FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
甘い人 8(最終話)
2011-12-14-Wed  CATEGORY: 甘い人
翌日呼ばれた警察署内に、佳史も同行した。
案内されたのは面談室にでも使われそうな応接セットのある部屋だった。
普段、犯罪者とはこのような部屋で会うことはないのだが、軽犯罪と捉えた望の意向が充分に生かされていた。
佐貫が端から「訴えないのか?」と質問してくる。
男が男に対しての暴力行為、その末に来る犯歴など知れたものだった。
わずかいくらかの刑で済まされてしまうもの。
それらを与えるより、優しさを感じて真っ当な道を進んで欲しい。
望は江嶋を問うことはしなかった。
狭まれた世界で生きることの苦労と、長年の女性との存続の合間に燻ってしまった精神を少しでも思うから…。

望と共に現れた佳史の存在に、江嶋はそれとなく状況を感じ取ったのだと思う。
燻った世界でもいい。蔑まされるかもしれない。だけどその中で生き抜いていくこと…。
「江嶋さんの気持ちはありがたいけれど、僕にはすでに共にいたいと思う人がいます。力ずくで奪うこともなく、僕の全てを支えてくれた…。いつか、貴方もそうなってください。…ついてきてくれる人は、必ずいるから…」
自分たちの関係を否定しない。
弱みを見せることであり、また、相手の弱みを握ったことでもある。
だけどその奥に潜むのは、愛しい人と過ごせる時間。
押し付けるものではない。自然と与えられて、受け止めて、同じ時間を過ごせる喜び。

机の上に、頭を擦りつけた江嶋が、悲痛な声を漏らした。自分の罪は充分、認めているのだろう。
それがわかるだけに、これ以上何も望の口から発したくはなかった。
新しい人生を生きる…。そのために離婚問題を持ちこんだ人であるのだから…。

「望に感謝しとけよ」
佐貫は一言、江嶋に伝えて、彼を釈放した。
訴えるものがいなくなれば、こんな問題に関わる時間すらもったいないものに変わる。
そして向けられた視線。
かつて恋した人を前に、自分の余裕ぶりは何なのだろう。

署の出口まで見送ってくれた体躯の良い人間は、犯罪捜査を取り締まる厳しさから一転して、甘い表情を浮かべた。
こんな笑みなど、恋人の前でしか見せることはないのだろう。
それを望の前でも見せてくれるとは…。望がもう縋ってこない現実を知るからこその緩みだった。
いつもどこかでよそよそしかった人…。
一瞬の隙すら見せずに、望を拒絶した人…。
彼なりの拒絶が今はありがたいとすら思える。
だからこそ、佳史の寄ってくるありがたさを感じられた。
中途半端な愛情のかけらも、残さなかった…。

「望。行こう」
隣で声をかけられて、頷き返す。
望に手をかけたと分かる人間を前にしても、一呼吸乱さずに静観した人に、彼の甘さも感じた。
全ては望に、誰に想いを寄せるのかと確認させる出来事だったと、擦り変えられる精神の強さは圧巻である。
襲われたことは自分に近づかせるものでしかないのだと…。
佳史の精神、肉体、なにもかも感心する部分は多々あるのだが…。

「佳史のことも、バラしたな…」
帰り道の車の中で発した言葉に、運転席に座った佳史は軽く笑い飛ばしてくれた。
あえて口にはしなかったが、江嶋が自分たちのことをネタにおどしてくる可能性は低くない。
「別に。いいんじゃないの?恩を仇で返す、とんでもない人間には同じように封じ込めてやればいいさ」
佳史の発言に、それもそうか…と薄笑みがこぼれた。
社会的地位を危惧した人間が、早々に似た状況をバラしはしないこと。
同時に得た弱み。
晒した全ては自分の首を絞めるものにかわるのだと…。
なにより、自分たちの関係を隠そうともしない、堂々たる佳史の態度に悦びが溢れた。
「佳史…」
「なに?」
ふと呼んでしまった問いかけに続く言葉などない。
単に呼びたかった。…そして返ってくる言葉が嬉しかった。
「ん、ううん…」
誤魔化すように首を振り、何か分かったようにフッと表情を緩めてくれる。
無言の時間がただ気持ち良かった。
犯行を闇に葬った佐貫が甘いのか、犯罪者を責めなかった自分が甘いのか、襲ったのに文句の一つも言わなかった佳史が甘いのか…。
人は生きていく人に甘いのだと、ふと思う。

―完―

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 
ポチっとしていただけると嬉しいです。
お付き合いありがとうございました。
年末…と言いながらすでに終わった(*゚ロ゚) すみません、早めにかかったら早めに終わったらしいです。
でも約束果たせて良かったです。ホッ。
警察事件、全く分かりません。その辺曖昧にしてくださーい。
関連記事
トラックバック0 コメント6
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
コメントちー | URL | 2011-12-14-Wed 05:06 [編集]
優しい二人の続編、ありがとうございました。
望も佳史も、優しくて強いですね。
大人な二人の未来が幸せであれと思います。

望さんは、保育園に行っても日野くん同様監視する側になっちゃいそうですね。
そして、みんなに懐かれる(笑)

素敵なお話でした。
次は、千種ですか?こちらも、楽しみに待ってます。
Re: タイトルなし
コメントたつみきえ | URL | 2011-12-14-Wed 07:09 [編集]
ちー様
おはようございます。

> 優しい二人の続編、ありがとうございました。
> 望も佳史も、優しくて強いですね。
> 大人な二人の未来が幸せであれと思います。

続編、無事書けて良かったです。
リクエスト(?)もらったときにはどうしようか悩む二人でした(笑)
二人は年を重ねた分、とても強いと思います。
幸せ路線まっしぐら~♪

> 望さんは、保育園に行っても日野くん同様監視する側になっちゃいそうですね。
> そして、みんなに懐かれる(笑)
>
> 素敵なお話でした。
> 次は、千種ですか?こちらも、楽しみに待ってます。

保育園?!
こいつらもか~(笑)
間違いなく監視役ですね。
懐かれる…のか、いじられるのか…(おさわり部隊)
年上の良さを感じさせてもらいたいものです。

千種、はい。がんばって続きを書きたいです。
コメントありがとうございました。
No title
コメントけいったん | URL | 2011-12-14-Wed 09:22 [編集]
望が佳史にとって 佳史が望にとって ラブ甘いのかと、思ってました。
まぁ それは違いないよね~(´>∀<`)ゝ))エヘヘ

公にし難い恋愛事情は、弱みになるけど 人は、守る為 強くなる気がします。
望の願うように 江嶋も そんな人になって欲しいですね♪

完結お疲れさまです!
佐貫の出演、嬉しかったよ~♪ヽ(*^ω^*)ノ...byebye☆








Re: No title
コメントたつみきえ | URL | 2011-12-14-Wed 12:54 [編集]
けいったん様
こんにちは。

> 望が佳史にとって 佳史が望にとって ラブ甘いのかと、思ってました。
> まぁ それは違いないよね~(´>∀<`)ゝ))エヘヘ

甘々な二人です。
これまでの苦労(?)があったから余計に相手を思う気持ちがあるのでしょう。

> 公にし難い恋愛事情は、弱みになるけど 人は、守る為 強くなる気がします。
> 望の願うように 江嶋も そんな人になって欲しいですね♪
>
> 完結お疲れさまです!
> 佐貫の出演、嬉しかったよ~♪ヽ(*^ω^*)ノ...byebye☆

江嶋にも幸せが訪れてほしいです。
弱みは逆に強みに…。
同じような立場だからこそ分かった気持ちなのか。だからこそ釈放を希望したんでしょう。
望と佳史は、どんな人に対しても優しく強いと思います。
佐貫の登場を喜んでもらえたようで良かったです。
『同級生』出演まではいかなかったけど、ちょっとした繋がりを見せることができたかと思います。
コメントありがとうございました。

No title
コメント甲斐 | URL | 2011-12-15-Thu 23:05 [編集]
望たちの温情に江嶋は感謝して改心してほしいものです

今更ながら佐貫が望を友人としてずっと大切にしている気持ちが伝わってきます
想いがわかっていたからこそ中途半端に同情したり優しくはできなかったんですよね
それがあったから今のお互いの大切な人との出会いと彼らを含めての友情も続いていけるのだと思います

ほかのカップルのようにあからさまに甘やかしたり
あきれる様なバカップルぶりはありませんが(それはそれでもちろん好物ですよ)
この二人の落ち着いたお話も大好きです
Re: No title
コメントたつみきえ | URL | 2011-12-16-Fri 06:57 [編集]
甲斐様
おはようございます。

> 望たちの温情に江嶋は感謝して改心してほしいものです
>
> 今更ながら佐貫が望を友人としてずっと大切にしている気持ちが伝わってきます
> 想いがわかっていたからこそ中途半端に同情したり優しくはできなかったんですよね
> それがあったから今のお互いの大切な人との出会いと彼らを含めての友情も続いていけるのだと思います
>
> ほかのカップルのようにあからさまに甘やかしたり
> あきれる様なバカップルぶりはありませんが(それはそれでもちろん好物ですよ)
> この二人の落ち着いたお話も大好きです

望の優しさに感謝してもらいたいです。
もう二度と間違った感情など持たないように、ね。

このふたりは他のカップルとはまた違っていますね。
甘いのは甘いんですけど。
年を重ねた分、落着きもあるっていうことで(←苦しい…)
好き、おっしゃってくださってありがとうございます。
コメントも、ありがとうございました。

トラックバック
TB*URL
<< 2019/10 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.