FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
契りをかわして 22
2012-03-28-Wed  CATEGORY: 契り
R18 性描写があります。閲覧にはご注意ください。


相変わらず甲賀の前戯はしつこい。
それは伊吹を快楽の道へと導こうとしているためとすでに知る。
甲賀は決して自分本位に動くことはなかった。今は特に…、伊吹の気持ちを考慮してくれているからだろう。
何よりも伊吹の思考を奪うためと…。

「こ…っ」
乳首をイジメられ続けて、体中が戦慄く。
張り詰めた雄は嬉しい喜びの涙を流し続け、伊吹の腹部はもちろん、触れる甲賀の体も汚した。
背筋を這い上がってくる痺れ。触れてくる手のひらの熱さ。なにもかもが伊吹を虜にしていく。
伊吹は幾度も「もう、やだ…」というように、幅の広い肩を押したがビクともしない。
逆にその手を取られて、指までしゃぶられた始末だ。
「こ、…がぁ…っ」
一向に触れてもらえない部分の状態を知っているはずだ。
『強請る』…。そういう行為になるのかもしれない。だけど今の伊吹に羞恥などなかった。

「一回、イく?」
自分だけが翻弄されることはこれまでも多々あった。
一度極めてしまえば体の全てが性感帯となり、その後の行為は、正直覚えていない部分も多い。
それほど甲賀には全てを預けられる安心感かがあった。
だけど、今日は…。
伊吹は首を横に振った。
全ての悦びを甲賀と分かち合いたかった。
半分は責任を押しつけたのかもしれない。
苦しみや辛さまで、甲賀に押し付けたくないと思いながら、一緒に背負ってほしい甘えがここに出る。
どこまで分かっているのだろう。甲賀はフッと笑うだけだ。
「いいよ。少し待てる?」
「ん…」
伊吹の気持ちを汲んでくれたらしい甲賀は性器を弄ることなく、直接後孔に唇を滑らせた。
両脚を抱え上げられ、腰の位置が上向きになる。
一度はシャワーを借りて解した場所は、今はどうなっているのだろう…。
甲賀の熱い舌が這いまわり、唾液と共に差し込まれてくる。
ゾクゾクとする瞬間だった。
思わず自分の性器に手がのびる。だけどそれは、極めるためではなく、甲賀を待ちたいがためだった。
伊吹が自分自身で根元を締めるのを見つめ、甲賀の表情がまた苦しそうなくせにほころんだ。
「すっげー、可愛い。思いっきり煽っているでしょ」
「ばっ…っ。…、もっ、…ぅん、いぃよぉ~っ」
「何言ってんの。伊吹の解しかただけじゃ足りないから」
「…は、ゃ…く…」

無意識に煽っているのだろうか…。
伊吹がこれまで歩んできた道なのかもしれない。それを甲賀にまで向けるつもりはなかったが、今は明らかな違いが見える。
これまでは早く終わりにしてほしいための、みせかけの”強請り”だったが、この場では本当に耐えられそうにないのだ。
伊吹だって自分で握ったことなんてなかった。
それだけ甲賀の追い込み方が上手いと褒めてしまえばそれまで…。

過去の男がどれほど伊吹に煽られて、それが逆に伊吹に苦痛を与える結果になったのか、嫌というほど知れたのは甲賀の方だった。
充分な愛撫もないままに突っ走れば傷つくのは伊吹の方で…。ただでさえ、体格の良い男ばかりを選んだのだろう。
分身が比例するかどうかはともかく…。
そうまでして欲しかった温もりのことを思うと…。

「伊吹…」
甲賀はギリギリまで伊吹に我慢をさせた。
させた…というより、その時を待った、というべきだろう。
極限まで追い詰められ、だからこそ花咲く初心な部分がある。

「あ…っ」
敏感な部分を擦られ幾度も伊吹の体が跳ねあがった。
自分の先走りで握り込んだ手すら濡れて滑ってしまうようだ。
「も…、だめ、…もぅ、こぅがぁぁぁっ」
「今、やるよ。…来いよ」
体を起こした甲賀に、細い両腕を引き上げられる。
『来て』と強請るのはいつも伊吹のほうだったはずなのに…。
甲賀の言う『来い』は、しがみついていろという意味だと、伊吹には不思議と知れた。
守ってくれる、逞しい体に全てを委ねる…。
うっとりと高揚して艶の増した肌。甘えすがる声。どれをとっても伊吹の武器だったけれど…。
もう、鎧はいらない…。

「甲賀…」
「伊吹、愛してる…」
甲賀の首筋に回した腕にぎゅっと力を込めて抱きついた時に、いつも以上に掠れた低音が伊吹を襲った。
ブルッと身を震わせる。
抱えられた両脚のつけ根、充分ほぐされた秘孔に熱い楔が宛がわれた。
待ち構えていた瞬間、新たな悦びが伊吹の中に湧きあがった。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ 
ポチってしていただけると嬉しいです(〃▽〃)
次の展開に行きたいけど、ここでえっちやめたら苦情きそうだな…。
何よりやっと結ばれたふたりから…(汗)
関連記事
トラックバック0 コメント2
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
良かったね
コメントちー | URL | 2012-03-28-Wed 04:11 [編集]
ようやく気持ちも繋がって良かったね。
二人とも言葉が足りなかったのよね。
甲賀が行動派で良かったけど。

伊吹さん、もう浮気しちゃダメだよ。
(いや、したくてもできないのー。甲賀が○○倒すから)

今回で伊吹さの淋しい気持ちが、少しわかった気がします。
甲賀に会えて良かったね。
Re: 良かったね
コメントたつみきえ | URL | 2012-03-28-Wed 08:33 [編集]
ちー様
おはようございます。

> ようやく気持ちも繋がって良かったね。
> 二人とも言葉が足りなかったのよね。
> 甲賀が行動派で良かったけど。

言わなきゃ分からないこと、いっぱいありますよね。
やっとまとまってくれた二人です。
すべては甲賀が動くから進んだけど…。
ホント行動派で良かったです。

> 伊吹さん、もう浮気しちゃダメだよ。
> (いや、したくてもできないのー。甲賀が○○倒すから)

浮気しても満足できなくて戻ってくるでしょう(笑)
いやいや、もうしませんよ~。
そう、甲賀がね(o´艸`o)

> 今回で伊吹さの淋しい気持ちが、少しわかった気がします。
> 甲賀に会えて良かったね。

ずっと抱えてきた何かがあったんでしょうね。
体だけで繋がっていた人たちばかりだったから。
これからは甲賀が全部包んでくれます。
満足させていただきましょう♪
コメントありがとうございました。

トラックバック
TB*URL
<< 2019/12 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.