FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
願望 1
2011-10-26-Wed  CATEGORY: 淋しい夜
 深夜に近い時間、門扉の前に若い女性が現れたと警備員に聞いて、榛名一世(はるな いちよ)は即座に無視しようとした。
 何かにつけて言いがかりをつけられることなど、過去に幾度も味わっている。
 いちいち相手にしていたらキリがないものばかりだ。
 遊んだ過去があったとしても、百合子という妻をもうけてから、不貞の一つもない。
 かれこれ数十年。千城一人を育て上げた期間に何もないのは百合子自身が良く知ることでもあった。
 家族のために尽くした…といえば聞こえはいい。実際、その通りなのではあるが…。
 過去の薄暗いことは気にしない百合子ではあったが、守衛に囁かれた言葉には声を失った。

『千城様のお子様だと乳児をお連れになられていて…』

 息子である千城が得た伴侶は子を産むことができない『男』だった。
 自分同様、多少『遊んだ過去』があったとして責める気もないが、子を宿す存在となったら話は変わる。
 少なくとも『千城』という名を出された時点で、無視できることではなかった。
 噂話にされる危機感もあったし、千城に襲う運命を、父なりに抑えてやりたい親心なのか、望むことができなかった孫を手に入れられる悦びか…。
 妻の百合子に伝えるには急ぎ過ぎるようで、まずは自分自身でどうにかしようとした。
 客間に迎え入れた女性は二十代の半ばほど。肩ほどまで伸びた髪をクルリと巻いてはいたが、一時的なものだろう。派手さなど全く伺えない。
 ここまで踏み込むために少しでも上品さを表したい、背伸びをしたような風情だ。
 千城がこんな女を扱うわけがない、と心の底で茶番に付き合う気がないと憤る一世の前で、細い体に抱いた乳飲み子が身じろぎをしながら一世を見つめてきた。
 まだハイハイもできないような年の頃。
 親…、祖父の欲目か。その眦は一家独特のもののように見える。
 可愛さの中にありながら、先を見透かすような激しいもの…。
 それとなく、一族の血を見た気がした。

 孫を抱くことはないと諦めていたからだろうか。目の前に現れた突然の物体に、一世の飢えて抑えていた感情が一気に湧きあがってきた。
「千城の幼い頃に似ているな…」
 女は静かに瞼を伏せた。
「このようなお願いは、本当に申し訳ないと思っております…。でも…、千城さんに認めていただけないし、…生活には困っていて…」
 女は、子供のミルクもまともに買えないのだと訴えてきた。
 もしもこれが本当の話であるならば、一世にとっても許し難い行為だった。
 榛名家の血を引くものにこのような扱いなど…。

 嘘、偽りとあるのかもしれないが、生まれたての子供を見ては、疑いすら霞の中に消えていく。
「千城は?産ませておいてこの始末か?!」
「あ、いえ…。私が勝手に産むと言い張って…」
 控え目に女は語ったが、二人の間でまともな話しあいも行われていないのはすぐに悟ることができた。
『榛名』の財産を一部でも手に入れたいがためか…。
 そんな輩は今までも嫌というほど現れていた。ただ、実際の子供を連れてきたのは初めてのことだ。
 たとえそうであっても、本当に千城の血を引いたものであれば、手放しにすることもできない。
「まずは検査を。それと千城と合わせよう」
 一世は証拠を出せと言葉尻を強くする。
 その反面で、本当にこの子が『孫』だったらいいのに…という期待を抱かずにはいられなかった。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ 
ポチってしていただけると嬉しいです。
千城&英人をリハビリで書いたらこんなんになっちゃったよーε=┏(; ̄▽ ̄)┛ひえ―――
関連記事
トラックバック0 コメント4
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
No title
コメントけいったん | URL | 2011-10-26-Wed 15:45 [編集]
ヒャァ~ヒィ~(>ω<ノ)ノ
千城パパ!一世さん!信じちゃうの!

千城が、そんなヘマする訳ないでしょ!!
英人を泣かせるようなことを~。・゚。ヾ(゚`ェ´゚)ノ。゚・。

でも・・・面白い・・・( ̄ー ̄)ニヤリ...byebye☆
Re: No title
コメントたつみきえ | URL | 2011-10-27-Thu 10:12 [編集]
けいったん様
こんにちは~。

> ヒャァ~ヒィ~(>ω<ノ)ノ
> 千城パパ!一世さん!信じちゃうの!
>
> 千城が、そんなヘマする訳ないでしょ!!
> 英人を泣かせるようなことを~。・゚。ヾ(゚`ェ´゚)ノ。゚・。
>
> でも・・・面白い・・・( ̄ー ̄)ニヤリ...byebye☆

突然飛び込んできた何やら怪しげな話。
パパ、どうするんですかね~。
そうね~。千城、そんな失敗しないだろうし。
千城と英人も付き合いが長い設定ですから、子供を作っている暇は千城にはなかったはずです。
さぁ、この先、どうしましょう(←)
コメントありがとうございました。
No title
コメント甲斐 | URL | 2011-10-27-Thu 22:39 [編集]
おー久しぶりー!千城&英人
と思ったら
なんとすごい事態に!?
どうしましょう
英人君を悲しませるなんて…
許せないぞ~
それに、パパまで
心ひそかにやっぱり孫欲しかったのね
切ないよ

(昨日動揺のあまりコメするの忘れてしまいましたよ)
Re: No title
コメントたつみきえ | URL | 2011-10-28-Fri 10:20 [編集]
甲斐様
こんにちは。

> おー久しぶりー!千城&英人
> と思ったら
> なんとすごい事態に!?
> どうしましょう
> 英人君を悲しませるなんて…
> 許せないぞ~
> それに、パパまで
> 心ひそかにやっぱり孫欲しかったのね
> 切ないよ
>
> (昨日動揺のあまりコメするの忘れてしまいましたよ)

実は…、去年、アンケートまでとっておいて書かなかったお詫びを兼ねて…(ってここで言うな?)
久し振りに書いたらこんな事態になっておりました。
パパ、なんだーかんだー言いながら、手に入らないものほど欲しくなるんですかね。
この際、自分たちで二人目を作るのもいいんじゃ…(←)
まぁ、英人には聞かせられない話ですな。
続き、書かなくちゃ…と思っております。
コメントありがとうございました。
トラックバック
TB*URL
<< 2019/08 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.