FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
見下ろせる場所 49(最終話)
2011-08-23-Tue  CATEGORY: 見下ろせる場所
「皆野~」
今日も帰れば出迎えてくれる存在がある。
飛びついてくる華奢な体を受け止める。
初めてこの手に触れた時から引き寄せられるものがあったのではないだろうか。
突然抱きつかれて驚いた日が、なつかしい…。嘘ではあっても助けを求めた姿。もしかしたらその一瞬にも『岩槻』から逃れたい気持ちがあったのではないかと巡ってしまうのは深読みしすぎだろうか…。
今は自分がいる。他人の家の中で、孤独になり淋しがることなどなくていい。

岩槻が持つ事業と、奔放に過ごす慎弥の間で燻ったもの。
慎弥自身、岩槻家が関わる事業に関わりたくないと発言していた。
自由に過ごさせてもらっていることは逆に重荷だったのだろうか…。
皆野が間に入ったことで、慎弥が葛藤することなく過ごせるのならそれだけでも嬉しいことになる。
慎弥だけに留まらず、皆野も充分過ぎるほど生活を変えてもらった。感謝の言葉は言い尽せない。
自分が人の上に立つ立場になるなど、考えてもいなかったことだ。

夕食を食べ終え、部屋へと引き上げた後、当面の慎弥の予定を確認する。スケジュールなどすぐに変わるもので、時々慎弥はその変更点を忘れるため、先に聞いておいたほうが無難だった。
些細な会話の中から拾いだしたりもする。
岩槻と同じに…とは思わないが、やはり負担は減らしてやりたいし、比べられるのも気持ちいいものではない。
まぁ、そうやって慎弥のことを知り尽くせることが、一つの優越感を生んでもいるのだけれど…。
テレビの前に置かれた三人掛け用のソファに座り、皆野はテーブルの上に自分用のウィスキーの入ったロックグラスと慎弥のココアのカップを置く。
「データ収集?…泊まり?」
「そう。1週間くらいかな」
「あぁ。また教授たちと生態のナントカ…ね」
こうして調査に出掛けて行くことも多々あった。
以前は慎弥がいないことで身の置き場を考えさせられることもあったが今では溶け込み過ぎてそんな心配もない。
家で待つ慎弥を考えない分、岩槻に「早く帰って」とせっつかれることもなくなる。
だからといってダラダラと仕事をする気もないが。

「じゃあその間に岩槻さんと飲みにでも行ってこようかな」
「えーっ?!ずるいっ!!征司くんと毎日会ってるの、皆野のほうじゃんっ!!」
「ずるい…って…。あまり嬉しくないセリフだけど…」
『兄』に嫉妬する自分もどうかと思うが、あからさまに頬を膨らまされては気分がいいとも言えない。
手を伸ばして慎弥を抱きすくめると、いつものようにゴロゴロと擦り寄ってくる。
岩槻に言わせれば、慎弥に毎日会っているのは皆野だろうという話になりそうだ。
「はいはい。たまには家に寄ってって今日も話をしたんだけどね」
「あそこんちはあそこんちでラブラブでやってるからいいんだよ」
「それは嫉妬ですか?」
冗談半分に問いかければ睨み上げてくる瞳がある。もちろん愛情の種類が違うことは百も承知の上での、半ば嫌味だ。
「皆野、きらい…」

比べようがないのは充分理解している。時々こうして嫌味を混じらせると、決まって慎弥は抱きつきながら「きらい」を発する。
その仕草がまた可愛くて、つい言ってしまうのも悪い癖と言うのか…。
慎弥の髪を撫で、額にくちづけを落とす。
謝罪の意味も含まれているが慎弥は気付くだろうか。
「好きだよ」
耳元で囁いた言葉に慎弥が顔をあげてくる。鼻先に寄せた唇を追いかけるように慎弥の唇が動く。
慎弥から仕掛けてくるキスは嫌いではない。寧ろ喜ばしい。
皆野が応える姿勢をとってしまうのもまた、楽しめることの一つだった。

いつでもこうして受け止めよう。
全てを見渡せるように努力をしよう。
公私共に支えてくれる人たち。自分を築き上げ、ここまで引き伸ばしてくれた人たちのためにも。
皆野は今いる場所を深く感じて幸せを噛みしめた。

…明日も階段を一つずつ、昇っていく…。


―完―

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ 
ぽちっとしていただけると嬉しいです。

長いことお付き合い感謝です。高いところまで昇っちゃった皆野サンでしたね~。
関連記事
トラックバック0 コメント2
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
No title
コメント甲斐 | URL | 2011-08-24-Wed 13:15 [編集]
”慎弥のことを知り尽くせることが優越感”だなんて、皆野サンらしい独占欲ですね
しんちゃんの言う「きらい」が『すき、すき、だーい好き!』って聞こえます
あるいはもっともっとかまってよー、かな
幸せな家庭がずっと続きますように
Re: No title
コメントたつみきえ | URL | 2011-08-25-Thu 11:08 [編集]
甲斐様
こんにちは。

> ”慎弥のことを知り尽くせることが優越感”だなんて、皆野サンらしい独占欲ですね
> しんちゃんの言う「きらい」が『すき、すき、だーい好き!』って聞こえます
> あるいはもっともっとかまってよー、かな
> 幸せな家庭がずっと続きますように

もう勝手にやってくださいって言いたくなるくらいイチャイチャしています。
意地っぱりでもある坊やですからね~。
意味は真逆のことで…。
ぎゅーってしている時点で、もう、ね…。
幸せな家庭を築いてくれることでしょう。
コメントありがとうございました。
トラックバック
TB*URL
<< 2019/08 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.