FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
甘い人 2
2011-12-07-Wed  CATEGORY: 甘い人
江嶋の妻とのやり取りは難航した。
もちろん望から江嶋の性癖まで晒すことなどない。
その分、彼女の『裏切られた感』は強く、愛情もない日々を耐えた精神的な苦痛を匂わされた。
男同士の関係など想像もつかないと言った感じだった。
知らぬならそのままで済ませたほうがいい。
江嶋自身、注意を払い、今後も知られることがない慎重な動きを見せるのだろう。

望が調べた結果でも、彼女に他の男の陰などなく、ひたすら『疲れただけ』…なのだと伝えられた。
いつしか戻るかもしれないと思った陰には、彼を手に入れた優越感しかない。
それだけ地位を確立し、人目を惹く美貌だった…ということなのだろう。
確かに、ゲイと分かり、発展場などの場所で求められたなら傾いていきそうな風情を醸し出している。
もっとも今の望では、流れつくことなどあり得はしなかったが…。

突然の別れの理由を、単に「疲れただけ」と語られてしまえば、そんなものか…とも思う。
一年待っても、江嶋は彼女に視線を向けることなどなかったわけだ。
期待して待つ時間が無意味なものでしかないと悟った時のようだ。
江嶋より三つ若い彼女には、まだこの先再婚でも仕事でもして活躍する場があった。
もっとも彼女には結婚して家庭に収まりたいという願望が強いらしく、江嶋と見せかけだけでも作りたかった世界が見えてしまった。
収入のある旦那、見栄えの良い家庭、何より自慢したい夫…。
理想を掲げただけの生活に、現実を知ったのだと思う。
今からでも遅くない。本当の意味で彼女を愛し、同じ願いを抱くものなど星のかずほど浮かぶ。
たとえバツイチであろうがそう望んでいる男性も多くいるだろう。あとは、出会えるか否か…。

傷ついた心を癒してくれる存在が身近にいることを、望自身感じていたが、そこまで彼女に伝えることはできなかった。
諦め、を決めたその影に、なんらかの存在があるような気がしても、そこまで調べようとも突っ込もうとも思えない。
江嶋には有利な材料になるかもしれないが、ほじくっていい思いをしないのは江嶋だろう。
最初から彼は、穏便に済ませる方向を願っている。自分のプライベートを知られないためにも…。
江嶋の気持ちが分かるからこそ、最低限の交渉で済まされた。その中でも有意義に使えるものは使った。
渋られる相手方を、法律上の問題として対抗する。感情がない現在、頼れるのはそこしかない。

子供が存在しなかったから親権の問題もなく、金額の面ではかなりのやりとりがあったものの、最終的には江嶋が納得した形で問題は解決された。
彼にとって、後ろめたさのほうが抜きんでたのだろう。
「お役に立てなくて申し訳ございませんでした」
事務所で頭を下げた望に、どうして?と疑問の声が届く。
江嶋は同意していても、望としては納得のできない件がいくつかあった。それらはもちろん、今後江嶋を不利とさせるもの。
不甲斐なさを感じての謝罪でもあった。

「譲原さんは懸命に庇ってくださいましたよ。私の不実を一切出さず、あそこまでしてくれたんです。もう、本当に感謝ですよ」
ニコリと笑った表情には満足感が浮かんでいた。
彼にとって、もっと酷い状況が想像されていたのだと思う。
性癖一つ、ばらされただけで事は大きく傾く。
望はそれらについては、一つも口にすることはなかった。もちろん、顧客を守る為の手段でもある。

「こんな時…って思うかもしれませんが、私、ちょっと気分が良いんです。もし、譲原さんさえお嫌でなければ、祝杯もかねて一杯お付き合い願えませんか?」
突然江嶋に誘われた言葉。
長々と続いた話し合いは夜の帳を迎えていて、長引くと分かっていたからこそ、望もこの後の予定など入れていない。
申し訳なさももちろんあった。
そしてもう少し江嶋のプライベートに触れてみたい気持ちもあったのかもしれない。
同じような立場として…。
自分と恋人である栗本佳史(くりもとよしふみ)との関係を暴露する気はなかったが、苦しみ悶える者の気持ちを探ってみたい程度の好奇心があった。
今後の救いになれれば…。偽善者的な感情も混じる。
佳史に対しての一瞬の躊躇いが見え、江嶋に「何かお約束でも?」と問われて咄嗟に首を横に振った。
「いえ、何も…。私などで良ければお話の相手にでもさせてください」
相手方とのやりとりだけで終わる、淡白な存在ではないと、望も願っていた。
『信頼』とは、そうやって生まれるものだと…。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 
ポチっとしていただけると嬉しいです。
関連記事
トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/08 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.