FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
ただそこにいて 19
2011-09-12-Mon  CATEGORY: ただそこにいて
キス…ってこういうことをいうのかなぁ…。
初めての経験は呆然と俊輔の思考を抉っていた。
絡ませられる舌に、口腔内を蠢く相手の動き。
そんな経験なんてない俊輔はわけもわからない状態で動いてくる吉賀を受け入れる。
考える時間をたっぷりと与えてくれるような、ゆっくりと馴染む時間だった。
歯列を撫でられて喉奥まで舌先でこすられて、厭らしいと思えるほどの水音が鼓膜を撫でていく。
触れあわされる全ては相手のテリトリーに入れたような特別を思わせる存在を生んでくる。
「俊…」
再び呼ばれた名前に緊張が走った。
甘えたい思いはあるのに、縋ってはいけないのだと全身が訴えてくる。堕ちかけた体が強張った。
いつか、掌をかえしたように、嫌われる存在になるのは嫌だと知っていたから…。

吉賀の気持ちは素直に、嬉しかった。
こんなふうに思ってくれる人がいるのかと知れば尚更…。
がんばっていこうと思えてくる。
だけどやっぱり、吉賀にまで自分の借金の事を感じさせたくはなかった。
それが、拒絶という、隔たりに変わっていく。

「俊…」
今一度呼ばれた声に涙がこぼれそうになった。
甘えたい思いは俊輔の中で燻っている。
「吉賀の気持ちは…、すごく嬉しい…。でも…、自分でなんとかしなきゃって思ってるから…」
「それは何?俺じゃ役に立たないってこと?!俺、俊輔のためならなんだって…っ」
言いかけた言葉を視線と掌で遮った。
もう、それ以上は聞きたくない。
嬉しさはもちろんあったけれど、それ以上に彼を苦しめてしまうのではないかという不安がつきまとう。
借金なんて、背負って嬉しいものじゃないだろう。
それでも、吉賀が俊輔を望んでくれるのであれば…。
一刻も早く全ての返済を済ませて、吉賀と並べる存在になりたかった。
それまで待ってくれるというのだろうか…。

「ごめん…」
もう一度呟いた言葉に、意味が分からないと首を横に振られる。
「俊輔は、俺じゃダメって言いたいのかっ?!」
ちがう、そんなんじゃない。だけど受け止められ方は違いすぎていて…。
「俊…」
間近で囁かれた声が鼓膜を震わせた。
触れてくる指先がはれものを扱うように丁寧に撫でてくる。

なんて答えようか…。
募る思いが全身を駆け抜けていく。
素直に伝えてしまえばいいのだろう。だけどそれをしたら、吉賀は今まで以上に俊輔のことを気遣い、特別な…、可哀想な存在として抱き締めてくるのではないだろうか。
そんな位置に落とされたくもなかった…。

対等…ってどうしたらうまれるんだろうか。

組伏せられた下、かぶさってくる熱を感じる。
憧れて焦がれて願って…。
今、その瞬間が訪れたというのに、二人の間に漂った気持ちは離れていくものばかりだ。
「俊…」
響いてきた声はいつも以上に優しかった。
溺れてしまえたらどれだけ嬉しいのだろう。
掠れた声は、二人が共に暮らすことの難しさを伝えるように小さく響いた。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ 
ぽちっとしていただけると嬉しいです

関連記事
トラックバック0 コメント2
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
No title
コメント甲斐 | URL | 2011-09-12-Mon 18:04 [編集]
わお、ますます暴走してません?
吉賀ったら俊輔がほしいし、可愛くて守ってあげたい気持ちわかるけど
俊輔だって男の子だもんね
自分の悩みや苦しみを丸投げにして対等に付き合いたいって気持ち分かってあげなきゃ
Re: No title
コメントたつみきえ | URL | 2011-09-13-Tue 11:00 [編集]
甲斐様
こんにちは。
また暴走している吉賀です。

> わお、ますます暴走してません?
> 吉賀ったら俊輔がほしいし、可愛くて守ってあげたい気持ちわかるけど
> 俊輔だって男の子だもんね
> 自分の悩みや苦しみを丸投げにして対等に付き合いたいって気持ち分かってあげなきゃ

吉賀、欲しいんでしょうね~。
なんだけども、もうちょっと俊輔の気持ちも考えてあげないと…。
弱弱しいけど甘ったれ坊主じゃないんですよね、俊輔。
だから一生懸命並びたいって思っているんですけど。
先を急ぐ吉賀と、追いついていけない俊輔。いろいろと葛藤があります。
うん。吉賀がもうちょっと分かってくれたらいいんでしょうけれど…。
そこはやっぱりまだ23歳の…若気のなんちゃら…。
(23歳。そうなのか←オイ 若い気持ちが思いだせない…汗)
俊輔も素直に伝えられたらまた違うのかも。プライドが邪魔するんでしょうかね…。

コメントありがとうございました。
トラックバック
TB*URL
<< 2019/10 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.