FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
ただそこにいて 7
2011-08-31-Wed  CATEGORY: ただそこにいて
世の中がお昼休みになろうという頃、津和野が容体を見に俊輔の部屋を訪ねてきた。
吉賀が出勤したあと、俊輔はまた眠ったおかげで朝よりもずっとすっきりしていた。
今度は呼び出し音に気付き、俊輔が鍵を開けてやって津和野を迎える。
ここに来るのは2度目であるはずなのに、慣れたように上がりこんでは俊輔をベッドに寝かせた。
「どう?…あぁ、随分熱が下がったね」
額に掌を乗せた津和野が様子を確かめる。
「今朝、また座薬、入れたから…」
一応使用した薬の報告はするべきかと思い伝えれば、意外そうな顔をされた。
さすがに吉賀に無理矢理入れられた、とまでは言えない。
「そう。自分で?ちゃんと入った?」
俊輔が自分の部屋にいるのに、他の誰の手を借りたのかという質問はないだろう…と愚痴りたくなる。
実際、自分ではできなかったわけだし、見透かされている恥ずかしさも浮かんだ。
戸惑いがあっても俊輔がコクコクと首を縦に振ると、「ふーん」と納得してくれたようだった。

「食堂に頼んでご飯を運んでもらうよ」
津和野は携帯電話を取り出すと、たぶん食堂だと思われるところに連絡を入れている。
一社員に対してそんなサービスはよほどのことがない限りはしてもらえることではなく、津和野の存在の大きさを知らされた。
大概は昨日の吉賀の発言のように、身近な人間に頼むしかない。
黙って津和野のやり取りを聞いていた俊輔だったが、津和野が来てくれたことでホッとしたところもあった。
無事回復していることのお墨付きをもらった気分だ。

通話を終えた津和野に、ふと気付いたことを聞いてみる。
「先生、シャワー浴びても平気?」
「はぁ?ダメに決まっているでしょう。まだ熱、下がり切っていないんだよ」
「うん…、でも仕事してそのままだし…、汗もかいたから着替えただけじゃなんか気持ち悪くて…」
「それなら今拭いてあげるよ。それだけでも随分とサッパリすると思うよ」
狭い部屋である。ましてや私物なんて多くを持たない俊輔の部屋にあるものなど、一目瞭然といった感じだ。
きびきびとした動きでバスルームに行ってしまった津和野は、濡らしたタオルを持って戻ってきた。
「え?先生?」
津和野の動きを確かめる間すらない。
干しっぱなしだった数日前の洗濯物も一緒に持って来られて、津和野は俊輔の上半身をあっという間に裸にしてしまった。
「早くしないとご飯が来ちゃうからね」
「あ…」
ほど良い温度に湿らされたタオルが首回りを撫でると、抵抗しようと思うよりも先に気持ち良さに見舞われる。
流れるような動作は、長い時間空気中に晒していたくないためか。
しかし拭い残しがないのはさすがである。絶妙な力加減で擦られるのは自分でやるよりも気分が良いものだろう。
コロンとうつ伏せにされて背中を拭われるのは、また格別の気持ち良さだった。
津和野は腰までを拭いて一旦手を止めた。当然ここで終わりだと思った。
新しい着替えに袖を通すその隙に、不意に太腿の下に片腕を潜らせ、今度は下半身の衣類を下着ごと脱がされてしまう。
「ちょーっ?!先生っ!!!」
勢いの良さは脅威だ。
津和野はいつもと変わらずにニコニコと人の良い笑顔だった。
津和野にとってこういったスキンシップは"普通"かもしれないが、俊輔にとっては初体験である。
「昨日は仁多くんもいたからゆっくり見てもいられなかったけれど。俊くんの、可愛いね」
シャツを着ようにも妙なタイミングでひっくり返されたために腕が自由に聞かなかった。それを承知の上で、俊輔の柔らかな性器をちょんちょんとつつく。
「せんせーっ!!!」
お尻を触られたのは医療行為という名目があるだろうが、あきらかにソコは違うだろう。
…しかも『可愛い』って…。
咄嗟に身を捩れば、今度は尻が丸見えの状態になった。
もたもたとしか動けずにいる俊輔の尻を、温かなものが撫でた。
布ではない、素肌の感触…。
汗で湿ったせいか、掌が吸い付いてくる。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ 
ぽちっとしていただけると嬉しいです。

セクハラお医者様…。
関連記事
トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/08 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.