FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
レストランチーム 美味しい旅に出る 編
2011-09-26-Mon  CATEGORY: チョキチョキ
3連休。
「連休ができたら遠いところに行くから困るの~」と喚いていた熊谷の気持ちが、なんとなく分かった春日だった。
よりによって…。
まさか海外とは誰が想像したことか…。

「飛行機に乗れば行ける」と豪語する本庄の台詞に、周りの人間は絶句していた。
『ダブルデート』は時々行われていたけれど…。さすがに国境を越えることまでは想像していない。
「車で長距離を移動するより、ずっと近いし~」
あたりまえのごとく語ってくれる人は、移動距離よりも移動時間に重点があるようだった。もちろんその先の食べられる食材も然り…。
焼き肉や冷麺を食べに、国境を越えるのか…?!この人は…?!
春日の驚愕は喉の奥にしまわれた。
拒絶は同行したくないという意思を表す。(そんなわけがない)

ソウル市内。賑わう街の中心部、そこに宿をとったのは羽生である。
「移動や治安にいらぬ神経を使うのは無駄な労力」とあっさり言い放ってくれた。
おかげで夜遅くまで出歩くことができたのだが。
ガイドブックよりもフード特集を集めた本を手にした本庄の行く末は当然食べ物屋である。
席に座れるレストランから、道端にある屋台まで。
熊谷に「一個だけ注文して」と言われなければ次から次へと溢れる食品を消化しきれなかっただろう。次から次へと本庄は手と口を動かしたのだ。
店員に対しては申し訳なさが募るものの、そこは熊谷がうまく便宜をはかってくれていた。
店ごとの違う種類を本庄は堪能していたし、それに付き合って羽生も舌をうならせていた。
わずか2泊しかしない中で、どれだけ喰い倒そうというのか…。
二人で一個。かつて身を持って感じてきた熊谷の体験談である。
それほど本庄の注文数は、半端ない。

焼き肉


もう充分食った…というのに、夜も更けた先。ホテルに素直に戻る本庄ではなかった。
道端の屋台。ビニールシートが掛けられたような椅子に、歩き疲れた腰を下ろした。
「焼酎!…おでん…ってオデン…だっけ?トッポッギと…」
注文はあくまでも熊谷に任せられるらしい。好みのものを口に乗せるだけの本庄に、しっかりと内容を把握した熊谷は店員と会話を進める。
ある程度の日本語も通じたからやりとりは難しくなさそうだった。
出てくる料理は屋台ならでは、とでもいうのか。雑といえばそれまでだが、値段の安さからすれば納得もいく。
レストランで食べるものとは明らかに違うし、自分たちの店で出している様相ともかなりの差が見てとれた。
同じく食品を扱う上での違い…。
出される盛り付けも店員の態度も粗雑といっていいのに、違和感を持たせないのはなぜなのだろうか…。
春日は一瞬の躊躇いを持ったものの、となりから羽生に『雰囲気にのまれろ』と囁かれてどことなく納得した。
自分の持っている感覚とは違うものが世の中にはある。
それらを吸収して、自分の店にあるものだけが全てではないと臨機応変に対応できる力を身につけること。

“素朴”は人の心に安らぎももたらす。
そう…。家に帰ったような雰囲気なのだ。
どの家庭で、常に飾られた料理を提供されているというのだろうか。
商売上の何かはあるにしても、自分たちが出しているものとここにあるものは違う。
だけど”食べてほしい”と迎える心は変わらない。

本庄は常に”素材の良さ”を求めていた。
その土地に行かなくては分からない味。
無駄だと思う時間も移動距離も、改めて体感することでお仕着せだったものから外れる。
もちろん、そう簡単に行けない場所のほうが多いけれど。

春日はまたひとつ、本庄と熊谷、そして羽生に出会えてよかったと心の底から思っていたのだ。


にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
 

現実逃避~ヽ(゚∀゚)ノ
だから、アンケートの意味があるんですかね……。

私の視点で書いてしまったことを申し訳なく思います。
雰囲気を伝えるって難しいです…。
あくまでも料理を扱う春日視点として見てしまったのですが…。
私自身、ソウル、大好きなんですけど…うまく伝えられない。あぁぁ、なんという筆不足。

関連記事
トラックバック0 コメント5
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
No title
コメント甲斐 | URL | 2011-09-26-Mon 23:01 [編集]
ソウルかぁ。。。
三日連休があれば行けますものね
相変わらずですね本庄くん
彼なら国境も超えますよ
うまいもの追求のために
巻き込まれる周りの者たちの苦労が感じられますが
楽しい食い倒れツアーだったんでしょうね
Re: No title
コメントたつみきえ | URL | 2011-09-27-Tue 08:16 [編集]
甲斐様
こちらにもありがとうございます。

> ソウルかぁ。。。
> 三日連休があれば行けますものね
> 相変わらずですね本庄くん
> 彼なら国境も超えますよ
> うまいもの追求のために
> 巻き込まれる周りの者たちの苦労が感じられますが
> 楽しい食い倒れツアーだったんでしょうね

安近短で行けるとこ。
うまいもののためならひとっ飛び…なんでしょうね、本庄。
そしてまた観光もろくにできないで不貞腐れてタカはご帰宅になるんでしょうか。
そこはうまく羽生に調整していただきたいものですが。
春日はきっと毎度毎度、二人の会話に聞き耳を立てていることと思います。
次はどこに行くんだろうって。
食い倒れツアーに春日もハマっちゃっているんでしょうか。
コメントありがとうございました。

見逃してた!
コメントさえ | URL | 2011-09-28-Wed 18:42 [編集]
美味しい旅行いいな~♪
でも、辛いのダメ~
唐辛子が苦手です。
レストランチームは和気あいあいと楽しそうですね~。
Re: 見逃してた!
コメントたつみきえ | URL | 2011-09-28-Wed 21:29 [編集]
さえ様
こんばんは~。
見逃していたのですか(TT)(気付いた時に見つけてくださいね♪)

> 美味しい旅行いいな~♪
> でも、辛いのダメ~
> 唐辛子が苦手です。
> レストランチームは和気あいあいと楽しそうですね~。

さえちゃん、辛いのがだめなんですよね~。
私はめっちゃハマって帰ってきましたけど。
和気あいあいの食い倒れツアーやってますよ~。
楽しんでいるんだか呆れているんだか…。
私も美味しい旅行に出かけたくて妄想がはじけました。
コメントありがとうございました。

ソウル
コメントちー | URL | 2012-07-21-Sat 19:11 [編集]
あー、行きたい!今、行きたい。先週行ったっけ・・・
だって、今日は可愛い愛しい大好きなあの子のファンミ。はうー。
そして、食い倒れツアーしてるこの人達に会いたいな(笑)
トラックバック
TB*URL
<< 2019/08 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.