~♪

生活を支配するような上下関係みたいなものがありませんからね~。
信楽にとっても、連れ込んだ伊吹とは違って『押さえている』感はないでしょう。
旭からすり寄ってきているし。
なにより素直な旭だし。
信楽にとって『自分にどこまで尽くしてくれるか…』が、見極めどころなんでしょうかね…。
分かっちゃえば喜んで、笑顔、ニマニマ。
あとはどう調理しようか…(←え?!)

> 今は 惚れた弱みで 何でも言う事を聞いちゃう旭だけど、そんな関係が いつまで続くやら~?
> 恋人から嫁になった途端に 尻に敷かれるよ!(笑)
> (   σ*    )オシリホジホジ...byebye☆

おしりが~~~っ、あなが~~~っ。
こんな卑猥な絵文字があるんですね~~~φ(・ェ・o)~メモメモ
旭もはっきり物事を言ってしまう子ですから…(ボソ)
尻に敷かれる…んだか、調教されるんだか…は未来におまかせしましょう。
(え?書け? …途中下車希望…)
コメントありがとうござました。
トラックバック
TB*URL
<< 2019/09 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.