FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
あやつるものよ 8
2011-11-19-Sat  CATEGORY: あやつるものよ
翌日から岡崎は慌ただしく動くこととなった。
以前こちらに来た時に一度顔出しをしていたとのことで、全くの初対面ではないらしいが、本社から差し向けられた人間というのはどう迎えられるのだろう。
同じ会社にいただけに、人間関係はそれとなく見えてくる。岡崎と同じ役職の人間は、当たり前ながら年配の人間ばかりだ。
実力をつけてのし上がった岡崎だが、その若さは煙たがられるものになるような気がしてならない。
不安を宿す千種とは対照的に、家の中で岡崎の態度は全く変わることはない。
仕事の内容を家の中に一切持ちこまないのは千種の存在があるからだろう。
多少は理解できる存在だと思う。愚痴の一つでも零してほしいところだが、岡崎の気遣いが分かるだけに、千種からも話しかけることは躊躇われた。
せめて家に帰って来てからの気分転換の時間を持たせてやりたくて、家事を一手に引き受けることにした。
岡崎は「無理することはない」と言うが、横着をする岡崎の性格と家の滞在時間の少なさは、嫌でも千種を動かした。

三部屋ある中、最初に家具を入れた岡崎の荷物は動かされることはなく、そのまま寝室と成り果てる。
リビングの隣の部屋を千種は使うことにしたが、余ったもう一部屋を岡崎はあろうことか荷物置き場にしてしまった。
片付ける気を失った引っ越しの段ボールが、岡崎に言わせるところの『とりあえず』詰め込まれたわけである。
人の荷物を勝手に弄るのもどうかと思うが、岡崎は気にしていないようで、「使えるものがあれば出せば?」といった感じだ。
無駄な金をかけたくない千種は戸惑いつつも少しずつそれらの荷ほどきを始めた。
家にいてやるべき家事などたかがしれているのだから、ある意味宝探し的な暇つぶしになる。
「家具は好きに弄ればいい。千種の住みやすいように変えればいい」と、物にこだわるくせにその後の行方がどうでもいいことが不思議に思えてくる。
お揃いの茶碗でご飯を食べている…。その程度で満足できるらしい…。
千種が徐々に片付けたこともあって、リビングやキッチンには、使うのか使わないのかと思われるものまで引っ張り出されて、あっという間に生活感漂う空間に変わった。
まぁ、あったらあったで、利用できるものであるのだが…。

寒風吹きさす中を、今日も千種は自転車を走らせていた。
車ではあっという間に過ぎてしまう光景も、自転車ではゆっくりと見て回ることができた。
近所には生活するのに困らない程度のものが揃う店が何店舗かある。ただ、ショッピングモールほどの賑わいが見られないのは、あちらに客を取られているからなのだと分かる。
とはいえ、身近にあるほうが何かと便利で、閉店に追い込まれないのは需要があるからだ。
車社会のこちらだが、持たない人間も当然いる。

自転車に積める荷物の量などたかがしれていて、近所散策を兼ねながら千種はスーパーに立ち寄ることが多かった。
週に三度も行けば馴染みの店員も見られた。
気軽に話しかけてくれる人の良さはこちらの人柄なのだろうか。
ある日スーパーのタイムセールに訪れてしまい、思わず買いこんでしまった。
それはもう、自転車のかごに収まるものではなくなっている。
スーパーの出入り口の隣、駐輪場でどうにか傾く前輪のカゴに入らないものかと袋の中身を弄っていると、カートやらカゴやらを回収しに来た若い店員に声をかけられた。
若いとは言っても千種より幾つか年上だと思われる。爽やかな青年といった感じだが荷降ろしをする仕事だからなのか、ユニフォームであるシャツの上からでも筋肉の盛り上がりが見えた。エプロンがきっちりと巻かれているのも動きを表してくれる。
「もし邪魔でないなら、荷台にも付けられるカゴ、購入されますか?」
「カゴ?」
「うん。うちのカゴを持参の方はポイントの付き方も変わるんですよ」
貧乏性はしっかりポイントカードを作っていた。いつも利用しているスーパーであるだけに、そのお得そうな情報に耳がダンボになる。
店内で主婦たちが持ち歩くスーパーのカゴと同じ大きさで色違いの『カゴ』の存在は知っていたが、車に乗せられるものという印象が強く、自転車に取り付けられるとは思っていなかった。
「それにカゴ一つ分っていう買い物の目安にもなるでしょう」
確かに上限がはっきりと分かるものではある。
上手い誘い文句に惹かれて、今一度購入した商品と共に店内に戻った千種は、カゴを購入した。
普通の人はカゴからカゴへと入れ替えるだけなのだそうだが、自転車で移動する千種にとって、それは零れ落ちる可能性も盗まれる可能性も高かった。
「ナイショね」
小さく囁いた店員が、カゴの中身が見えない、専用の袋を備えてくれる。カゴの中で使用するもので、巾着式の口を締めて結んでしまえば、すっぽりと収まり一つの荷物になった。
本当ならそれら一式は料金がかかってくるものなのに、この店員はカゴ代しか請求しない。
恐縮する千種なのに、気にした様子もなく「いいから、いいから」と誤魔化されてしまう。
「これでうちのスーパーを利用してくれる機会が増えるってものでしょ」
にこやかに微笑まれて、常連客になるのだなぁとは何となく悟れた。
「荷物用のゴム紐みたいなのがあるでしょう。あれがあればすぐに荷台に取り付けられるようになるから」
そう言いながら「今日は応急処置」だと言って、荷造り用の梱包紐で後ろの荷台に乗せてくれる。
売り上げを取るためとはいえ、ここまで手間暇をかけてくれたことは逆に感謝だ。
なんだか申し訳なく思うところもあり、だけど、人の温かさにほんわりとして、寒空の下でも千種の心はほくほくとしていた。
新しい地に来て、触れあえた喜びのようなものがあったのかもしれない。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
ポチってしていただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへ 

関連記事
トラックバック0 コメント4
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
No title
コメント甲斐 | URL | 2011-11-19-Sat 11:24 [編集]
幸せな新婚生活が始まりましたね
おそろいの食器とかこまごまとした生活用品が揃うと、
二人の生活の拠点が出来上がっていくという感じです。

心優しいふれあいもあって、
これまで人のいやな面や辛いことが続いた千種くんに
ようやく訪れた平安だと思います。
No title
コメントけいったん | URL | 2011-11-19-Sat 12:40 [編集]
新妻の千種は、遣り繰り上手~(o^∀^o)b

ポイントカードは、もちろんの事!
ポイントが、増えるならカゴだって購入しちゃうわよ(笑)

そんな新妻の健気な奮闘ぶりは、岡崎にっとて会社の様々なストレスを癒してくれるのでしょうね。
ノン──゚+。(´ー`)。+゚──ビリ♪...byebye☆
Re: No title
コメントたつみきえ | URL | 2011-11-19-Sat 15:36 [編集]
甲斐様
こんにちは。

> 幸せな新婚生活が始まりましたね
> おそろいの食器とかこまごまとした生活用品が揃うと、
> 二人の生活の拠点が出来上がっていくという感じです。
>
> 心優しいふれあいもあって、
> これまで人のいやな面や辛いことが続いた千種くんに
> ようやく訪れた平安だと思います。

幸せそうな新婚生活です。
千種はなれなくても、自然とそんな世界にいざなってしまう岡崎…、(←策士だ)
ともあれ、こちらの生活になじみ始めましたね。
さてこれからどうなるのやら。

> ようやく訪れた平安だと思います。
願いたいところです。
コメントありがとうございました。

Re: No title
コメントたつみきえ | URL | 2011-11-19-Sat 15:43 [編集]
けいったん様
こんにちは。

> 新妻の千種は、遣り繰り上手~(o^∀^o)b
>
> ポイントカードは、もちろんの事!
> ポイントが、増えるならカゴだって購入しちゃうわよ(笑)
>
> そんな新妻の健気な奮闘ぶりは、岡崎にっとて会社の様々なストレスを癒してくれるのでしょうね。
> ノン──゚+。(´ー`)。+゚──ビリ♪...byebye☆

家計簿かかえて、やりくり上手な千種です。
ポイントカードも積算して、お得なカゴも持ってね~♪
岡崎のストレスを発散する存在だったらいいですねぇ。
なによりそばにいて欲しくて呼んだ存在ですからね。
のんびりと、ポイントカードで幸せを満喫できると思います。
コメントありがとうございました。


トラックバック
TB*URL
<< 2019/09 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.