FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
見下ろせる場所 21
2011-07-21-Thu  CATEGORY: 見下ろせる場所
慎弥が身につけていたものを、皺にならないようにと脱がして下着だけにした。
大きすぎる皆野のシャツを着せて、その隣に皆野も潜り込んだ。
皆野の寝不足の体は重く沈む。
昨夜もまともな睡眠をとれなかった。寝慣れた寝具に包まれるから余計なのか、皆野を夢の世界へといざなう。
狭い布団であるのに、安心して眠ってくれる姿。人肌が恋しいと素直に打ち明けてくる態度。
今日も慎弥は無意識に皆野のシャツを掴む…。たったそれだけのことが嬉しくて仕方ない。

「慎弥…」
眠りについた耳元でそっと囁いてみた。もちろん起きる気配もない。
一度口に出してしまえば、自分の物であるかのように独占欲がどんどんと湧いてくる。
こんな風に思うのは久し振りだ。
短い間にたくさんの表情を見てしまったせいだろうか…。
「慎弥…」
夢を見るような空間で、もう一度皆野は囁いた。
そっと背中に回す腕…。
一人にすることなく、そばにいてあげると、それは岩槻とは違うのだと染み込ませるように優しく抱きしめる。
安堵した呼吸が胸の中に堕ちる。
眠りの中だけでも縋ってこられることがただ嬉しい。

翌日は完全な一日休暇だったから、皆野も朝はのんびりとしていたいところだ。
しかし、岩槻もチェックアウトの時間までには戻ってくるだろうことを考えたらゆっくりもしていられない。
その辺りの連絡も慎弥はどのように話をつけたのか、「征司くんは急いでいないから外泊なんだよ」とケロリと言い放ってくれた。
休んだつもりでも張り詰めていた気があったのか、慎弥の存在を忘れることもなく、どことなく体を強張らせた眠りだったらしい。
ベッドから降りては大きく体を伸ばしてしまう。
皆野の動きに合わせて慎弥も目を覚ましてしまったようだ。

「もう…?今何時…?」
「8時を過ぎたところですが…」
皆野の返事に心底嫌な顔を見せてシーツの中に潜り込んでしまう。
「ここからホテルまで何分?」
「えーと。車で15分も走れば…」
「チェックアウト、11時~っ」
「最終的な時間が…ですよ。何時に発たれるかはそれぞれのご都合があるんですから…」
不貞腐れた慎弥の声に岩槻の予定が知れないことをさりげなく匂わせるのだが、慎弥はそこまで深く考えようとはしていない。
全員が同じ時間に帰るとでも思っていたのだろうか。
それとも本当にその時間が慎弥と約束をした時間なのだろうか。
皆野も先日、岩槻からは名刺をもらっていた。そこにはもちろん仕事用の携帯番号も記されている。
直接岩槻と話をしたほうが早いのは百も承知の上だったが、皆野から話を振れば、早くにも慎弥を引き取ってくれと催促するような印象を与えそうで嫌でもある。
皆野の気持ちを知ってはいる岩槻であろうが、誤解を与える言動は極力避けたい。

「岩槻様は本日、お休み?」
いくらなんでも仕事を抱えていながら悠長に昼前のチェックアウトもないだろう。
午後からの出勤だったとして、一度自宅に戻ることを考えたら、もう少し時間的に余裕の持てる行動をとっても良さそうだ。
確信を得た答えが慎弥からもらえないのであれば、回りから踏み込んでいくしかない。
「うん、休み。っていうかね。別に俺、一人で家まで帰れないわけじゃないからっ」
慎弥を岩槻の元に送り届けようとした発言は、慎弥の自由までも制限させたものだったのかもしれない。
益々機嫌を悪くしたように深く頭を沈めてしまう。
確かに、皆野が自宅まで送り届けるのでも構わないことだった。いや、寧ろありがたいと言うべきことか…。
クスリと笑みを浮かべた皆野は慎弥に提案を一つしてみる。
皆野から言い出すより、慎弥から話を付けてもらう方が手っ取り早い気がした。
「俺が慎弥くんを自宅まで送るっていう話をしてもらえれば、時間が許す限り好きにさせてあげられるけど?ただ、ちゃんとその言質をとったと俺の耳で聞かなければならないことだけど」
もぞもぞと動いていた体がぴたりと止まる。
さすがにここは、皆野の言いたいことの意味が分からないわけではなかったようだ。
慎弥だけの我が儘だけと捉えられるのではなく、皆野もまた慎弥に強請られて嬉しいのだという雰囲気が伝われば尚のこと良い。
伺い見るように慎弥がシーツの中から顔を出した。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ 
ぽちっとしていただけると嬉しいです。
関連記事
トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/09 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.