FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
新しい家族 21
2012-01-28-Sat  CATEGORY: 新しい家族
奈義の言う『借金の心配』とは、まだ隠したなにかがあるというのだろうか。
それとも日生が周防たちに気を使わず済むように、奈義が周防に何らかの計らいをしてくれるとでもいうのか。
目の前で見据えてくる奈義にどう反応したらいいのだろう。
随分と昔、同じようなことがあった気がする。ただひたすら、大人しく、逆らってはいけないとじっとしていたあの頃。
一瞬の逡巡の後、脳裏を過っていった影。
このまま奈義の言いなりになるわけにはいかないと、抵抗する力が働いた。
「や…め…っ!!」
だが、掴まれた手を叩き払おうとしてもビクともしない。
「日生、自分が何をするべきか考えないのか?」
押さえつけてくる口調が一層恐ろしさを誘う。
周防という後ろ盾がいたから奈義に対しても気を許していたことを強く思う。だけど本当は、誰だって見たら関わらずに逃げ出したくなるような人物であることに変わりはしない。
ただでさえ、腕っ節では敵うものなど何一つ持ち合わせていなかった。
「俺のそばにいれば一生贅沢な暮しをさせてやる。周防みてぇに『働かせよう』なんてことはさせねぇ。うちの屋敷の中で、このまま蓮のように咲いていればいい」
恐怖を纏った男から発された台詞に、周防とはまた違った慈愛のようなものが込められているのを感じて、話の方向性が見えなくなった。
ほんのわずか見えた、『日生を必要』とする奈義の一部分が垣間見えたような気がした。
何がどう、などと具体的にあげられるものではなかったが、奈義なりに抱えているものがあるのをなんとなしに感じられただけだ。
顎を掴まれ逃れられないまま、奈義のあいた片手が日生の前髪をすくい上げる。
その指が耳朶を弄り首筋を撫でて、身につけていた衣服の襟首をなぞった。
「本当、綺麗な肌だ。これを一度目にしたら、客らはどんどんとおまえを“指名”して手放さなくなるな。…あぁ、逃げ出そうなんて思うなよ。おまえが俺に名前を委ねない限り『三隅』のモンだからな。かかった迷惑料その他モロモロ、全部あいつらの借金に化けて変わる」
フッと上げられた口角の表情は、「意味が分かるか?」と尋ねられているものでもあった。

詳しい内容までは把握できなかった。ただ、日生が奈義のもとにいると言えば、虫唾が走るようなこの店に来る必要はなくなって、それでなければこの店で働き続け、嫌で逃げ出した時には三隅親子の迷惑になるだけ…ということは理解することがかろうじてできた。
日生に残された選択肢は二つ…なんだろうか…。
どちらも嫌で、どこまでも三隅家に負担をかけてしまいそうな不甲斐なさと、この場の恐怖とが合い混ぜになって視界が歪む。
キュッと唇を引き結んで噛み、瞼を下ろしたら涙の滴が零れ落ちていった。
「泣く姿もまた可愛いもんだな。もっと虐めてみたくなる」
奈義の声がいつもよりすぐ近くでした気がして、慌てて瞼を押し上げた。ずっと近付いていた奈義が耳朶に唇を寄せようとしている時だった。
「――っ!!やっ!やめ――っっ!!」
「うるせーっ。とりあえずこちらも味見くらいさてもらわないとな」
「やだ、やだっ、やだっっ」
勢いのままソファの上に倒される。圧し掛かってくる重さから逃れられない。
あとは、無我夢中だった。
幾度も脳裏を掠めた、常に守ってくれた人の名を…。
「わ…く…っ、和紀く…っ、和紀くんっ、和紀――っっっ!!!」
「うるせーんだよっ!!!」
どうにか逃れようと暴れまわる日生の体を簡単に封じ込め、口を掌で塞がれて、もう万事休すだと思った。
首筋を這い始めた奈義の湿る呼気が嫌に肌にまとわりつく。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ 
ポチっていただけると嬉しいです。
短いのですが…。リハビリだと思ってください。
関連記事
トラックバック0 コメント4
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
オヤジ!
コメントちー | URL | 2012-01-28-Sat 09:08 [編集]
あんたんとこの借金、無いじゃん!
ひなちゃんに手を出すんじゃない!

お兄ちゃん、来なそうだし。
こうなったら、安住さんとかー榛名さんとかー使えるもの使うからねっ。
きえさんが(笑)
No title
コメントけいったん | URL | 2012-01-28-Sat 12:02 [編集]
ひな、危うしーー!ヽ(゚Д゚;)ノ!!

奈義に喰われちゃう~喰われちゃうの~?

だ・誰かぁ、助けに来てー、来てくれるよね?
((((*>p□q<)<<<<< HELP HINA~~!!byebye☆
Re: オヤジ!
コメントたつみきえ | URL | 2012-01-29-Sun 12:37 [編集]
ちー様
こんにちは。
連コメいただいていたのに、レス一件でごめんなさいm(__)m
風邪はたぶんもう大丈夫かと…。
インフルでもないのに丸々1週間寝込みました…。
『38.8』というデジタル表示を見たときに、おー、やっと平熱になったよ~とにわか喜びをしていた私です。
41度付近の頃よりずっと身体も楽だったので本気でそう思ったんです。
よ~く考えたらせめて『36.8』まで下がってから 平熱って言おうよって感じですけどね(←意識朦朧?!)

さて。
> あんたんとこの借金、無いじゃん!
> ひなちゃんに手を出すんじゃない!

そうです。さすが ちー様、スルドイ!
借金なんかありません。
そうやって純真無垢な日生はうまく丸めこまれて洗脳されてチョイチョイといじられて…。

> お兄ちゃん、来なそうだし。
> こうなったら、安住さんとかー榛名さんとかー使えるもの使うからねっ。
> きえさんが(笑)

使えるもの(爆)
出てきますね~、最強保護者軍団。
あいつらを越えられるものはいない気がする…。
コメントありがとうございました。
Re: No title
コメントたつみきえ | URL | 2012-01-29-Sun 12:44 [編集]
けいったん様
こんにちは。

> ひな、危うしーー!ヽ(゚Д゚;)ノ!!
>
> 奈義に喰われちゃう~喰われちゃうの~?
>
> だ・誰かぁ、助けに来てー、来てくれるよね?
> ((((*>p□q<)<<<<< HELP HINA~~!!byebye☆

そろそろヒーローが登場です。(え?!ちがう?!)
三千万円支払った日生です。
そんなやすやすと喰われては困りますわ(^^)
保護者も必死ですね。
コメントありがとうございました。

トラックバック
TB*URL
<< 2019/10 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.