FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
ただそこにいて 29
2011-09-22-Thu  CATEGORY: ただそこにいて
近くの社寺や博物館などを巡る。
こんなふうに出掛けたのは修学旅行以来だろうか。見る物、触れる物のすべてが新鮮で、俊輔は心を躍らせていた。
知識がなくて、思わずとってしまった行動に恥ずかしさが湧いたりするものの、伊佐は一切貶したりすることはない。
隣で正しいことを教えてくれる。
何についても真っ先に金額に目が行ってしまう俊輔を『姫』扱いしてからかわれたりもした。…決して嫌味など混ぜずに。
それが伊佐の優しさなのだと分かるから、今は素直に甘えておく。
伊佐は俊輔が正直に感情を表すたびに、頭を撫でたり頬をつついたりしてきた。
自然と触れてくるスキンシップが、とても近い人間と共にいるようで心が温まる。
伊佐と出会ってまだ数日だというのに、良く知っている人と接している感じが不思議だった。
それとも、本当の意味で知らないから、本音が曝け出せるのだろうか。

熱が引いてからまだ間もない日。あまり体力を使わない方がいいと、早目の帰宅を促される。
普段体験しないことは予想外の興奮を纏い、気付かずに体力消耗をする。
夕焼け空を眺めながら走る車の心地良い振動に、いつしか俊輔はうとうとと舟を漕ぎだした。
やはり疲れは出ていたのだろう。
「俊くん、着いたら起こすから寝てていいよ」
途中の信号待ちで身を乗り出してきた伊佐が俊輔のシートを倒し、積んであった毛布を掛けてくれる。
気を張って生きてきたこれまでが嘘のように、ここには自分自身を曝け出せる空間があった。
「うん…」
短い返事をして、俊輔は静かに瞼を閉じた。
童心に帰った気分…というのはこういうことをいうのか…。何もかもに夢中になれた。すべてが楽しくて仕方がない。
こんな時間が過ごせるように、また頑張ろう。…そんな気分にもさせてくれた。
ささやかだけど、体験することで目指すものができた感じだ。
温かな掌を瞼の上に感じて、俊輔はそのまま眠りにおちた。

伊佐が自宅に着くと、病院の入り口に見慣れない男の姿があった。ドアに寄りかかりしゃがんで膝を抱えた腕の中に顔を埋めている。
患者だろうか…。
敷地内に入ってくる車のライトに気付き、男が顔をあげた。
伊佐は建物の隣にあるガレージに車を駐車させた。その光景を見つめていた男が立ち上がってこちらに向かってくる。
この病院の主だと判断したのか。
まだ若い。20代の半ばくらいだろう。しっかりとした体躯をしていたが、頬はこけているようにも見えた。覇気のない顔は疲れを顕著に表していた。
「本日は休診日なのですが」
車を降りた伊佐が話しかけると、男の視線はフッと助手席で眠ったままの俊輔に向けられた。
伊佐は直感で「あぁ…」と思う。
…こいつが例のヤツか…と声に出さず、上から下までを眺めた。
今時の青年といった感じだ。俊輔のように生活に困った印象もない。まっすぐに視線を合わせてくるのは性格の表れでもあるのだろう。
伊佐の問いに一瞬の躊躇いをもったあと、「あの、俺、仁多吉賀っていいます。俊輔と話がしたくて…」と直球で話を切り出した。
「津和野からここにいるって聞いたの?」
どう話がまとまったのかなど、津和野から聞いてはいない。ましてや直接この男がここにやってくるなど。
人の社内のことに首を突っ込む気はないが、一時的にでも俊輔を預かってしまった今、全くの他人事にはされたくなかった。
吉賀はコクリと首を縦に動かす。
「聞きました。今日になってやっと教えてくれて…」
「そう。でも俊くん、今疲れて眠っちゃっているからまた後にしてもらえるかな」
伊佐は歩き出しながら病院の入り口の鍵を開ける。
自分だけの出入りであればこちらを使うことなく裏口に回るのだが、現れた人間がいるのだから表玄関のほうが都合が良かった。
津和野から連絡をもらっていないにしても、直接この男から話を聞けるのは悪いことではない。
俊輔は自宅に上がってしまえば階下に下りてくることはない。
今日この後、伊佐と吉賀が出会っていることなど俊輔は知らずに済む。
「疲れて…って…?」
「遊び疲れ。少しはしゃぎ過ぎちゃった…かな」
「遊びっ?!俊輔が?!」
「どうして驚くの?出掛けるでしょう?君だって」
伊佐は寝かせてくるからうるさくしないでくれと吉賀の口を閉ざした。
吉賀の反応で、これまで俊輔がいかに出歩かなかったかが知れてきた。
伊佐は助手席に戻ると、俊輔の両腕をとり自分の首に巻きつかせる。俊輔の体は眠っている間でも、無意識に人に縋ることを覚えていた。
無防備に人に体を預けて眠る俊輔の姿を、吉賀は茫然と視線で追っていた。
「ちょっと待合室で待っていて」
小声で言い置いて、俊輔を抱え上げた伊佐は寝室に向かった。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ 
ぽちっとしていただけると嬉しいです。

吉賀キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
関連記事
トラックバック0 コメント4
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
やっときたね~
コメントさえ | URL | 2011-09-22-Thu 08:47 [編集]
きえちゃん、続き~
気になる~。
No title
コメントしろ | URL | 2011-09-22-Thu 09:21 [編集]
吉賀キマシタネー。また嫉妬のニオイが…フフ

キリ番あと少しですね、今日かな明日かな…踏んでみたいわ(笑)
Re: やっときたね~
コメントたつみきえ | URL | 2011-09-22-Thu 10:21 [編集]
さえ様
こんにちは~。

> きえちゃん、続き~
> 気になる~。

やっときた~♪
続き…、がんばって書かないとε=┏(; ̄▽ ̄)┛汗汗
背後説明とか入れているから意外と伊佐との時間が長くなっちゃいました。
(これでも結構端折って来たのだ…)
おまたせです。吉賀の登場です。
さあ、どうするんでしょう(゚∀゚)
コメントありがとうございました。

Re: No title
コメントたつみきえ | URL | 2011-09-22-Thu 10:27 [編集]
しろ様
こんにちは~。

> 吉賀キマシタネー。また嫉妬のニオイが…フフ
>
> キリ番あと少しですね、今日かな明日かな…踏んでみたいわ(笑)

来ました吉賀!
嫉妬の匂い(〃▽〃)
伊佐、故意的にやってるだろーと突っ込みが入っている私です。

キリ番!!そうなんですよ~。すごく速くて~。
予想では明日の朝…と読んでいる私です。
たくさんの方が訪問してくださってくれて、本当に嬉しいです。
是非目指して踏んでください。
コメントありがとうございました。

トラックバック
TB*URL
<< 2019/08 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.