FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
契りをかわして 11
2012-03-16-Fri  CATEGORY: 契り
あれから幾度か、信楽に抱かれることはあった。いつものように、相手に縋る態度を見せ、でまかしの言葉が発される。
満足などできない現実を知る…。
甲賀のように、狂うようなときは訪れなかった。
どこまで信じられているかは知らないが、今の生活を続ける上で必要な行為だった。
頭を過っていく逞しい体がある。
仕事の違い、若さの違いもあるのだろう。一度抱き締めた甲賀とは、家の中で暮らす信楽とは明らかに違っていると思われた。
別に信楽がすたってきたわけではない…。
だけど感じてしまう、直感的なもの…。
常に肉体労働をしいたげられていた甲賀と、鉛筆やパソコンを相手にするだけの信楽は違っている。
伊吹自身、何を求めるのだろうか…。
抱いて、自分を抱き締めてくれた体はあまりにも強靭で…。
若さ…。それを言ったらあまりにも失礼だろう。

『伊吹…』
呼ばれたのはある日の夜。
響いてきた電話の耳元の声だけで断る術を見つけられなかった。
電話で誘われて…
あの夜に見えた全てを、もう一度感じたいと…、探したいと溺れていく。
出会えば…。

プラスとマイナスの磁石のようだった。

二人は出会い、何の確認もなく身を重ねた。
うつ伏せる体。覆いかぶさってくる肉体。埋められる肉…。
熱くて何もかもを満たしてくれる空間…。その時間に嵌り堕ちていく。
一時的なものと分かり切っているのに諦めきれない全てを覆ってしまうもの。

「甲賀…」
うめくように吐き出される声を、いつだって飲み込むように塞いだくちづけが落ちてくる。
「伊吹…」
鼓膜の奥まで響いてくる声が気持ちいい…。響いて、響いて、伊吹を包みこんだ。
「甲賀…」
幾度でも呼びたくなる名前…。
そして残されていく声。
だけど自分のものになりはしないと分かるからこそ、今を…、この時を大事にしたかった。

『好き』…。
その言葉は二度と言うことができない。
そもそも、この関係自体が間違っている。

帰って、待っていてくれる人。
伊吹から縋って、「離れていかないで」と強請った人。
今更、何をどうしろというのだろう。
何もかもを用意されたあの時のように、出迎えられたなら伊吹の心は変わったのだろうか。

今は、信楽がいる…。

半年。
二人の関係も、三人の関係も変えない時が過ぎた。
信楽はどこまで信じてくれているのか、”営業”の一環だと伊吹の行方を見守ってくれている。
たまに、泊まりになりそうな朝も、伊吹は黙って帰宅した。
見守ってくれているのは甲賀も同じかもしれない。
何かを気付きながら、だけど何も言わずに、伊吹が口にするまで待っていてくれるような…。

「伊吹…」
ある朝、甲賀の声が聞こえた。
シャワーを浴びて帰ろうかと思った矢先だ。
何故この関係がやめられないのか…。どうして信楽に全てを委ねられないのか…。
幾度も後悔しながら、だけど体に植え付けられた”快感”が行く先を拒んでくれた。
甲賀の逞しさを忘れられない…。

『好き』…。

なんなのだろう。心の中に巣食った思いを、伊吹自身、どう処理していいのか分からずにいる。
もう一度甲賀に出会いたいと…、心より体が望んでしまうのだった。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ 
ポチってしていただけると嬉しいです(〃▽〃)
全然書けなかった…短くてすみません。
お詫びに広いベッドに変えてみました(←どうでもいい? あ、そう…。)
関連記事
トラックバック0 コメント4
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
プッ
コメントちー | URL | 2012-03-15-Thu 21:40 [編集]
あは、キングサイズですかぁ?
甲賀、大きいもんね。
良いんじゃないの~(笑)

あ、そこでどうこうはない?
あら、残念。

伊吹さん、悩んでますね。
悩んでも仕方ないよ。
好きなんだから。恋愛は、頭でしちゃダメだよ。

Re: プッ
コメントたつみきえ | URL | 2012-03-16-Fri 07:06 [編集]
ちー様
おはようございます。

> あは、キングサイズですかぁ?
> 甲賀、大きいもんね。
> 良いんじゃないの~(笑)

なにサイズなんですかね~。
甲賀サイズ?!
一人で眠っていた私は淋しいだけかもしれませんが…(笑)
文章が書けないからバナー作って誤魔化しております(苦)

> あ、そこでどうこうはない?
> あら、残念。
>
> 伊吹さん、悩んでますね。
> 悩んでも仕方ないよ。
> 好きなんだから。恋愛は、頭でしちゃダメだよ。

ちー様に「脱げ」と言われているようですね(笑)
伊吹、この後どうするんでしょう。
感じちゃっている体と悩む心をかかえて…。
甲賀と信楽が動き出せば変わるのでしょうが。
二人とも静観してますからね~。
コメントありがとうございました。

No title
コメントけいったん | URL | 2012-03-16-Fri 10:36 [編集]
こんなにも心が体が、甲賀を求めている伊吹

そんな彼を 信楽が気づいていないのでしょうか?

どんなに偽たって 肌と肌を重ねれば 伝わって来るのでしょ。

そろそろ その仮面を棄てたら?
ポイッ(-ω-)/⌒(^_^)...byebye☆

Re: No title
コメントたつみきえ | URL | 2012-03-16-Fri 13:38 [編集]
けいったん様
こんにちは。

> こんなにも心が体が、甲賀を求めている伊吹
>
> そんな彼を 信楽が気づいていないのでしょうか?
>
> どんなに偽たって 肌と肌を重ねれば 伝わって来るのでしょ。

心と体が伴っていない?
伊吹もいっぱいいっぱいのところで…。
信楽、気付いていない訳はないでしょう。
ただ、離したくないから迂闊なことは言えず、大人しく黙って見守っている存在で…。
って、ここで説明してどうする?!

> そろそろ その仮面を棄てたら?
> ポイッ(-ω-)/⌒(^_^)...byebye☆

あっという間に過ぎていますけど、結構な時が過ぎています。
自分たちの立場を変えてくれる何か、きっかけ、見えるでしょうかね。
ポイポイ(-_-)/~ってできたらいいんだけど…。
コメントありがとうございました。

トラックバック
TB*URL
<< 2019/08 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.