FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
ただそこにいて 6
2011-08-30-Tue  CATEGORY: ただそこにいて
頑なに首を横に振った俊輔に対し、「おまえ、いつまで休む気だよ」と半ば冷たくもとれる台詞が落ちてきた。
冷たいようであるが発破をかける優しさだ。
同じ班で働く人間には迷惑をかけている。俊輔とて、長くなんて休んでいられない。吉賀なりの生活を危惧する気遣いなのだとは今までの付き合いで分かりはしたが…。
分かる言葉だったが、この先は自分自身でどうにかするべきなのだと知れてくる。
「薬、飲む…。座薬も自分で…」
「できんの?今、俺がいるんだから甘えとけって」
誰だからいい、という問題でもなかった。
親切心はありがたいが、ここまでくると、それこそ津和野並みかそれ以上の”過剰”さがみえてくる。
そこまで心配されることは、確かに一人にされていないと思えて嬉しいのだが…。
特に吉賀に対しては殊更深い感情が芽生えてしまう。
どこまでも見捨てられないような…。

俊輔が自分でする、と言ったことに、吉賀は特に文句も言ってこなかったが、間違いなく薬を『飲んだ』という証拠を見せろと迫ってきた。
飲み干す錠剤はなんの無理もないものの、下腹部に押し当てなければいけない『飲み方』は、人前でやるには大きな抵抗がある。
恥ずかしさはもちろん、同時に津和野に押し込まれた窮屈感と痛みが甦って、一瞬震えた。
痛みがあると分かることを、自分からしたくはない。
そのことを、しっかりと吉賀は読み取っている。たぶん、津和野が目の前にいても同じことだろう。
注射を脅える子供みたいだ。
さらに、好きな人に見られること、と、医療行為だと慣れた仕草で津和野が扱うこととははっきりとした違いがあり俊輔を苛んでくる。

布団の中に埋もれて動かない俊輔に、催促する言葉が投げかけられた。
「できねーんだろ」
吉賀の言葉にはいつもと違って、棘があるように感じられた。
出勤前で、また急遽休みになったことでいら立たせているのか…。
「できるっ、できるできる、できる~っ!!!」
咄嗟に吉賀を遠ざけようとしたことも失敗に終わった。
上辺だけの口調だと、これまでの経験で知られている…というべきか…。
簡単にねじ伏せられて緩い部屋着があっという間に剥かれた。
うつ伏せにされ尻を剥き出しにされた状態だ。

「よし…っかっ、吉賀っ、ダメダメっ!!どこ触ってんの~っ!!」
「先生に見せられても俺はダメってか?!薬、入れるだけだって言ってんだろ―。大人しくしろっ」
怒鳴りつけられて逆らう気もそがれていく。
もう、絶対に、二度と風邪なんか引かない、と涙ぐみながら俊輔は思った。
自分で見られない場所をこんなふうに晒して弄られるなんて…。
しかも汚い場所だ。吉賀の手を汚すようにも思えた。

昨日の津和野のように、横向きにされ手際良く膝を『く』の字に曲げられる余裕もなかった。
うつ伏せにされたうえに、足を開かされて重りのような吉賀の体が俊輔の背中を押さえつける。
つぷっと潜り込んできた異物が、また俊輔を苦しめた。
「いたぁぁぁ」
「え?!これ、どこまで入れりゃあいいの?」
俊輔の逃げようとする激しい身の捩り方に、津和野と同じようにしたつもりの吉賀も動きを止めた。
不躾なほど勢いよく指を突っ込まれたからだと、その差は俊輔には分からない。
ただ、はっきりと『痛い』と感じられたことは、津和野と違うのだと思わせた。
長くとどまろうとする指の存在が、余計に苦しさを増してくる。

「はぁぁぁっっっ!!!」
激しい息をついたあと、吉賀の指が抜かれた。
俊輔ですら想像しなかった奥まで入れられた気分だった。
見動き一つとれずに伏せる俊輔に、「ごめん…」と気遣う吉賀の言葉が届く。
俊輔の体調を気遣うからこそ、行ってくれた行為…。
しかもあんな場所まで指を入れてくれる『薬の飲ませ方』には、感謝するべきこと…。
感謝とジンジンとした痛みと、ここまで気遣ってもらえる喜びに俊輔は言葉を無くしていた。有り難いことなのだ…。
グスグスと泣く姿を見られては「ごめんな…」とうまくできなかったことを何度も謝られてくる。
だけど確実に座薬は奥に治まっていた。
吉賀が悪いわけではない。心配をかけているのは自分であって、班にも迷惑をかけていて…。
少しでも早く職場復帰ができるようにと、吉賀も気を使ってくれただけのこと…。

俊輔は静かに首を振ると、「もう仕事に行って…」と静かに促した。
自分の体調が悪くなったことで、吉賀に必要以上に神経を使わせたくなかった。
「鍵、まだ持っていていい?なんかあったら呼べよ。あのスケベジジイは俊輔の体だけ狙っているようなやつだから気をつけろ」
冗談とも本気ともとれない言葉が吉賀から零れてくる。
軽はずみな発言が特徴ともいえる津和野の態度は皆が知っていたことだけれど…。
こうまではっきりと言われると、意味があるのかと思ってしまう。
「ん…」
だけど、考えたくない重たい頭があったのかもしれない。
俊輔は吉賀に頷く返事をするだけに留めた。
誰もが信頼を置いている、優しくて頼りになる、医者だと思ったから疑うこともしない。
津和野は俊輔が入社した時からいろいろと構ってくれた頼りになる『兄貴分』の存在だったのだ。
寝込みを襲われる事態、ということを知らなかった。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ 
ぽちっとしていただけると嬉しいです。
またやった…、間違い飛ばし…。
記事記録あるのに、12時間以上お待たせするのはどうかと…←勝手に思って…up
関連記事
トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/12 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.