FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
ただそこにいて 11
2011-09-04-Sun  CATEGORY: ただそこにいて
翌朝の朝には微熱にまで下がっていた。今日一日、安静に過ごせば問題ないだろうと言われて安堵したものだ。
やはり洗濯物は津和野が持って行っていた。下着までしっかり見られたことは恥ずかしさ以外の何物でもない。
出勤前の吉賀と津和野が俊輔の部屋で顔を合わせている。これもまた奇妙な光景だった。
「俊くん、何もかもがSサイズだったね」
「そんなもん、外見からだって分かるだろうが」
「大事なトコも、ね。柔らかくって可愛かった」
「なんだとーっ?!」
余計なことをわざと口に乗せる津和野に吉賀が目を見開く。
一瞬何のことだが分からなかった俊輔も、津和野の台詞を反芻して意味を理解した。
顔から火が出る思いだ。少なくとも褒め言葉ではないだろう…。
吉賀がギロリと見下ろしてきて恥ずかしがりながらも縮こまってしまった俊輔だ。
「俊輔っ!!このエロジジイに何されたんだよっ?!」
「な…なに…って…」
「また口の悪い台詞が~。俊くんの体を拭いてあげただけだよ。お風呂にも入れなかったしね」
津和野は飄々と言ってのける。”された”というより”してあげた”に置き換えるところも津和野らしかった。
「だからってチンコまで触ることないだろっ!俊輔っ、今度っから俺に言えっ!!エロジジイは何をしだすか分からないからなっ」
ニコニコと笑う津和野とは対照的に、吉賀は不機嫌極まりなく声を荒げる。
文句も言えないでいる俊輔を庇ってくれているのだろうか…。
しかし『Sサイズ』と言われたもやしのような体を吉賀に見せるのも抵抗がある。余計に生活も身体もみっともなさを晒すようで、変に同情されることは避けたかった。そんな風に気遣われたくない。
もうその話題は勘弁だ…と言いたげに、俊輔は二人に出勤を促す。
津和野はかなり自由がきく方だろうが、吉賀はそういうわけにはいかない。
二人一緒に仲良く出勤してくれればいい。
吉賀にひどい言われようをされても津和野はさりげなくかわしてしまう。そのあたりはさすがに受け止める大人というか…。度量の大きさに感心するというか…。
やっぱり人間としてはいい人なんだけどな…と内心で呟いた俊輔だった。

休み明け、俊輔は順調に仕事を終えた。やっぱり働けるっていい、と安心してしまう。
昨日、さほど体調が悪くもないのに、ゴロゴロと部屋にいたことは、無駄な時間を過ごしたような気がしていた。
食堂に向かう途中で、五つ年上の倉岳早良(くらたけ さわら)に呼び止められた。
同じ班にいる人間で、28歳のはずだが前髪を長く伸ばした黒髪のせいか、若干若く見える。
逞しいといえるほどではないが、俊輔のように明らかな細さもない。
彼もまた裕福な環境で育ったわけではないとは、いつかの飲みの席で聞いたことがあった。
借金話を自慢するわけではないが、似ている境遇は自然と打ち解けていく。
いつもであれば挨拶から始まって他愛のない会話に流れ、それとなく現状を伝えあうのだが、今日の倉岳には親しみを込めた雰囲気が微塵も見られなかった。
俊輔は自分が倒れて休んだこともあったし、何か迷惑をかけるようなことをしてしまったかと緊張感を走らせる。

「体調は?もういいの?」
「は、はい…。すみません、ご心配おかけしました」
棘々しさを含んだ口調はやはりいつもと違う。
おどおどと返事をしながら頭をぺこりと下げた。
「津和野先生が優しいのをいいことに、随分とこき使ったみたいだもんな。良くなるだろうよ、そりゃ」
「え?」
「往診させたうえに食事運ばせたり洗濯まで頼んだらしいじゃん。不幸少年気取って甘ったれてんなよっ」
倉岳の掌が突然俊輔の肩を押した。その強さに後ろへと数歩下がる。バランスを崩して転ばなかったのが良かったくらいだ。
「な、なに…?」
話がどこかで食い違っている…。みんなは俊輔が休んでいる間、どのような話を聞いたのだろうか。
でも今の倉岳に何を言っても聞き入れられなさそうだ。
何が倉岳を苛立たせているのかも良く分からず、呆然とする俊輔の、下がった分倉岳が前へ歩み出た。
「ウゼェ、おまえ」
吐き捨てた後、伸びてきた手に髪を鷲掴みにされる。怒りが込められているのを感じて恐怖心が芽生えた。
「痛っ!!」
掴んだものを振りまわすような力の込められかたに、俊輔から悲鳴のような声が上がると、まだ残っていた人間が争いに気付いた。
「何してんだっ?!おまえらっ!!」
班長の怒声が辺り一面に響き渡る。
倉岳の手は外れたが、今度ばかりは俊輔も地面に尻をつけた。
「俊輔っ?!」
慌てて近づいてくる吉賀の姿が振り返った先に見えた。
体調が良くなって、浮かれて戻ってきた気分が、この一瞬で粉々に砕け散った。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ 
ぽちっとしていただけると嬉しいです。
関連記事
トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/10 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.