FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
夏の遠足 4
2011-07-15-Fri  CATEGORY: 『想』―sou―
ほどなくして川岸に下りてくる3人の人影が見えた。
太陽の下を歩いてきたせいか、うっすらと汗をかいている。
龍太「お待たせしました~」
日野「やっと来たー、龍太さん!!」
どことなく日野の声が弾んでいる気がする。
佐貫もいつものスーツ姿とは違って、田舎のオヤジ(…いや、失礼…)と変わらないノースリーブのタンクトップに、麻織りのひざ丈のパンツだった。

ぽけぇっとお子様たちが見つめてしまう。
那智「な、なんか、…怖いくらい、逞しいね…」(←普段逞しいのを見慣れているのに怖気づいた)
成俊「今でも道場には通ってるから~」(←半ば自慢げ)
一葉「…潰れちゃいそう…」
英人「乗っちゃえばいいんだよ」(←相変わらずな発言)
成俊「寝技かけられたら逃げ出せないしね」
一葉「(////)…」

龍太が重そうなクーラーボックスを足元に下ろした。
日野「龍太さんいないからさぁぁぁぁ」
野崎「私では足手まといになりまして…」
日野「いや、そうじゃなくて…。客の安全確保がね…」
龍太「え?!なんかあったの?!」(←保護者がいるからいいと安心しきっていた)
神戸「子供たちが川の中で転んだの。そこにショウも一緒になって救助に向かったっていうだけ~」(充分なくらい嫌味…)
雅臣「え?!お怪我は?!」
安住「濡れただけで済んだよ。心配しないで」(にっこり)
宮原「…責任転嫁してるよ…。怪我もなかったのに、龍太君たち関係ないじゃん…」
野崎「…お黙りください…」(せっかく話題反らしたのに…)
日野「(ボソ)…勝手に脱いだの、ヒサシじゃん…」
神戸「そうだね~。『目の保養』になったしね~ぇぇぇ」
日野「……(俺の安全確保…)……」

龍太「えー、と…。あ、魚、串まで貸してくれたんですよ~」(←雲行きが怪しそうなので速攻で話を切りかえる)
日野「さすがっ!! 長流っ、魚来たよっ、魚っ!!」
神戸「エサで釣るな~っ」
千城「おまえが欲しいって言ったんだろう」
龍太「あー…、網焼きの片側を外しますか」(網、2枚あるので)
手早く、網の上に乗っていた肉や野菜を寄せ、焼き上がった物については空いた皿に振り分けていく。
その手際の良さに逆らえず、アウトドア人間に委ねる形をとり、日野からも少しだけ肩の荷がおりた感じだ。
龍太は塩を振っただけで炭の両脇に立てかけていく。
誰もが手捌きを感心した面持ちで眺めていた。

佐貫「本格的だな~」
成俊「尚治が作るのも美味しいんだよ。これ、先に食べて。あ、お皿とか…」
佐貫「いや、これでいい。二人で一つずつ持つより手が空くだろう」
ようやく現れた佐貫に対して世話を焼きたい成俊だったのだが、佐貫は割り箸を手にしただけで、成俊が持っていた皿の上からつまみ取った。それはそれで嬉しい。
千城「英人、もう次が焼けるぞ」
英人「まだ食べきんないよ~」
宮原「俺、食う!!」
野崎「少しは遠慮してください!!」
久志「いつもいつも良い肉、食べさせてもらえて、シャチョーには感謝です」
那智「…もうっ…、ヒサってば頬張り過ぎっ!!」
一葉「また食べすぎちゃうかな…」
安住「一葉は何も変わらないんだから気にしなくていいんだよ」
あちこちで囁かれる甘い言葉(?)に、涼しかった川辺も熱気ムンムンとなりつつあった。
日野と龍太が揃ってからは、食べるのが追いつかないくらいのスピードで様々な料理が仕上がっていく。
お子様はもっぱらレジャーシートの上に座ったまま動くこともなく、届けられる品を平らげていくばかりだ。
調理人(?)は作るだけではなく、ちゃんと良いところを狙って料理を堪能しているけれど…。

神戸「ショウ、ビールでも飲む?」
常に火があるような場所からあまり離れないため、必然的に神戸が寄り添っていく形になる。
タイミング良く神戸に勧められて正直に頷けば、クーラーボックスから出したての缶ビールを持って神戸が近付いた。
ご丁寧にもプルタブを開けてくれる。
手を差しのばし、受け取ろうとしたのだが、日野の目の前で神戸は自分で飲んでしまった。
何の嫌味だ?!と一瞬眉根が寄ったのだが…。
次の瞬間、唇を塞がれて冷えた液体が口腔に流れ込んできた。
二人の身長差はほとんどなかったが、若干日野の方が高いせいだろうか。注ぎ切れなかった液体が口端をつたう。
それを神戸の赤い舌先が一舐めして綺麗にした。

誰もが度肝を抜かれていた。

久志「エロイっ!!エロッ!!えろすぎーーーーっ。すげー、その舌使いっ!!!」
宮原「…堕ちた理由が分かる気が…」(隣で野崎…無言(////)…)
千城「場所を考えろ」
安住「…………」(遠足の参加は今後考えた方がいいかもしれない…ブツブツ…)
佐貫「これくらいなら公然わいせつ罪でもないしなぁ」
雅臣「…(…な、なんの集団なの…)…」(←今更…)
久志「やっぱ神戸さん、いーわー」(←あの動きでドコカを舐められたら…(妄想中))
日野「長流~~っっ!!!こんなとこで何を…っっっ!!!(普段から結構堂々としているけどやっぱり恥ずかしい) つか、ヒサシ、狙うなっ!!」(エロイ舌使いとすぐに判断出来たところに言いようのない嫉妬)
那智「ヒサ~~~っっっ!!!」
久志「いやいやいや、違うって(必死の抵抗)。…あー、でも、食後のデザートにアイスバーとかなくて良かったかも…」(あの舌使いを見ちゃった日には…)
間違いなく神戸なら堂々としゃぶりまくった食べ方をしてくれるはず…という危険な妄想が、ほぼ全員の頭の中に浮かんだ。
それはともかく、子供にそんなものを人前で食べさせられるか、と保護者は暗黙の了解のように絶対に用意などしなかったが。

ふふんっ、と勝ち誇ったような神戸のニヤッとした笑みが見えた気がした人が何人いたのか…。
日野に与えたお仕置きの一つである。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ 
ぽちっとしていただけると嬉しいです。
関連記事
トラックバック0 コメント4
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
No title
コメントらぅら | URL | 2011-07-15-Fri 21:04 [編集]
やっと全員集合しましたね♪
成俊もパパの登場で嬉しそうだし(笑)

ってか。。。
神戸さんの逆襲?始まっちゃいましたね。
この先また何かありそうな予感(爆)
No title
コメント甲斐 | URL | 2011-07-16-Sat 00:03 [編集]
神戸さんたら、お仕置きだったんですね
でもお子様には目の毒!?(もっと凄いことしてるかもしれませんが)
保護者としてはモザイクどころか、子供の目を覆いたかったかも?
よい子はまねしないでね
Re: No title
コメントきえ | URL | 2011-07-16-Sat 10:26 [編集]
らぅら様
こちらにもどうもです。

> やっと全員集合しましたね♪
> 成俊もパパの登場で嬉しそうだし(笑)

全員集合!!多すぎて分からん…汗
成俊も幸せいっぱいお腹もいっぱい♪

> ってか。。。
> 神戸さんの逆襲?始まっちゃいましたね。
> この先また何かありそうな予感(爆)

神戸、やっぱり黙っていませんね~。
どう出るかと思えば公衆の面前で我がものとしっかり印つけてるし。
(バーベキュー編だけでこんなに日にち使う予定じゃなかったんだけどな……←長くなるのはいつものこと…)
コメントありがとうございました。
Re: No title
コメントきえ | URL | 2011-07-16-Sat 10:35 [編集]
甲斐様
こんにちは~。

> 神戸さんたら、お仕置きだったんですね
> でもお子様には目の毒!?(もっと凄いことしてるかもしれませんが)
> 保護者としてはモザイクどころか、子供の目を覆いたかったかも?
> よい子はまねしないでね

なんの羞恥プレイでしょうかね…。
まさに目の毒ですよね。目の保養にはならないでしょう。
保護者もびっくりですよ、きっと。(自分たちもどこかで…とか思っている人はいないはず…)
そう、良い子ですからね。真似はしませんよ。
コメントありがとうございました。
トラックバック
TB*URL
<< 2019/09 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.