FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
見下ろせる場所 26
2011-07-29-Fri  CATEGORY: 見下ろせる場所
突拍子もなく尋ねられることに皆野も固まる。
そつなく人をさばく術を身につけていたはずだが、さすがにこんな時はどうしていいのかと戸惑いを表した。
岩槻が聞きたい内容が分かるだけに、またそれが個人の知られたくない蜜なことであるのだから余計だ。
報告する義務もないだろうが、真相を確かめたい気持ちも充分に知れてくる。
一時の感情の流れなどで翻弄させたくない保護者意識なのだろう。
軽はずみな行動をとったという印象も持たせたくない。皆野にとって、ここで終わるものではなくて、これから始まるものである。
一呼吸の間をとってから言葉を選んだ。

「一夜泊めただけで、いらぬ誤解はしていただきたくないですね。時が来れば可能性がある…とだけ申し上げておきましょうか」
「そうですか…」
岩槻からはホッとしたような、安心した表情が見えた。
彼にとってはまだまだ『子供』の部類なのだろうか。しかし、『まだ早い』という歳ではないのは承知しているはずだ。
良い年をとって隠し立てをしない発言もどうかと思われるが、潔い振舞いは皆野にとっても構えてしまうような緊張感を持たせないでくれる。
だからこそ、真実を伝えられるし、見守ってほしいという期待もする。
「でもその時はお伝えしませんよ」
クスリと笑って見せれば、皆野の心境を理解したように、それ以上岩槻も言っては来なかった。
軽口を叩いたようでありながら、真意は充分に通じている。お互いを探り合うような発言でも腹の内が分かるからこそ言いあえること。
今日の出来事、だけで終わらない皆野と慎弥の関係を岩槻はすでに気付いている。そして嫌われてもいない。今はそれだけで充分…というべきなのだろうか。

皆野は簡単に慎弥が家庭菜園を始めたことを説明した。
そのために訪れることも増えるだろうと。
慎弥がどのように説明するかは分からないが、少なくとも双方から話が通った方が岩槻も安心するのではないかと思った。
「慎弥が好きなものを見つけるのも上手ですね」
「たまたま、偶然ですよ」
エサを撒いて誘ったわけではない。ジョークと分かりながら進む会話が岩槻との近さを感じさせる。
それだけのことでも心地良く、慎弥にますます近付けた気になれた。
家族と親密になれるというのも、ある種の優越感に浸れることを知る。
岩槻とは、良い関係が築けそうだ。

次に慎弥が訪れる時には自分も同行する、という、まるで鑑定でも受けるかのような岩槻の発言を背に、皆野は帰路についた。
自宅に来てもらう、ありのままの自分を見てもらう。それもいいことなのかもしれない。
職場で見せただけの印象は、私生活とはまた変わっているのだろうから…。
それに、きっと受け入れてくれるのであろう存在であると信じる。

帰り道の中、慎弥からのメールが届いた。
『あとで鍵ちょうだい』
信号待ち、『鍵』が何なのかと一瞬悩んだ。
だけど慎弥と皆野を繋ぐ『鍵』なんてひとつしか存在しない。
理解して苦笑が浮かぶものの、その中に嬉しさが混じっているのを隠しはしなかった。

…勝手に上がり込むってことか~……。

キッチンを好きに弄っていいかと聞いてきたことが脳裏を過った。
……『人の家の台所と寝室は、住む人にとって恥ずかしい場所だから、勝手に入ってはいけません』…ってお義母さんに聞いたから……。
あれは慎弥なりの確認だったのだと今更ながらに知る。
積極的なんだか控え目なんだか、全く分からない。だけどそれが魅力でまた楽しい。

皆野は緩む頬を押さえず、『了解』と短い返事を打った。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ 
ぽちっとしていただけると嬉しいです。
短い!?すみませんっ。
関連記事
トラックバック0 コメント2
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
No title
コメント甲斐 | URL | 2011-07-29-Fri 11:29 [編集]
やっぱりそうだったんですね
まさかズバリとそんなこと聞いてくるとは…
でも、いいんですね
お兄ちゃんの許可は下りたってことで
良かったですね皆野サン
なんだかんだ言ってもお兄ちゃん大好きなしんちゃんが、秘密を持つのは辛そうだもん
こっそりとか、人知れずなんで無理そう
さて寝室に入るのはいつのことなんでしょうねぇ
Re: No title
コメントきえ | URL | 2011-07-30-Sat 10:28 [編集]
甲斐様
こんにちは~。

> やっぱりそうだったんですね
> まさかズバリとそんなこと聞いてくるとは…
> でも、いいんですね
> お兄ちゃんの許可は下りたってことで
> 良かったですね皆野サン
> なんだかんだ言ってもお兄ちゃん大好きなしんちゃんが、秘密を持つのは辛そうだもん
> こっそりとか、人知れずなんで無理そう
> さて寝室に入るのはいつのことなんでしょうねぇ

ズバリ聞いてくれたお兄ちゃんですね。
しっかり許可は下りた模様なので、皆野、はりきっちゃってください。(←)
えぇ。慎弥も皆野も隠すなんてできそうにないですね~。
皆野はまぁさておき、慎弥はすぐにばれそうです。
素直に表現できるように(?)育てられていますから。
寝室に入る日~~~。いつでしょうね(o´艸`o)
コメントありがとうございました。
トラックバック
TB*URL
<< 2019/09 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.