FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
ただそこにいて 8
2011-09-01-Thu  CATEGORY: ただそこにいて
R18 身体的な表現があります。閲覧にはご注意ください。


「せんせーっ!!!」
俊輔の叫び声なんて聞こえていないといった感じの津和野だった。
どうにか袖をすべて通し終わり、シャツの裾を引き下げて、背後に立つ津和野の手を叩く。
「あまり肉付きが良くないね。栄養いっぱいとらないと」
「もういいですってばーっ!!」
「何言ってるの。まだ全身拭き終わっていないじゃない」
「いいーっ!!もう、いいーっ!!」
慌てふためく俊輔とは対照的に、津和野はいたって落ち着いていた。その落ち着きぶりが憎らしいくらいだ。
一時的にでも隠そうと布団を手繰り寄せようとした手を逆に払われて、うつ伏せにされた。
再び湿った布が腰から尻のふくらみ、太腿とふくらはぎへと滑っていく。
前の部分が見えなければ、俊輔も少しは羞恥心から逃れられるというものだろうか。
膝を曲げられて、足裏まで丁寧に拭われていくのは、確かに嫌なことではないけれど…。
容赦ないのが津和野だ。

またコロンと正面を向かされて、慌てて両手で隠した。
「せんせっ、もうっ…っ!」
「一番大事な場所が残っています」
津和野はニコニコと実に楽しげである。
上を向いた太腿の部分を拭きながら、硬く閉じる足を少しずつ開かされる巧み(?)な技で、見事中心の部分にタオルが当たった。
「ほら、手をどかして」
「やだーっ」
「タオルで隠れているんだからいいじゃない」
俊輔の体中を拭いてきたタオルがぱさっと、必死で隠す手の上からかけられる。
直視されない状況になったというだけでホッとしてしまい、強張った腕からも力が抜けた。
これなら自分で拭ける、とタオルの下から手を引き抜いたのも安易な考えだった。
颯爽と津和野はタオルごとくるんで掴んでしまった。
「にゃぁぁぁっ?!」
他人に触れられたことで、俊輔はひっくり返ったような奇妙な声を上げた。
掌にすっぽりと収まってしまう大きさの性器は、今や津和野の手中である。
大事な部分を人質(?)にとられては、変に体を捩らせることもできなくなった。
「衛生的に保たなければならないところだからね。病気になりたくないでしょう」
直接見られているわけではないが、安心できる状況でもない。
「せんせーっ!!」
ふにゃふにゃの性器を持ち上げられて、もう片方の手がやはりタオルごと嚢を包みこんだ。
「あぅっ」
「はい、膝あげて」
言われなくても自然とかかとに力がこもってしまうのは本能なんだろうか。
ぬぐわれる(揉み扱かれる)気持ち良さに犯されていく。
両方の手が器用に動いて、汗でムズムズとしていた部分を快適にしていった。
尻の谷間までしっかり手が伸びて後孔の上まで拭きあげていく。
だけどこの行為は衛生的にしてもらって単に気持ちいい…だけで治まらなくなっていく。
敏感な部分に直接の刺激があるのだから、男としては当然のこと…。

…つかっ!絶対にわざとやってるっ!!…

「やめっ…!それ以上…っ!!」
大慌てで津和野の手をはがそうとするが、逆に強く握りこまれてしまった。痛いほどではないが、その加減がまた新たな刺激となった。
「良かったね~。ちゃんと機能するよ。高熱で不能になったらどうしようかと思ったけど」
それしきのことで…と俊輔は内心で思うが、声に出すまでには至らなかった。そんな余裕がなかったというべきか。
確実に津和野は俊輔の変化を感じ取っているのである。
「やぁ…、せんせ…っ」
「俊くん、可愛い声で啼きそうだよね。今度是非聞かせて」
ズクリと熱を宿し始めた中心を感じて、俊輔は思わず瞳を潤ませた。
それすら、見られて楽しいといった感じの津和野である。

「せんせ~…」
俊輔から情けない声が零れるのと、部屋の呼び出し音が響くのがほぼ同時だった。
二人の気が急に削がれる。
俊輔は神の登場だ、と思ったくらいだ。
だが津和野はあたりまえの流れのように受け止めている。
「いいタイミングだね。体も綺麗になったし、たっぷり栄養をつけてね。今後頑張ってもらわないと」
ニコリと笑った津和野は何事もなかったかのように、汚れたタオルを持ちバスルームに置いて手を洗ってから、入口のドアを開けに向かう。
その隙に俊輔はもぞもぞと衣類を身につけようとした。
ドアを開ければ全てが見渡せるような部屋だ。今の俊輔は下半身丸裸という状態だった。
しかし慌てては何もうまくいかず。結局布団に潜るということで誤魔化すしかなかった。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ 
ぽちっとしていただけると嬉しいです。
関連記事
トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/12 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.