FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
契りをかわして 19
2012-03-25-Sun  CATEGORY: 契り
信楽が先に廊下を進んでいくのを見て、自分たちがまだ靴も脱いでいないことに気付いた。
信楽の姿が見えなくなって不安に甲賀を見上げれば、「大丈夫」と言うように微笑んでいる。
髪を撫でられて、甲賀はもう一度「お邪魔します」と言うと、靴を脱いで上がっていった。
このスピード感ある行動も、伊吹が惹かれるものの一つだと胸を過る。

伊吹も追い掛けてリビングに入った。
甲賀と並んでソファに座ろうとして、信楽に視線だけで咎められるものの、感情を剥き出しにされることはなかった。
明らかに年下だと分かる相手に、落ち着きを見せるところが信楽らしい。
「それで?伊吹は自分がどんな状況にあるのか、分かっているんでしょ?ここに住んで、俺と関係がある時に他の人とも繋がる。今日だってそう。電話で聞いたことは『仕事で遅くなる』っていう話だったんだよ。いきなりこんな人を連れてきて何を言うかと思えば…。自分がどれだけ浅ましい行動をとっていたと思っているの?」
写真の件は自業自得だと言いたいのか…。更にそれが信楽の手元にあること。
信楽に頭が上がらないところは多い。黙って見守ってくれていた人だ。

黙ってしまう伊吹の代わりに甲賀が語りだしていく。
「だから伊吹にも、今の仕事が決まった時点でこの家を出れば良かったんだって言ったとこ。昔の温情に義理を果たそうって、それも自分の感情を誤魔化して、っていうのはおかしいだろ」
「伊吹は淋しがり屋なんだよ。常に誰かにそばにいてほしいと思ってる。うちに住み続けたのは俺に期待するものがあるからでしょ」
「もうないぜ。嫌いなセックスを繰り返して誰かに寄生していただけだ。それをアンタは愛されていると勘違いして受け止めていたんだよ」
甲賀が口角をあげた。信楽は眉間の皺を濃くする。
伊吹の本音を知って、余裕があったのは完全に甲賀のほうだった。
「『嫌いな』?あんなに善がって満足して、終わったら抱きついてきた伊吹が?嫌いなのに君だったら良いっていうふうに聞こえるけど」
「どうやら伊吹の体はそのようですよ~。大きな体に包まれる時間が欲しいがために、演じきって似たような男の間を渡り歩いてきたんだろ。満足できないセックスを繰り返されるから、やがて気持ちも離れていく。俺は満足を与えた。肉体的にも精神的にも。今は俺が何をしてもべったりと寄ってくる。気持ちに安らぎがあるから嬉しそうに幸せそうに笑うよ」
「こ、甲賀…」
そんなことまで言わなくていい、と羞恥心が伊吹を襲った。
いくら信楽が、ふたりがどんな付き合いをしていたか承知しているからといって、あからさまに肉体関係のことを話題にされたくない。

信楽が顔をひきつらせた。
いきなり現れた他人に、長年の伊吹の行動を指摘されるなど思っていなかったはずだ。
どうしたって信楽のほうが付き合いが長いはずなのに、寝耳に水の内容を小馬鹿にされたように伝えられているのだから。
「もう妙なことをして伊吹を拘束するのはやめてくれ。伊吹が辛い思いをすることくらい理解できるだろ?どんな写真を撮ったんだか知らないけれど、伊吹の幸せを願った時、アンタが考えていたことってできるのか?それが伊吹に対する愛かよ?」
「伊吹、今の話、本当なの?」
甲賀が語った事実に、信楽が確認を求めてくる。伊吹は今更隠しても、その話を聞いた信楽とはこれ以上やっていけないと思った。そばにはいられない。
甲賀が写真の件を持ち出したが、そちらには触れず、伊吹のこれまでの態度を問う。
神妙に頷いて、「ごめんなさい…」と蚊の鳴くような声をあげると、信楽が溜め息を零す。
「そう…。騙されていたってことか…」
物事を理解するのは、さすがに早かったようだ。
それとも伊吹の起こしてきた行動に納得したのか…。
甲賀が尚も信楽に詰める。
「だからそんな写真…」
「じゃあ、君の言う、俺に抱かれている時と君に抱かれている時の伊吹の表情の違いを見て判断するよ。その上で伊吹を君に渡そう。どんなイき顔を見せてくれるんだか」
「え?」
甲賀の言葉を遮って、信楽から発された内容に、伊吹は固まるしかなかった。
演じていた伊吹の態度を信じて話を疑っている。気持ちが信楽にあるように見せていた伊吹が、信楽の中では真実だった。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ 
ポチってしていただけると嬉しいです(〃▽〃)
関連記事
トラックバック0 コメント2
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
まさか
コメントちー | URL | 2012-03-25-Sun 02:31 [編集]
信楽さん、目の前でしろと?
うあ、それもどうだろうか?
(まあ、伊吹さんも悪かったもんな)

甲賀は自信満々だし(笑)
やりかねないよねえ。
やだやだ言っても流されちゃう伊吹さんで決定!
(一番酷いのは私かしら?)
Re: まさか
コメントたつみきえ | URL | 2012-03-25-Sun 07:03 [編集]
ちー様
おはようございます。

> 信楽さん、目の前でしろと?
> うあ、それもどうだろうか?
> (まあ、伊吹さんも悪かったもんな)
>
> 甲賀は自信満々だし(笑)
> やりかねないよねえ。
> やだやだ言っても流されちゃう伊吹さんで決定!
> (一番酷いのは私かしら?)

信楽は全然信じていませんね。
だからって目の前で…っていうのはどうかと…。
そんなのを見せられちゃったらどうなっちゃうの~~~(笑)
ま、ちっちゃい伊吹、二人に押さえつけられたら(←)逃げられないでしょうが。
ちー様が鬼畜ぶりを発揮!!(笑)
コメントありがとうございました。

トラックバック
TB*URL
<< 2019/10 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.