FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
あやつるものよ 7
2011-11-18-Fri  CATEGORY: あやつるものよ
大型の家具は運んでもらうことにした。仕事を持たない千種は、最短で届けてくれる日時を希望する。
いつだって家で迎えられるのだから、こちら側のこだわりなどなかった。
クローゼットに収まる大きさの収納用品と全シーズン使えるという組み合わせの布団を買いこみ、岡崎の車に積んだ後、隣接したサイクルショップに寄った。
専門的な知識を持つ店の品数は想像を越えている。
園児が使う三輪車から数十万とする競技で使うのかというものまで揃っていた。
店内の広さにももちろん口を開いていたのだけれど…。
そんな中から手頃なママチャリを選んだ。自転車があればこのショッピングモールまでも気軽に来られる。荷物も運んでくれるのだから岡崎に頼る必要もなくなるわけだ。
こちらも車に積めなかったので後日の配達を希望する。

千種の目的が済んでしまえば岡崎が見たがっていた雑貨店に向かった。
女性なら喜んで見たがりそうなお洒落な家具といい日用雑貨が並んでいる。
一部を、一室をイメージした展示にしてあり、統一感を持たせた、揃えたい雰囲気を醸し出している。まるでモデルルームだ。
今さっき買ってきた千種の布団に、同じカバーをかぶせて、ラグを敷き、似たテーブルを置いたら、ハイ完成となるのだろう。
さらに飾られた色つきのグラスと皿(何が入るのか何が盛られるのかは別として…)が置かれれば完璧である。
まだ生活感のない今のマンション内に、新しく並べていくのもいいかもしれないが、さすがに予算も限られていた。
しかし岡崎は違っている。
すでに余るほどの食器が段ボール箱に詰め込まれているはずなのに、改めて何かを揃えたいようだった。
「千種、この箸は?すべり止め付いているし、使いやすそうじゃない?」
「…ですね…」
「ご飯茶わんと汁椀に同じ印が付いているのも面白いな」
「えぇ…」
「あ、マグカップ。これ大きくて量が入りそう。丸い形、俺、好きだわ」
「…部長、どんだけ買う気ですか?」
売り場にはにつかわない男二人のやりとりではあるものの、独自の世界に誘われている客は別段気にした様子はなかった。
次々と手に取る岡崎に、千種から戸惑いの声が上がると、「またそう言う…」と的外れな答えが返ってくる。
『部長』と呼んでしまうのはまだ仕方ないことといえ、さすがにこの状況下では千種も違和感を覚えた。
上下関係を明らかに表すものだと気付き、その言葉は親近感を持たせない隔たりをもたらしてくる。
だからといって、早急に変えられるものでもなかったのだが…。
俯き加減になり、「吉良さん…」と小さな声が零れると、自分から言ったくせに照れくさいのか、岡崎は一瞬視線を反らした後、向き直って破顔し千種の髪をかき回した。
こんな表情を見るのも初めてのことだ。
嬉しいのと恥ずかしいのと…。たくさんの感情が混じっているのは千種だけではなかったようだ。
そのあとも千種と意見を交わしながら生活用品を揃えていった。正直千種は何でも良かった暮らしの世界だったのだが、二人で選ぶのは楽しいものだった。
気を良くしていた岡崎はかなりの数の購入を決めていた。
それぞれが『ペア』であることに、気付きたくなかった千種だが、言わずと知れてくるものである…。
帰路につく車の中は、かなりの量の買い物袋に埋もれていた。

揃えるものを揃えた…。しかし、岡崎が家事にまったくもって無頓着なのだと知ったのはその日の夜のことである。
昼過ぎに出掛けて、広々としたショッピングモールをウロウロとし、帰宅できたのは日も暮れた後。
「面倒くさい。なんか買って帰ろう」という岡崎の言葉に同意して、スーパーで惣菜やらこの先必要になりそうな食材などを買いこんだ。
見た目を重視するが、過程やその後はどうでもいいらしい。昨夜、風呂上がりに一歩も動かなかったのもなんとなく頷けた。
一瞬を大事にして、あとは気が抜けるのだ。もちろん、寛がれていると感じるから嫌なことではなかったが…。
チンしてテーブルに乗せれば済むようなものばかり。こんな食生活は体に良い影響を及ぼさないだろうな…と漠然と悟った時だった。
こういったら失礼だが、貧乏は貧乏なりに自炊生活を送ってきた千種なのだ。
幸いにも千種には、仕事が決まるまで時間は嫌と言うほど余っていた。
そこにせっかく揃えてくれたペアの食器が入り込んでくる。
それらに見合うものを作れるようになるだろうか…。

本屋で料理本を買ってくるんだった…と思ったが後の祭りだ。
自転車が届けばそれなりに自由に動けるようになる。行動範囲は格段に広がる。
ショッピングモールから持って帰れる量は決まるが、マンションの近所にある小さなスーパーは近い。
食材を買いに行くのに苦労することはない。
少なくとも、異動したばかりの岡崎を、支えてやりたい気持ちはあった。
自分が働きに出るのも大事なことだが、なにより、これ以上岡崎に負担を科せたくなかった。
どういわれようが、この地まで追い込んでしまったのは千種なのだと、負い目は消えることがない。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
ポチってしていただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへ 

関連記事
トラックバック0 コメント2
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
No title
コメントけいったん | URL | 2011-11-18-Fri 13:41 [編集]
お揃いの食器かぁ~(^▽^*)
まるで結婚するかの様な買い物
新婚気分な部長のウキウキが、ビシバシと伝わるわ~(⌒^⌒)b うふっ

夫に頑張って働いて貰う為に 新婦は家事をバッチリとこなさなくっちゃね~♪
v(`ゝω・´)キャピィ☆...byebye☆
Re: No title
コメントたつみきえ | URL | 2011-11-18-Fri 17:13 [編集]
けいったん様
こんにちは。

> お揃いの食器かぁ~(^▽^*)
> まるで結婚するかの様な買い物
> 新婚気分な部長のウキウキが、ビシバシと伝わるわ~(⌒^⌒)b うふっ

新婚気分の部長です♪
来ないかもしれない人が来てくれたから、もうその嬉しさは言い表せないんでょうね。
こうして態度に出ております。
ここまで付いてきてくれたわけだしね~。

> 夫に頑張って働いて貰う為に 新婦は家事をバッチリとこなさなくっちゃね~♪
> v(`ゝω・´)キャピィ☆...byebye☆

これから頑張って働く部長様のために、またその体調管理を預かる身ですから頑張りますよ。
少々の後ろめたさは残っているようですが、その気持ちも余計に尽くすものと変わってくれるのでしょうか。
本当の意味で愛しあえる環境を部長も望んでいるのでしょう。
ってことでまずは食器?
コメントありがとうございました。

トラックバック
TB*URL
<< 2020/02 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29


Copyright © 2020 BLの丘. all rights reserved.