FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
ふたり 6
2012-04-14-Sat  CATEGORY: ふたり
コーヒーカップを持つ仕草や、ふわりと微笑む表情に見惚れていく。
静かに旭の話に耳を傾けてくれる。優しい雰囲気を醸し出す全てが旭をどんどんと惹きこませていった。
「取材?そんなのもあるんですか?」
「そりゃあね。見るものを見なきゃ、書くものも書けないでしょ」
「確かに…」
信楽のプライベートに突っ込んで聞いてしまうところがあっても、苦笑されながら答えてくれる。
多少誤魔化されているところはあるのだろうが、全く拒絶されていないのは嬉しいことでしかない。
外食などほとんどせず、意識して作られた料理は伊吹の健康を気遣うものだったのだとか、外でクタクタになった伊吹を少しでも休ませてやりたかったから、といらぬ話まで聞いてしまったが。
図々しくも「浅井さんの作ったご飯、食べてみたいです」と口にすれば、「伊吹と一緒にでもおいで」と返事をもらった。
そこには今でも伊吹の健康状態を心配する気持ちが見え隠れしている。
伊吹が一緒に行くとはとても思えないが、口実には使えそうだと算段を立てる。
伊吹がいたその位置に、ついてみたかった。

「出張みたいなもの?旅行とは違いますよね?」
「うーん。どうだろう。でも自分も楽しまないと率直な意見が言えないところもあるしね」
「なんか美味しい仕事、してませんか?」
「人によったらそう捉えられちゃうのかな。あくまでも仕事なんだけど」
「あ、そうですよね。俺なんかじゃ分からない苦労とかいっぱいありそう」
「仕事を楽しみに変えられたら、気分の持ち方も違うんじゃない?」
「浅井さんにとって仕事って楽しみなんですか?」
旭の問いかけに信楽は「どうだろうね」と曖昧にして微笑んだだけだった。
自分の思考能力などを試される誌面は、営業として活動する自分たちよりももっと過酷な状況にあるのかもしれないと旭は考える。
その中で渡っている信楽は素晴らしい文才があるのだろう。
そしてやりがいを持てること…。
落ち込みそうになる時、こんな大人に引っ張っていってもらえたらどれだけ感激だろう。
今の旭の脳内は、間違いなく信楽の隣にいる自分しか想像できていなかった。
夢見る世界が、激しい勢いで旭の脳内を占領していく。まさに『理想像』。

小一時間ほど話しただろうか。
すっかり夢中になって話し続けた旭だったが、タイミング悪く鳴った携帯電話に話が中断された。
別に出なくても良かったのだが、信楽に「どうぞ」と勧められて断れなかった。
会社からの電話は「あとどれくらいで戻れそうだ?」という確認事項だった。
「あー、今、多賀さんちにお邪魔させてもらっていて~ぇ…」
短いやりとりで通話を終わりにすれば、おかしそうに肩を震わせている信楽がいた。
なんだろうと旭が首を傾げると、「いや、君たちの話術には感心させられるよね」と、すぐさま言い訳が出る頭の回転を褒められる。
『君たち』には当然伊吹も含まれているのだろう。
伊吹が信楽の前で、どんな手で相手を巻いていたのかは知らないが…。
信楽にとって、それが『伊吹の嘘を見抜けなかった』ことに繋がるのだろうか…。
というより、今この場で、自分も『嘘をつく人間』という印象を与えてしまったのか…。
「話術…って…」
「口のうまさだよ。俺なんかじっくり考えてから言葉を書くことに慣れているけれど、その即座に発せる思考力は素晴らしいと思うよ」
「そんなふうに言われるとなんか…」
旭がぷぅと頬を膨らませると、機嫌が悪くなったことを感じ取った信楽が慌てて、でもニコニコとしたまま「ごめんごめん」と声をかけてくる。
「褒め言葉にしておいてよ」
「そんなこと言われたって…」
旭がますますむくれると、信楽の肩の揺れが大きくなった。
信楽が笑ってくれるのは嬉しいことだが、それが自分のこととなれば話は別だ。
「高島君、本当に素直で可愛いね。…って、あぁ、こう表現されるのは嫌なんだっけ」
過去の会話を振り返った信楽がまた訂正を入れる。
信楽に認められる『可愛い』は。今となっては嫌なものではない。こちらこそ褒め言葉だ。
旭は『素直』ついでに自分の気持ちを打ち明けた。
「それって、浅井さんの射程距離に入っているってことですか?」
伊吹の存在を忘れさせてくれる人物が現れた時、信楽はそちらに目を向ける気があるのだろうか。
その眼鏡に、自分は適うのだろうか。
旭の発言に、信楽の笑みが止まった。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ 
ポチってしていただけると嬉しいです(〃▽〃)

週末おやすみしま~す。
関連記事
トラックバック0 コメント2
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
No title
コメントけいったん | URL | 2012-04-14-Sat 01:04 [編集]
射程距離”内”ねぇ~...まだ 射程距離”無い”でしょうが!
はやぇーよ、旭!
いくら 一目惚れだと言っても 会って一日も経ってないでしょうに┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

あんまり 事を急ぐと、信楽に警戒されちゃうよ~
。+゚((ヾ(*o・ω・)ノ ))。+シュキーー♡|ヾ(゚ω゚o;)バリアー!.,.byebye☆
Re: No title
コメントたつみきえ | URL | 2012-04-14-Sat 06:52 [編集]
けいったん様
おはようございます。

> 射程距離”内”ねぇ~...まだ 射程距離”無い”でしょうが!
> はやぇーよ、旭!
> いくら 一目惚れだと言っても 会って一日も経ってないでしょうに┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~
>
> あんまり 事を急ぐと、信楽に警戒されちゃうよ~
> 。+゚((ヾ(*o・ω・)ノ ))。+シュキーー♡|ヾ(゚ω゚o;)バリアー!.,.byebye☆

早すぎですよね~。
旭ってば、何をそんなに慌てているのでしょうか。
伊吹にとられちゃう心配はないはずなんですけど。
一日どころか一時間?!
信楽にバリア張られちゃっても突っ込んでいきそうです。
ちょっと怖いなぁ、この子…。
コメントありがとうございました。

トラックバック
TB*URL
<< 2019/08 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.