FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
見下ろせる場所 31
2011-08-04-Thu  CATEGORY: 見下ろせる場所
ゆっくりと仕掛けたくちづけが深くなる。舌を絡まされる行為に慣れないのか、時々細い体が震えて縋ってきた。
その度に皆野は力を抜いて、再び啄ばむ動きに変える。
どこまで慎弥を喰らってしまってよいかと皆野自身の中で葛藤を続けながら、一度始まってしまった行為は離れ難さを宿した。
自分の背に回された腕に力が籠るのを感じると、さらに煽られていく。
慎弥が持つ全てが興奮を運んでくる。
「ふぁ…ぁぁ……」
唇を離して慎弥から漏れた吐息の音を聞く。慎弥の耳朶を食み、耳の裏を舌で撫で、首筋に唇を滑らせるとぶるっと一際大きく慎弥の体が震えた。
さすがにまだ早すぎだろうか…。
横向きになっていた慎弥の体を仰向けにし、その上を跨るように皆野が乗り上げると、覗きこんだ表情は上気して艶っぽさを増していた。
一気に下肢に熱が集中するのを自身で感じ取る。
普段の子供っぽい仕草の中では見ることのできない色気はダイレクトに皆野を襲ってくるものだった。
皆野は苦笑を浮かべるしかなくなる。

「ごめん…。がっつき過ぎてる…」
こんな情けない自分の顔を見られるのも良しとは思えず、慎弥を抱きしめながら首元に顔を埋めた。
呼吸を整え気を静めたいのはこちらのほうである。
慎弥の淋しさにつけ込んで、慎弥自身に我を失わせるような、流させる行動はとりたくない。
いくら許可を貰っているとはいえ、まさかこの展開で慎弥に手出しをするとは岩槻も考えていないのではないかとか、色々な方面に思考を飛ばしてみる。
冷静な判断がとれると信頼された信用はがた落ちになりかねない。

どちらとも身動きを取らないまま、どれくらいの時間が過ぎたのだろうか。
お互いに、思い合う気持ちや巣食う感情などの整理ができるような長さだったろうか…。
トントンと慎弥の掌が皆野の背を叩いた。
顔を上げた皆野に、見上げてくる慎弥の視線が絡まってくる。
淋しさに脅えていた先程までの愁いが消えている気がした。
ほんの僅かの間に憑いていたものがとれたような清々しさがある笑みを見せた。
「俺…」
慎弥は一瞬躊躇いを見せたが、それは言葉を発することに対しての照れのようだ。
慎弥はいつだって、自分の本音を語る時に、こうして恥ずかしそうな、控え目な態度をとる。それが心の素直な言葉である時ほど…。
最初に堂々とした言動を見てしまっただけに何度も驚かされた。分かるから、告げたいことが嘘偽りのないことなのだと信じられるものでもあった。

「俺、草加さんのこと、好きだよ…」
「慎弥くん…」
「だから…、…だから、…いいよ…」
「でも、そんな簡単に…」
「草加さんにとって、『簡単』なの…?」
そんなわけがないと咄嗟に首が横に振れた。
あまりにも早すぎる展開についていけないのは皆野のほうか…。
無垢過ぎて、穢してしまうようで躊躇いがあるのも事実。岩槻との兄弟関係にかこつけた後ろめたさがあるのも本音。
「慎弥くんを守っていきたいんだ。大事にしてあげたい」
「だったら尚更…、…草加さんの…ものにしてよ…」
語尾は小さくて聞き取れないくらいの音だった。だけど肌が触れている密着した中では吐息の一つもきちんと届く。
皆野はその言葉の意味を理解しているのかと目を見開く。
恥ずかしそうに視線を伏せた慎弥とは合うことはなかったけれど…。

もう、頭を抱えたくなる、というのはこのことだろう。
どこでこんな殺し文句を覚えてくるのか…。
いまだ動こうとしない皆野に、この間の持たせ方が分からないといった感じで、慌てて隠れるように皆野の胸元に縋りついてくる。
「そ、それに…。………据え膳食わないのはナントカ、って征司くんに言われちゃうよ……」

絶句するしかない皆野だった。
それはつまり、岩槻に事の流れを報告する気でいるのだろうか。
そして、そんなことが言えるとは、慎弥の中で吹っ切れたものは、兄に依存してきた今までの自分なんだろうか。
新しく皆野に目を向けると決めた今、だからこそ見せる、この清々しい態度なのか…。
自己解決をしたと言わんばかりのその態度が、余計に皆野を煽ってくれる。
慎弥が躊躇いを捨てたとすれば、ここで留まっては確かに慎弥の言うとおり『男が廃る』状況ではあるのだが…。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ 
ぽちっとしていただけると嬉しいです。
関連記事
トラックバック0 コメント4
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
管理人のみ閲覧できます
コメント | | 2011-08-04-Thu 07:37 [編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
No title
コメント甲斐 | URL | 2011-08-04-Thu 23:28 [編集]
控えめで晩生なイメージのしんちゃん
でもやる時はやる!?
無邪気に誘うけど
皆野サン悩みどころですね
据え膳をどうしましょう
でもそんなにがっついては…
ん~
いっちゃいましょ、このまま
せっかくなので
さあ
Re: 天使か悪魔か?
コメントたつみきえ | URL | 2011-08-05-Fri 06:54 [編集]
K様
おはようございます。

> 奔放だったり 控えめだったり 大胆かと思えば 気弱だったり、大人の皆野さんを すっかり翻弄してる 小悪魔慎ちゃんですね。
> でも そんな慎ちゃんの 艶っぽい姿をもっと見てみたい。
>
> 皆野さん 据え膳食っちゃって下さいね~(^_^)v

感情任せに動く慎弥に、皆野、振り回されております。
とんでもない小悪魔に魅了されたものですね~(笑)
慎弥はこのあとどんなふうに皆野をいじくり(?)まわしていくのでしょうか。

はい、ここまで来たらがっつりとね。
コメントありがとうございました。
Re: No title
コメントたつみきえ | URL | 2011-08-05-Fri 07:00 [編集]
甲斐様
おはようございます。

> 控えめで晩生なイメージのしんちゃん
> でもやる時はやる!?
> 無邪気に誘うけど
> 皆野サン悩みどころですね
> 据え膳をどうしましょう
> でもそんなにがっついては…
> ん~
> いっちゃいましょ、このまま
> せっかくなので
> さあ

慎弥、やる時はやる…というか、お心のままに?!
皆野も悩んだようですが、目の前にある美味しいものは見逃しがたい~。
ソレ目的、みたいにがっついている姿は見せたくないし~な心境でしょうか。
でもお許し、出ているしね(^^)
コメントありがとうございました。
トラックバック
TB*URL
<< 2019/08 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.