FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
甘い人 再々
2011-12-28-Wed  CATEGORY: 甘い人
「白髪、増えたね」
「うるさいよ」
ベッドの中で囁いた望の言葉に、佳史は苦笑で答えてくる。
そんなささやかな会話さえ、嬉しいものだった。
同じ時を共に過ごしていける。それがただ寛げるものになる。
今、どうであれ、一緒にいられるのだ。

「どんだけ禿げたって一緒にいるよ」
「望がボケ老人になってもな…」
38歳という歳になって、迎えてくるものは多い。
それぞれ、貶すわけではなく、でも去ることはないと告げあう。
この先に待ちうけているものは何なのだろうか。

いつか聞いたことがある。中條が伴侶を得た時。
『人生の半分を過ぎた』と彼は告げたそうだ。
残りを、残りの人生を共に過ごしてほしいとプロポーズしてくれたと…。
この歳になって、そうなのかもしれない。
だけど、大人になってからの残り30年は…。仮に30年、40年は、長いと思えた。
その間を本当に一緒に過ごせるのかと思ったら…。

「佳史…、一緒にいて…」
「今更何言ってんの…」
「佳史が…、佳史が…っ」
「望。何も悩まなくていいから。ずっとそばにいる。望の隣にずっといるから…」
囁かれた言葉が温か過ぎて…。
悩んでいる全てを包みこんでくれる。
仕事柄、内緒にしなければいけないことも、たとえ漏らしても、聞かなかったことにしてくれた。
これほど大きな人がいただろうか…。
全てにおいて、望を包み、支えてくれる人。

「佳史…」
「愛してるって何回言えばいいかな。それとも言ってくれないのかな」
小さく願われることに、恥ずかしさを纏いながら、望は口を開いた。
改めて口にできることが、どれだけ幸せなのか。その声を聞いてもらえる、また聞けること…。
告げられるのは今しかない。
明日、という日が遠いと感じた。
来ないかもしれない…。
「佳史…」
「望…」
触れあう唇から温かさが伝わる。
抱き締めた体が、身近にあること。唯一の救いのような気がした。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 
ポチっとしていただけると嬉しいです。
関連記事
トラックバック0 コメント2
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
No title
コメント甲斐 | URL | 2011-12-29-Thu 16:03 [編集]
共白髪ってやつですね~
いいなー
それにしても白髪になるだけのもの(髪)があるっていうのはポイント高いです
ロマンスグレーとか憧れますもの
望まないのにスキンヘッドってこともあるし…
でも、彼らならそんな外見など気にせず
ずーっと一緒に居たいってことですよね
素敵!
Re: No title
コメントたつみきえ | URL | 2011-12-30-Fri 10:43 [編集]
甲斐様
こんにちは。
共白髪!!!
まだ40歳にもなっていないはずのふたりなのに~っ。

> 共白髪ってやつですね~
> いいなー
> それにしても白髪になるだけのもの(髪)があるっていうのはポイント高いです
> ロマンスグレーとか憧れますもの
> 望まないのにスキンヘッドってこともあるし…
> でも、彼らならそんな外見など気にせず
> ずーっと一緒に居たいってことですよね
> 素敵!

ロマンスグレー、素敵ですよね。
そうそう、望んでいないのにスキンヘッドの人ね。脇にちょびちょびの人とか。
見ているだけで淋しくなります。
なにがあろうとも一緒にいますよ~。
気持ちは誰にも負けないってとこでしょうか。
そんなふたりでした。
コメントありがとうございました。
トラックバック
TB*URL
<< 2020/08 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


Copyright © 2020 BLの丘. all rights reserved.