FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
夏の遠足 2
2011-07-13-Wed  CATEGORY: 『想』―sou―
千城が案内した場所は、かつて『冬の遠足』でお世話になった山奥だった。標高は2000メートルを越えている。
冬場では雪に覆われて真っ白だった世界も、すっかりと風景を変えて今では緑に覆われている。日差しはあっても過ぎる風は肌に心地良い。都会のこもったような纏わりつく空気とは雲泥の差だ。
スキー場だった場所は、一部芝スキーが楽しめるコーナーとなっていたが、他は登山コースが作られ、高山植物も見学することができた。
もちろんロープウェイたちも観光客のためにフル稼働している。
榛名のリゾート会社が持つハイキングコースだけではなく、近くの峰には名立たる登山ルートもあった。もっともこちらは本格的な登山客向けで、リゾートホテルや近場の村はその拠点となっていたりする。

スキー場に辿り着く少し手前に、田畑に囲まれた小さな集落があった。
リゾート地は観光客で賑わうが、こちらは実に静かなものだ。大きな道から外れ、村道とも呼べるような狭い道を観光客が通ることはほとんどない。
その集落の脇を、コンクリートなどで固められていない自然の小川が流れていた。水辺に立ち木々の下にでも入ると体感温度は数度下がったように感じる。
広いとは言えないが川べりの砂利石に、ちょうど大きな木が影を作ってくれており、その場所にレジャーシートを敷いた。
すぐ脇では大型のバーベキューコンロが2台用意され、網焼きと鉄板の二つに炭が入れられる。
Tシャツにハーフパンツ、ビーチサンダル、という軽装は、普段ではまず見ることがないが、こんな光景の下でしっくりと馴染んでしまっているところもまた素晴らしい。
料理には精通(?)した日野を始め、アウトドア大好きな龍太がいるのだから特に困ることもない。
それを脇から安住と野崎が手伝いに入っている。
お子様は当然のように水の中に入り、魚を追いかけたり生息する水生昆虫に気を取られたりと大忙しだ。
全員日向に出る前にみっちり日焼け止めを塗られ、つばの大きな麦わら帽子をかぶせられている。
上半身には保護者のTシャツを纏い、半ば長袖と化した格好で、その丈は膝上まで届き、しゃがんだりと色々な体勢をとるため、裾はすでに清流で濡れていた。
それもまたひんやり感を生んでいたけれど…。

神戸「ねーねー、釣りとかできるんじゃないの~?」
日野「無理だろー」
久志「なんでだよ」(←料理がいつできるのか待ち焦がれている人)
宮原「そんな簡単には釣れないってこと?」(野崎がうろついているのでとりあえず近くにいる人)
野崎「近くであれだけ騒がれたら釣れるものも逃げますから」
チラリと水浸しになって遊んでいる連中に視線を投げる。
見た先には「キャーキャー」言う声しか聞こえない。
川釣りなど、大人しく待つものなのだろう。(許可必要とかの問題はこの際無視してください)
だからといって、子供たちにじっとしていろというのも無理な話。
千城「ここで焼きたいのなら近場で釣れた新鮮なのを見繕わせようか」
神戸「捕る楽しみはなくなっちゃうけど、こういうところで塩焼き食べられたら最高だね」
店先で売っているものが美味しいのは当然だろうが、自分たちの手で…というのはまた違った美味しさがある。
友達思い(?)な千城は、早速提案してみた。
龍太「じゃあ、俺行ってきますよ」
久志「おー。さすが”仕入れ問屋”」
雅臣「あ、僕も行きます。町内会に行っている佐貫さん、そろそろお迎えに行かなきゃだし」
金曜に始まった『夏の遠足』は火曜日の朝に帰る予定だった。
その間に、運のいいこと(?)にこの集落内で地元の縁日が開かれる予定だ。祭りの警護にあたる予備員として佐貫も一役買っている。現在、その事前打ち合わせに参加中だ。
さすがに料理が終わってから呼び戻すのは失礼過ぎる。
クーラーボックスの一つを抱えて、龍太と雅臣は村へと向けて歩きだした。

その頃水の中では円陣を組んではまた場所を変え…を繰り返していた。
那智「ねー、そっち行ったよ~」
一葉「無理~、捕まえられないよ~」
成俊「あっ、今触れたのに~っ」
英人「成くんすごいっ!タッチできたんだ~」
一葉「魚、逃げるの早いよね~」
那智「一葉、さっき見かけた、ちっちゃいカニだって捕まえられなかったじゃん」
獲ったものはまた逃がしている。無駄に命を奪わない優しさだった。
一葉「那智、それ、言わないで~」
成俊「一葉くんだってがんばってるんだよね」
一葉「(ウルウル)なりくん、やさし~」
英人「あ、ほら、またあっちにいっぱいいるよ~」
那智「よし、今度はあっちに行こう!!」
魚が逃げるのはあたりまえなのに、ばしゃばしゃと水音を立てて移動する4人組。
足場の悪いなかで慌てれば怪我もしかねない。
一葉「あっ!」
最初に声を上げたのは一葉だった。バランスを崩し、何か掴むものを…と手を伸ばした先には成俊がいた。
自分の力ではどうにもできない重圧に成俊も体勢を崩し、連鎖的に、那智、英人と、4人とも水中に全身が浸かった。

様子を見ていたはずなのだが、一瞬目を離した隙に、激しい水音がして河原にいた連中が全員振り返った。
膝下くらいまでしか水に浸かっていなかったはずの体が、頭しか出ていない状態でいる。
千城「英人!!」
安住「一葉!!」
久志「那智ぃ?!」
日野「成っ!」(他の連中は必ず心配してくれる人がいるので…)
全てを放り投げた4人は早速救助(?)に向かった。

神戸「ショウが良い格好見せたいのは成俊君なんだか高柳君なんだか…」(半ば溜め息)
宮原「え?!神戸さんじゃないの?」(とうとう浮気か?!)
野崎「日野さんは以前から人の良いお方ですから…」(おだてておかないと…)
神戸「成俊君は親友だから当然なんだけど。後者だったらちょっと(…どころかかなり)納得いかない」
宮原「神戸さん、何気にそっちを望んでいたりしない?」
神戸「そんなことないよ~。真相が発覚した時には容赦しないけど」(ニヤリ)
宮原「(ボソ)…絶対に口実作りそう…」
野崎「そんなことより、瑛佑っ!タオル用意してください!!戻ってきますからっ!!」
宮原「は~い~」(←秘書根性に呆れている)
神戸「その辺に天日干しにしておけば乾くって」
宮原「…(絶対、嫉妬の嵐、吹き荒れてるな…)…」
やがて、びしょ濡れのお子様を抱えた保護者が、自分も濡れ鼠になりながら河原に戻ってきた。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ 
ぽちっとしていただけると嬉しいです。
細かいこと(リアル的なこと)は気にしないでください。
関連記事
トラックバック0 コメント6
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
No title
コメント甲斐 | URL | 2011-07-13-Wed 16:48 [編集]
水辺で遊ぶ子供たちの引率は大変でしょうね
ちょっと目を離すと危険なこともあるので
保護者たちがあわてて飛びこんでいくのは当然です
いつのも過保護からしたら、手をつないでついて回りたいくらいでしょう
けど、勝手に飛び跳ねる子供たちがそれに甘んじているわけがないし・・・
なりくんパパ早く来ないとよそんちでふうふげんか始まるかも~
No title
コメントらぅら | URL | 2011-07-13-Wed 20:20 [編集]
やっぱり最初にコケたのは一葉でしたね(笑)
で、みんな巻き添え(爆)

でも、すぐに保護者達が助けに(?)行くから大きな怪我はないでしょう。
優秀な秘書もいますしね♪

初日にこれじゃあ、その後が楽し・・・違った
大変かもしれませんね。。。アタヽ(´Д`ヽ ミ ノ´Д`)ノフタ
No title
コメントumeko | URL | 2011-07-13-Wed 20:58 [編集]
夏の遠足ぅ~!!
このシリーズでだけしか久志×日野は見れませんので、楽しませていただきます(//∇//)
すみません。頭腐っててごめんなさい。那智と神戸さんにこってり怒られそうで怖いです。
Re: No title
コメントきえ | URL | 2011-07-14-Thu 10:19 [編集]
甲斐様
こんにちは。

> 水辺で遊ぶ子供たちの引率は大変でしょうね
> ちょっと目を離すと危険なこともあるので
> 保護者たちがあわてて飛びこんでいくのは当然です
> いつのも過保護からしたら、手をつないでついて回りたいくらいでしょう
> けど、勝手に飛び跳ねる子供たちがそれに甘んじているわけがないし・・・
> なりくんパパ早く来ないとよそんちでふうふげんか始まるかも~

危険な遊び場に連れていくのは保護者です(`・ω・´)ノ
子供の視点は大人とはちょっと違っているんですよね~…きっと…。
だからって、あれはダメ、これもダメ、じゃ不貞腐れちゃうしね~。
だから温かく見守っているのですが…。
なりくんパパ、警備対象が違ってる~。
間もなくお戻りになられるかと…。
コメントありがとうございました。
Re: No title
コメントきえ | URL | 2011-07-14-Thu 10:26 [編集]
らぅら様
こんにちは。

> やっぱり最初にコケたのは一葉でしたね(笑)
> で、みんな巻き添え(爆)

そこはやっぱり一葉ですから~。
転びそうになる時って咄嗟に目の前にあるものを掴みたくなりますよね~。

> でも、すぐに保護者達が助けに(?)行くから大きな怪我はないでしょう。
> 優秀な秘書もいますしね♪
>
> 初日にこれじゃあ、その後が楽し・・・違った
> 大変かもしれませんね。。。アタヽ(´Д`ヽ ミ ノ´Д`)ノフタ

見守ってくれる人がいっぱいいますからいいのでしょう。
今回総勢14名様御一行様~!!!
一話に一人一言出てくればいいのか?!(こんなんだから話が進まなくなるんですよね~汗)
コメントありがとうございました。
Re: No title
コメントきえ | URL | 2011-07-14-Thu 10:30 [編集]
umeko様
こんにちは。
またのご訪問感謝です。

> 夏の遠足ぅ~!!
> このシリーズでだけしか久志×日野は見れませんので、楽しませていただきます(//∇//)
> すみません。頭腐っててごめんなさい。那智と神戸さんにこってり怒られそうで怖いです。

(o´艸`o)このシリーズでしか…。確かにそうですね~。
私個人的にも絡ませてみたい二人だったので反応、嬉しかったです。
でもただの友人ですからね~。周りが勝手にそう判断しているだけで~(笑)
是非楽しんでください。
コメントありがとうございました。
トラックバック
TB*URL
<< 2019/08 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.