FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
見下ろせる場所 38
2011-08-11-Thu  CATEGORY: 見下ろせる場所
部屋の中に慎弥がいる。
それが当たり前のことになっている。
当初、週に1、2度でも訪れてくれればいいと思っていた存在は、週の半分を占めた。
特に約束したわけではないのに、皆野の早上がりの日、そして休みの日には必ずいてくれる。そのことがとても嬉しい。
暗がりになるというのに、慎弥は小さな明りの下、ベランダで皆野を待っていた。

「そんなに見ていても成長しないって…」
今日もベランダで過ごす姿を見て、皆野が半ば呆れた声を上げた。
生態系、というものに興味が惹かれたとしても、植物は一日二日で目に見えての成長などしない。
だけど、慎弥にとっては少しずつ動く何かが新鮮なようだった。
皆野では気付かないものも、みえているのだろうか。

「お水、あげていただけだもん…」
「やりすぎて根ぐされおこすぞ」
「そんなに…あげないもん…」
「どうせなら俺にくれよ…」
慎弥を抱え上げてリビングに戻す。大人しくしている存在ではあったが、何か言いたそうなのは雰囲気から伝わってきた。
相変わらずな、淋しさの表れだ。
冗談半分に告げることに、少しだけ安堵が混じった気がするのは自惚れか…。
傾ける愛情、潤いが欲しいのは自分の方だと言ってしまってから、少しの後悔が混じる。
欲を果たす為の相手としては捉えられたくはない。
だが、幾度もこの場所に訪れているというのに、交わっていないのも確かなことだった。
不満の一つも漏れてくる。

岩槻はあっという間に屋敷を出たようだった。
その分慎弥の淋しさも募っているような気がする。
ここに通う数が多いのも、その反動なのだろうか。
そう思うと悔しさも混じる。皆野を欲してほしいという願望が溢れた。
家族は以前から承知していたのだろう。慎弥も、相手を知る限り、事の流れは理解していたことなのだと思う。
慎弥の心が付いていけなかったと言われたように、やがて来ることは慎弥も分かっていたのだ。
改めて慎弥が傷つかなければいい。ただそれだけを皆野は願っていたけれど…。

慎弥を抱え上げ、リビングの間に伏せた時、戸惑いがちに見上げてくる瞳があった。
くちづけを落とそう、そう思った前のことだ。
「慎弥?」
何かを言いたそうなのに言えない…、そんな雰囲気だった。
慎弥に躊躇いを持たせたくない…。そう思う心が先を促す。何を言われても受け入れるからと…。

「…征司くん…、今度の事業に、皆野、引き抜きたいっていった…」
「はぁ?!」
突然の話に何のことかと瞠目する。
安月給だが、生活に困るほどではない。
いや、しかし、慎弥を食わせていけるかと問われたら確かな無理がある。
少なくても慎弥が送ってきたレベルの生活はさせてやれない。
何もかもを見透かされた気分だ。

それを、変えようというのだろうか…。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ 
ぽちっとしていただけると嬉しいです。
関連記事
トラックバック0 コメント2
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
No title
コメント甲斐 | URL | 2011-08-12-Fri 00:00 [編集]
引き抜きですな
お兄ちゃんは皆野サンを身内扱いっていうか
義弟としてそばに置きたいみたい
皆野サンのように優秀な人材が欲しいのは本当でしょうけど
扶養家族を養っていくには心もとないなんて思ったんじゃないでしょうか
お兄ちゃん過保護だし
可愛い弟が不自由しないようにって
いい兄ちゃんだよね~
Re: No title
コメントたつみきえ | URL | 2011-08-12-Fri 08:52 [編集]
甲斐様
こんにちは。

> 引き抜きですな
> お兄ちゃんは皆野サンを身内扱いっていうか
> 義弟としてそばに置きたいみたい
> 皆野サンのように優秀な人材が欲しいのは本当でしょうけど
> 扶養家族を養っていくには心もとないなんて思ったんじゃないでしょうか
> お兄ちゃん過保護だし
> 可愛い弟が不自由しないようにって
> いい兄ちゃんだよね~

お兄ちゃん、どこまで手をかけたいんでしょうか。
まぁ、皆野も良い働きをする人ですから、埋もれさせるのも勿体ないのでしょう。
おまけに大事な慎弥のこともあるので。
そう、不自由しないようにね。
だからといって仕送りされても皆野のプライド、傷ついちゃいますから、うまく話を作ってます。
過保護もここまでくると…。
皆野にとっての好条件揃えまくってますよね。
コメントありがとうございました。
トラックバック
TB*URL
<< 2019/09 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.