FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
夏の遠足 11
2011-08-01-Mon  CATEGORY: 『想』―sou―
花火は田んぼが並ぶあぜ道のど真ん中で打ち上げられていた。
関係者以外近寄ることはできなかったが、回りに何もないため、道路端にいても全てが見渡せる。
一番前の特等席を準備した添乗員に連れられて、ビール片手に、つまみも用意して座りこんだ一行は顔を真上にあげて花火を楽しんだ。
地響きのように伝わってくる音が何とも言えない。

佐貫「寝転んで見た方が良さそうだな」
成俊「おうちゃくもの~」
一葉「近すぎて目がちかちかする~」
安住「首が疲れるのもわかるね」
那智「VIP席ってすごいんだね…」
久志「社長さまさまだな…」
千城「もっと大規模な花火大会がよければそちらでもいいが…」
英人「あんまり混雑するのは好きじゃない…」
神戸「千城が手配すれば混雑もないところに案内してくれるよ~」
日野「…狙ってんなよ…」
野崎「…(一番遠い花火大会は…←手配したくない人)ゴニョゴニョ」
雅臣「はいっ!リストです!!」(←すかさずイベント情報一覧表を見せる)
龍太「…つか、雅臣さんが行きたいんじゃ…???」(←好奇心旺盛な人を思う…)
雅臣「龍太、うるさいっ!!!」(←言い当てられてる)
久志「なんか…、雅臣さんの気持ちが分かるような…」
安住「???どういうことかな???」
久志「美味しいごちそうをくれそうな人を前に刃向かう気はない……って、いてぇぇっ」
那智「ヒサっ!!びんぼーくさいこと、言わないでっ!!!」
回りを見渡しても一番地味(?)な自分たちの恥を晒しているようで、すぐに那智から鉄拳が飛んだ。
いつも余計なことを言うのは久志の口だ、と言わんばかりに、那智が膨れる。
こんな田舎(?)の花火大会ですらなかなかこられない自分たちだ。
龍太「…いや、それはうちらも変わんないけど…」
久志「やっぱり同士だぁ」
雅臣:那智「「変なところで連帯感持つのはやめてください…」」

龍太と久志がタッグを組むのを傍目に見て、一同は1時間ほどの花火大会を堪能した。
甚平姿のお子様たちはどれだけきゃーきゃー騒いでも肌を晒すような乱れる姿を見せることがないので安心している。
保護者もほろ酔い気分で上を見上げ続け、首が疲れたな…と辺りを見回した時、忽然と消えている存在を知った。
花火に気をとられたか、音でかき消されたか、動いた気配を感じられなかったのは失態でもある。

久志「どこいったんだーーー、あの、連中っ!!!」
龍太「またかよ…」
日野「だから紐、くっつけておけって…」
神戸「まぁ、毎度のことだね」
安住「一緒にいてくれればいいけど…」
雅臣「迷子の呼び出し…」(汗汗)
佐貫「かわべりにいるぞっ!!」

行方を追った佐貫の言葉に、全員が民族大移動のように動きだす。
夜の川なんて、危険極まりないと誰もが思っていた。
ただでさえ、田舎の外灯もないような場所である。

その頃…。
英人「ほたる、ほたる~~」
一葉「すごい、綺麗~」
成俊「こんなに生息しているところがあったんだね~」
那智「もっと降りてみようよ」

ほたるのあかりにさそわれて、さらに水辺に近づこうとするお子様たちの足元は、…ゲタである…。


にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ 
ぽちっとしていただけると嬉しいです。
すっかり放置の『夏遠足』…(汗汗)すみません…。
8月になっちゃった…。
関連記事
トラックバック0 コメント2
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
No title
コメント甲斐 | URL | 2011-08-02-Tue 21:00 [編集]
千城さんならそれこそ花火大会そのものを主催できますよね
英人君が見たい!っていったなら
好きな時に好きな場所で

あらまあ
子供たちだけで危険な場所に
綺麗なホタルに誘われて行っちゃいましたか?
困った僕たちだこと
紐付けときましょ
首輪じゃかわいそうだからせめて腰か腕にでも
Re: No title
コメントきえ | URL | 2011-08-03-Wed 08:36 [編集]
甲斐様
おはようございます。
なかなか終わらない遠足です…(おかしい…)

> 千城さんならそれこそ花火大会そのものを主催できますよね
> 英人君が見たい!っていったなら
> 好きな時に好きな場所で

そうですね。花火大会の一つや二つ、と言ったところでしょうか。
英人の我が儘でどんなシチュエーションもかなえてしまいそうです。

> あらまあ
> 子供たちだけで危険な場所に
> 綺麗なホタルに誘われて行っちゃいましたか?
> 困った僕たちだこと
> 紐付けときましょ
> 首輪じゃかわいそうだからせめて腰か腕にでも

綺麗なものに惹かれて…。
どこが危険な場所か分からないでいるところがまた怖いですね。
もう本当にね~。どこかに繋いでおかないと…。
安全範囲以外には行けない長さでね。
4人、同じ所からだと途中で絡まっていそうですが…。
コメントありがとうございました。
トラックバック
TB*URL
<< 2019/08 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.