FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
ただそこにいて 1
2011-08-26-Fri  CATEGORY: ただそこにいて
半導体の製造工場で働く宍道俊輔(しんじ しゅんすけ)は突然工場内で倒れた。
間もなく終業時間という頃、顔を赤くした俊輔がボーッとした様子で、床にしゃがみこんだ。
それを近くで見ていた同僚の仁多吉賀(にた よしか)に支えられる。
「俊輔?!」
「あ、ごめ…。なんか熱くて…」
俊輔に触れた吉賀が驚いて声を荒げた。
「ばかっ!おまえ、すげー熱じゃんっ」
しゃがみこんで朦朧とした様子の俊輔の回りに、わらわらと人が集まってきた。
「班長!俊輔、風邪みたいっ。熱、すげーのっ」
「医務室に運んでやれ。ここはいいから」
さすがに現場に病人を放っておくほど無情な職場でもない。
小柄な俊輔は、部品の箱でも担がれるかのように、ひょいっと吉賀の肩にあげられた。文句を言いたくてもその気力すらなかった。
同じ年でありながら、吉賀はなにかと人の面倒を見てくれる温かみがあった。力仕事で頼りにする部分も大きい。
精神的な面でも体からにじみ出るようなおおらかさを兼ね備えている。
幾つかに分かれる労働班内で、班長も一目置く信頼がある。
誰でも分け隔てなく構ってくれる性格は、上司に対しても打ち解けた言葉使いであり、また嫌悪されない不思議な魅力を発している。
その優しさに触れるたび、俊輔の恋心は大きくなっていった。包み込んでくれるような人の良さに惹かれてどれくらいだろう。
こんなふうに心配されるのも、悪いと思いながら心地良く感じていたのだ。

広大な工場の敷地内に医務室はある。
ちょっとした怪我からメンタル面も見てくれるのは、社員にとってありがたいことだった。
工場で働くほとんどの独身人間は社員寮で暮らしていた。
そんな人間にとって気分転換にもなる場所で、俊輔も何度か来たことがある。
雑談にまで付き合ってくれる医師の津和野知名(つわの ちな)は、癒し(というか、友人並み?の気安さを持つ)の存在として人気を集めていた。
体力勝負、と良く冗談で口にするが、それを裏付けるように鍛えられた体躯をしている。下ネタまで平然と口にする姿は赤面することもあるが教えられることも多かった。
30代も半ばの世間慣れしているところも親しみやすい理由なのか。変に隠さないところが良い…という話だ…。
少しばかり髪の色を抜き、茶色く染めているのも若々しさといい加減さ(?)を醸し出していた。

高校を卒業してすぐに働き出した俊輔にとって、津和野は良き兄貴といった感じだった。
勤め始めて5年。入社した時にはすでに津和野は勤務医としてここにいた。
社員数が多い、工場の人間なんて全部なんか覚えていないのだろうが、華奢な体つきが印象に残っているのか、俊輔の名前は知られている。
「津和野センセー、俊輔、熱出してるんだけど~」
医務室のドアを盛大に開けた吉賀は狭い室内のベッドがある場所に俊輔を下ろす。
すでに見知った部屋内だけに、躊躇いも何もない。

「熱?いつから?」
「分かんない。さっき、いきなり倒れてさ~」
答えるのも億劫な俊輔の代わりに吉賀が津和野と会話を進めていた。
燃えさかるような体が熱くて喉がカラカラだ。
吉賀に寝かされたベッドの脇に津和野が立ってくる。触診だけでも状況は理解できる津和野は一瞬にして眉間を寄せた。
「だいぶ熱があるね」
「俊輔のやつ、何もいわね―んだもん。体調悪いなら悪いって一言いえばいいのに」
「この子も頑張り屋さんだからね」
吉賀が愚痴るのを宥めるように津和野は苦笑いを浮かべる。
どんな状況であれ、責めないのは彼の優しさと言うべきなのだろうか。
制服でもあるユニフォームは前ファスナーの上下分かれたタイプのものだ。
津和野は胸元のファスナーを一気に下ろすと、アンダーシャツに染みる汗の具合を確かめる。
「このままじゃ体が冷えるだけだな」
「着替え?俺、寮行って持ってこようか?」
社員寮は8畳一間の全て同じ作りではあるが、住人がいないのに勝手に入るわけにもいかない。
この場合、吉賀の衣類を持ってこようという話なのだろう。
そこまでされることの親切心に余計に胸が熱くなっていく。
「だいじょ…、俺、帰るから…」
だからって甘えるわけにもいかない。ない気力を振り絞って声をあげると、目の前の二人が揃って溜め息と声を上げる。
「もう少し様子を診させて」
「この状態で一人でどうするつもりだよ」
優しいのが嬉しくて、気弱な心にスーと染み込んでくる。じんわりと眦が涙で濡れた。
誰にでも同じように振舞われる態度を知るから、特別じゃないと自分に言い聞かせるのに、浸食してくるものがある。
一人淋しく暮らす日々だから余計…。
吉賀と同じ班になれたことは、最大の幸せであり、最大の不幸でもあった。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ 
ぽちっとしていただけると嬉しいです。

いつものように見切り発車…。
関連記事
トラックバック0 コメント2
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
No title
コメント甲斐 | URL | 2011-08-26-Fri 08:45 [編集]
心とか身体とかが弱ってるときに
やさしくされるとほろっと来ちゃいますよね

今度はどんなお名前がつくのか毎回楽しみなんですよ
津和野かぁ
なんかそれだけで癒し系って感じします
Re: No title
コメントきえ | URL | 2011-08-26-Fri 15:17 [編集]
甲斐様
こんにちは。

> 心とか身体とかが弱ってるときに
> やさしくされるとほろっと来ちゃいますよね

弱っている時は、もう、効果てきめんですよね~。
俊輔は片思い中なんですけれど…。そこも分かってくれるお医者様なのかしら。
って、そこで傾いては…。(まぁ、それでもいいけど。←オイ)

> 今度はどんなお名前がつくのか毎回楽しみなんですよ
> 津和野かぁ
> なんかそれだけで癒し系って感じします

名前を楽しみにヽ(゚∀゚)ノ
いやぁぁぁ。なんて付けようかは毎回悩んでるところですけど。
(一応、今回は九州で…)
津和野の癒し系な人柄はどこまで発揮されるでしょうか。
(津和野って癒し系なのか。そうか…φ(..)メモメモ)
コメントありがとうございました。
トラックバック
TB*URL
<< 2019/12 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.