FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
ただそこにいて 40
2011-10-03-Mon  CATEGORY: ただそこにいて
憧れたものは一体なんだったのだろう。
少しでも裕福で、愛しい人と共に過ごせる…。単純であたりまえで、素朴で…。
そんなものが俊輔の脳裏を横切り、抱いてくれる人を思う。
伊佐の手は確かに温かい。優しく包んでくれて迷いも持たせないくらいに進む方向を示される。
道標となり羽を休めるための宿となり…。
『俺のそばにいればいい…』…。
何もかもを手に入れて、何もかもを失う場所…。
いだかれた腕の中で、自分が選択した現実を知る。
伊佐は受け止めて与えてくれるが、津和野が言うように、本当にそれは『欲しいもの』なんだろろうか…。
一瞬の迷いが俊輔を襲った。

津和野はにこやかに笑い、手を振ると伊佐の家を出ていった。
「リンゴの味は俊くんだけが知ればいいよ。美味しくても苦くても、酸っぱくても…。その味を、俺は仁多くんには伝えないけれどね」
どこかで、吉賀と直接話せと言われているような気がする。
リンゴの味を伝えることで、吉賀との間を清算しろというような…。
果ては会社の勤務の継続か退社か…まで考えろとほのめかされた気分だ。

どんな結果になったとしても、津和野からみたら一従業員でしかないということなのか。
会社に戻っても戻らなくてもいい。そんなふうに切り離されてしまうようだ。多い人数を見ているのだから納得もできる。
俊輔が伊佐を選び、伊佐の隣にいるなら、それも然り…。
俊輔の借金は清算され、その身は伊佐に預けられている。分かり切った話がここに転がっていて…。
自分の意思は…。

天秤に掛けた先で自分に傾いてきたものはなんなのだろう…。
呆然とする俊輔を、逞しい腕が包んでくれた。
「もう、寝よう」
考えることを拒絶させる伊佐の手が、俊輔の体を再び寝室に招いた。
ベッドの中でうつろになりながら「俺、…仕事…」と片言のような言葉が漏れる。
「働くなとは言っていない。俊輔が家族を思う気持ちも良く分かっている。知名には、今、班変えを頼んでいるところなんだ」
俊輔が働きたいと思う意思はきちんと汲み取られている。返済がなくなればその分、家族にも少しの贅沢を味あわせることができた。
俊輔の生活事情を伊佐は理解してくれている。
少しでも快適に働ける環境を作ってやりたい…と伊佐は手まわしを進めていた。
吉賀との間に何があったのかを知るからこそ。

津和野の力がどこまで働くのかは知らないが、労働者に対してのメンタル面などを考慮し、多大な影響力を及ぼす存在であるのは過去の経験でも承知している。
そうやって、せっかく雇った従業員を辞めさせることなくうまく誘導している人。
だからこそ津和野を慕ってくる人たちが多いことも。
だけど伊佐の発言は、慣れ親しんだ班を離れ、吉賀とも距離をおく場所に向かわされることになる。

…吉賀と離れる…。

新しい場所に脅えるよりも、吉賀という頼りになる人から離れることに不安が生まれる。
入社してからずっとそばにいてくれた人なのだ。一緒に入社して、知らないこともお互い庇いあいながらここまでやってきた。
暗くなりがちな生活に明るい話題を届けてくれて、俊輔の心の拠り所だった。
「やだ…」
そっと漏れた一言に、伊佐は俊輔を抱く手の力を弛めた。
「なぁ、俊輔。それが全ての答えなんじゃないのか?」
少しだけ距離を置いた伊佐は、俊輔では気付かない心の部分に触れてきた。
伊佐と離れた分は、吉賀に近づいたような気にさせる。伊佐に近づき過ぎるほど吉賀と離れてしまったような…。
適度な距離を、伊佐は知るのだろうか…。
見上げた先、俊輔を見つめてくる瞳は酷く温かい。
どう返していいのか分からず黙ってしまう俊輔に、伊佐はいつも以上に甘く囁く。
「俊輔が選ぶことに、俺は何も反対しないよ。だけどこの体をもらった以上、俺なりにできる助言だけはさせてもらうけどね」
俊輔の意思を汲み取りながらも、今、この体は伊佐の所有物になったのだと語られた。
ひどいことをされないのは分かっているけれど…。
強請ったのは自分。
願ったのも、俊輔自身。
抱きしめられた体は自由でありながら、羽を伸ばせない闇夜に堕ちていく。
…こんなに広い空間にいるのに…。こんなに温かいのに…。満ち足りているのに何かが足りない。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ 
ぽちっとしていただけると嬉しいです。
関連記事
トラックバック0 コメント4
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
No title
コメント甲斐 | URL | 2011-10-03-Mon 13:22 [編集]
津和野さん宿題だして帰って行きましたね
俊輔くん、ぐるぐるしてますー
いっぱい悩んで
よーく考えて納得した答えを出したらいいと思います
頼れる応援団もあるしね
No title
コメントけいったん | URL | 2011-10-03-Mon 20:04 [編集]
俊輔が、それなりに一生懸命に考え出しましたね。

伊佐の傍は、温かくて居心地がいいけど やはり望む場所は・・・(*´・ω-)b ネッ!
迷い考え 本当の自分の居場所を見つけられたらいいね、俊輔♪

家を ほんのちょっと工事する予定で ただ今 大掃除の真っ最中で~す。
車庫に ゴミが溢れ出しそうな位いっぱいなのに 恐ろしい程 片付かないの~ヽ(´;ェ;`)ノ...byebye☆



Re: No title
コメントたつみきえ | URL | 2011-10-04-Tue 09:05 [編集]
甲斐様
こんにちは。

> 津和野さん宿題だして帰って行きましたね
> 俊輔くん、ぐるぐるしてますー
> いっぱい悩んで
> よーく考えて納得した答えを出したらいいと思います
> 頼れる応援団もあるしね

ぐるぐるな俊輔です~。が。
そこはそっと背中を押してくれる人が待っていて…。
ふたりの見守ってくれるお父さんに囲まれて頑張ります(`・ω・´)ノ
後悔しない暮らしになれたらいいですね。
コメントありがとうございました。
Re: No title
コメントたつみきえ | URL | 2011-10-04-Tue 09:08 [編集]
けいったん様
こんにちは。

> 俊輔が、それなりに一生懸命に考え出しましたね。
>
> 伊佐の傍は、温かくて居心地がいいけど やはり望む場所は・・・(*´・ω-)b ネッ!
> 迷い考え 本当の自分の居場所を見つけられたらいいね、俊輔♪
>
> 家を ほんのちょっと工事する予定で ただ今 大掃除の真っ最中で~す。
> 車庫に ゴミが溢れ出しそうな位いっぱいなのに 恐ろしい程 片付かないの~ヽ(´;ェ;`)ノ...byebye☆

俊輔なりにいっぱい思うことはあって、それを素直に引き出してくれる環境。
そんな中で導き出した答え。
周りからの影響っていうものも大きいですからね~。

ほんのちょっとの工事…でも出てくるものって多いですよね。
どうしてこんなに~\(◎o◎)/とあちこちから…。
どこに隠れていたんだ、君たち…っていうものが続々と登場しますよね。
一足早い大掃除ってことで(笑)(←つか、もうそんな季節?!)
年末、笑って過ごせますよ、きっと。
コメントありがとうございました。

トラックバック
TB*URL
<< 2019/10 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.