FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
契りをかわして 10
2012-03-15-Thu  CATEGORY: 契り
夜明け…というか、朝日が差し込んできた時間帯に、鳴り響く着信音で目覚めた。
仕事上、会社から支給されている携帯電話は、あまり手放すことがない。
こんな朝から…と嫌いやながらでも通話ボタンを押す。もう、義務みたいなものだ。
「はい…」
『なに、先に帰ってんだよっ?!』
聞こえた声は明らかな苛立ちを含み、不満を正直にぶちまけてくる。感情を素直にあらわせる、甲賀らしい態度でもあった。
耳元で響く声。怒りと分かっていながらドクっとしてしまう体はなんなのだろうか…。
「あー…、…今日、用事があったから…」
一番面倒くさくない言い訳を口にして、伊吹は逃げを打った。ベッドの中で毛布を握り締める。
帰らなければならない事情を甲賀に知られたくなかった。
信楽の存在を隠したかったのは…。嘘をついた自分を守るためなのだろうか。…蔑まれたくなかった。
…離れなければ…。
そう危機感を持ったのは、いつなのか…。翻弄させるこの男が危険だと感じたのは…。
普段の男なら、『こんな男だ』と思われても開き直れたはずなのに…。
嫌われたくない思いが湧いていた。

『用事?今自宅?あの体で帰れたのかって不安になったわ、俺』
この時間帯。居場所はそれとなく悟られるものなのか…。
甲賀も伊吹に対してどんな態度を取ったのか理解しているらしい。
意識を飛ばすほどまでいたぶった…、可愛がってくれた逞しい体に対して、伊吹の体はあまりにも華奢過ぎた。
そして、勝手なうぬぼれ…。
帰らせたくなかった…思いが甲賀にはあったのかと。だからこそ、あれほどの行為を向けてきたのだろうかと…。

気遣ってもらえることは尚更伊吹の心を抉ってくれた。
一夜で済ませたくない、それ以上の感情があるのではないかと誤解を生ませる。
通りすがりの行為で済ませてほしいような…。
「だい…じょ…」
『伊吹?』
掠れた伊吹の声に素早く反応してくれる態度。
信楽とは違う、踏み込んでくる姿勢に嫌でも惹かれていく自分を知る。
信楽は見守ってくれる。甲賀は…。
だけど強がってしまうのは…。信楽を思うからなのか、甲賀にのめりこみたくない予防線なのか…。
「今、寝ないと…」
『あぁ、分かったよ。…また連絡するから…』
朝と知ってか、状況をどのように捉えたのか、大人しく引き下がってくれた。
消えていく声が悲しく思えてしまうくらい…、伊吹の心は揺れていた。

『また』…。
それがいつに、なるのか。
切れた携帯電話を耳に寄せ、無音になった時に気持ちが馳せる。
一番に縋りたいものはなんなのだろうか…。

『伊吹』…。

鼓膜の奥まで響いた声が消えない…。

縋った人間は何人もいた。その時々、伊吹を支えてくれる人たちだった。
伊吹の体を目当てにしたのかもしれないし、こちらも一時的な安堵を求めただけかもしれない。
好きでもないセックスを繰り返し、思いを寄せているのだと見せかけの態度を取り続けた日々。
初めて知った、『気持ちいい』という性行為と、これまでの『これくらいはするべき』という温情が違うものだと認める。
何もかもを曝け出し、訳もなく思いのまま突っ走れた時と、相手の意思を尊重して過ごす冷静な自分は明らかに違った。
恥ずかしくても…、『気持ち良過ぎた』…としか言いようがない。

対照的なものの狭間に落ちた。
比べられる立場にあるからこそ、違いは実感できたし、何を求めるのかも自分で知れてくる。
将来的なものや、立場や、状況。
信楽はそういう業界の人間だからこそなのか、全てを受け止めてくれたし、年上という甘えも含まれてくる。
甲賀は…。頼りたい部分が大きい自分にとって、年下の彼は、どうなのだろう…。

諦めるべきだとは思う。信楽との関係を崩さないためにも…。今の安定した時を大事にするべきだと伊吹は思った。
だけど刻まれてしまった、体への快感…。
嫌いなセックスを初めて、心地良いと感じて、まだ…と求めた瞬間…。幾度も達したことが何よりの証明。
どれだけ縋っても余裕で受け止めてくれた肉体。
「甲賀…」
通話の切れた電話の向こうに、そっと囁いた。
全てを抱き締めてほしい、…伊吹の願いを乗せた言葉なのかもしれない。
伊吹を思ってくれる気持ちは分かっても、自分本位のセックスをする人…。それが信楽なのかもしれない…。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ 
ポチってしていただけると嬉しいです(〃▽〃)

某局(日テレ系ミヤネ屋)でトルコを映してくれて嬉しかったです。「あ~、これこれ~っ」って思いながら見てました。うかがったあの連中もこんな光景の中…?!あいつらは食い倒れてましたけどね。また放送してくれるそうなのでお暇な方は見てください。少しでも気分が味わえるかも。うちの文には再到来しなくていいですよ~。
関連記事
トラックバック0 コメント2
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
No title
コメントけいったん | URL | 2012-03-15-Thu 14:29 [編集]
あら 電話ですか!
甲賀ったら寝ている間に居なくなった伊吹が、気になったわけね♪
これは、甲賀は 伊吹を一夜限りの相手と思ってないと言う事かしら( '艸`*)プホホ

気遣う電話を貰っちゃったら なお一層 気持ちが...
伊吹、信楽との関係を どうする気なのさ。
エト・・(ii-´ω`-)。o ○...byebye☆
Re: No title
コメントたつみきえ | URL | 2012-03-15-Thu 17:25 [編集]
けいったん様
こんにちは。

> あら 電話ですか!
> 甲賀ったら寝ている間に居なくなった伊吹が、気になったわけね♪
> これは、甲賀は 伊吹を一夜限りの相手と思ってないと言う事かしら( '艸`*)プホホ

なんだかなぁ…。の状態です。
甲賀も気になっているんでしょうね。
まぁ、最初にキス仕掛けたの、甲賀だし、ホテル行こうって誘ったのも甲賀だし。

> 気遣う電話を貰っちゃったら なお一層 気持ちが...
> 伊吹、信楽との関係を どうする気なのさ。
> エト・・(ii-´ω`-)。o ○...byebye☆

もう、どうするんでしょう。
いい男に挟まれて(←)悩みどころですね。
口のうまい営業さんもタジタジになりそうです。
えーと、この先は…。...byebye☆(←ぱくってないっ 汗)
コメントありがとうございました。


トラックバック
TB*URL
<< 2019/08 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.