FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
見下ろせる場所 32
2011-08-05-Fri  CATEGORY: 見下ろせる場所
R18 性描写があります。閲覧にはご注意ください。


視線を伏せて潜っているつもりだろうが、皆野からは全て見えている。
行動を起こしては、そのあとで後悔するのは慎弥のパターンでもある。
結局今も、自分から誘う台詞を投げかけて、事の重大さに気付いて改めて照れているわけだ。
「…ったく…」
呆れと苦笑の混じったその悪態は、慎弥に向けてというよりも自分に向けてのものだった。
そこまで言わせてしまったのも、やっぱり自分…。

慎弥の髪を梳き、また額や瞼にくちづけを落とすと、伏せられていた睫毛が瞬いた。
「草加さん…?」
皆野の呟きに不安を覚えたのか、照れの中に脅えを宿す。
すぐそばであんなことを言われれば当然のことだろう。
否定する意味も込めて明るく話しかけた。
「ゴメン、ゴメン。慎弥くんに対してじゃなくてね。…、『据え膳食わぬ』かぁ…。そんな情けない男じゃ、岩槻さんにも嫌われそうだな」
「それって、俺も困るけど…」
「困らせるようなことはしませんよ」
ふざけた口調ではあったかもしれないけれど、至極真面目に。
皆野の発言に嬉しさを増した安堵の表情を浮かべる。『困る』と返してきたところで皆野にも笑みが浮かんだ。
こうやって自分に信頼を置いてくれている全てが愛おしく思える。
もうどうするのかを悩む時間すら惜しかった。

「好きだよ…」
まだ言ったことのなかった言葉を慎弥の唇の上で囁いて、もう一度吐息の混じり合うくちづけを贈った。
慎弥の舌を吸い上げながら急くようにシャツの裾に手を入れる。なめらかな肌が掌に触れた。
「んっ…」
唇の隙間から慎弥の驚いた声が漏れたが、決して抵抗ではない。
甘い吐息はますます皆野を夢中にさせた。余裕を保とうとするのに、指先はすぐに胸の突起を探しあてる。
「は…ふ…」
コリッとした感触に、早くもじっくり見たいのと、慎弥の反応を伺いたくなってくる。
零れた唾液を舐め上げ、首筋の柔らかさを唇の先で感じて…、徐に吸い付くと、「い、…っぅ…」と皆野の背中にあった掌が握られた。
すぐに離しはしたものの、見事なまでに情事を表す証拠が残った。
「…草加さん…」
「ごめん、やっぱりがっつき過ぎ?」
潤んだ瞳にいたずらっぽく問えば、「いいけど…」と、皆野の行動を咎めてはこない。フイと反らされる視線は、所有の証を残されたことを喜んでいるようにも見える。
口調を軽めにしているのは、自分の緊張を悟られたくない意地でもある。
慣れた…と思わせる余裕が、今の慎弥には悔しさにもなっているのだろうか。

皆野が貸したシャツの裾を両手で掴み引き上げると、慎弥は協力して脱がさせてくれる。慎弥にしては大きなサイズのものだから袖も首回りも簡単に抜けた。
下半身に纏った衣類も同じことだった。
一瞬、人に見られることに抵抗がないのか?と疑問が浮かんだくらいだが、全裸になった後にもぞもぞとしている態度は、皆野に合わせて余裕を持たせた振りをしている慎弥の虚勢なのだと知れた。
先程の皆野を誘う発言にしても、聞きかじったことを声に出していただけで、根は全く穢れていないことをまた感じる。
どこまでこの可愛さを見せられればいいのか…。どれだけ煽られればいいのか…。

さっき弄ってみた片方の乳首を、そっと指先で転がしてみた。
羞恥心を抱えているはずなのに、抗いもせずに皆野の好きにさせてくれる。それだけで思いが伝わってくるようだ。
もう片方を唇で食み、舌先で舐めて吸い付く。
「んん…っ」
快感があるのか、息をのむ姿がまたいじらしい。熱を持つ慎弥の体を、慎弥の肌に触れる全ての部分が感じ取った。
「かわいい…」
「言わな…っ…」
クスリと笑った皆野の動きだけでも、慎弥の体はぴくっと跳ねた。
唾液で濡らし嬲っているとツンと硬く尖ってくる。そのツンとした様が気高い慎弥を表すようであり、また素直に反応を示すところは純情なままの慎弥だと思えた。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ 
ぽちっとしていただけると嬉しいです。
関連記事
トラックバック0 コメント2
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
No title
コメント甲斐 | URL | 2011-08-05-Fri 09:09 [編集]
恥じらいながらも誘う様子が
いっそう相手を煽っているって気が付いてないんでしょうねぇ

心をきめて据え膳をいただきますする皆野サン
大人の余裕を見せたいところなのに
うっかり吹き飛んでしまいそうですね
くれぐれも暴走しないように
初心者なんだから(きっと)やさしくしてね・・・
Re: No title
コメントきえ | URL | 2011-08-06-Sat 07:21 [編集]
甲斐様
おはようございます。

> 恥じらいながらも誘う様子が
> いっそう相手を煽っているって気が付いてないんでしょうねぇ
>
> 心をきめて据え膳をいただきますする皆野サン
> 大人の余裕を見せたいところなのに
> うっかり吹き飛んでしまいそうですね
> くれぐれも暴走しないように
> 初心者なんだから(きっと)やさしくしてね・・・

大胆な行動に出るくせに恥ずかしがっている慎弥です。
そんな仕草に皆野もあおられっぱなし。
本人、無自覚なだけに困ったもんですね~。
皆野、覚悟を決めて、いただきま~す♪となりましたね。
それこそどんぶり飯を一気食いする勢い…にならなければいいです。
……え、と……、ほら…、躾の良い子猫ちゃんだから、フルコースで……(いや、そんなに長くえちは書きませんが…)
コメントありがとうございました。
トラックバック
TB*URL
<< 2019/08 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.