FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
見下ろせる場所 11
2011-07-08-Fri  CATEGORY: 見下ろせる場所
一緒にいる…とは答えた皆野だが、何故こうして、ここにいるのかはかなりの疑問を纏っていた。
結局皆野は岩槻と慎弥に連れられる形でスィートルームに入ることになった。
しばしの癒しの時間…くらいならともかく、ダブルベッドルームに岩槻が姿を消し、慎弥と共にツインルームの方へと流れ込む。
リビングから離れてしまえば顔を合わせることもない広い寝室があるだけだった。
慎弥は寝室の隣にあるバスルームに入り、シャワーを浴びて出てくると、同じように皆野を促した。
皆野は一応、ロッカールームに押し込んであった着替えをかっさらってきたので、こまることもないのだが…。
「えー…と…」
話相手位の感覚でいた皆野の考えは大きく違っているらしい。
躊躇う皆野に、慎弥がどうしたのかと首を傾げた。
「あ、もしかして、傷、いたむ?」
見当違いな答えが返ってくる。そうではなくて、もしかして、ここに泊まれ、と言っているのだろうか…。疑問が音になることもなかった。あまりにも自然な流れでいてかける言葉もない。
アイボリー色のパジャマを着込んで笑みを向ける姿は無防備すぎるくらいだ。この姿を見せることに躊躇いのなかった岩槻にも感心する。
それほど信頼を置かれているのか…。ある意味、辛い立場に落とされた気分ではあったけれど…。

「えーと、俺、話相手?」
「明日だって朝から仕事なんでしょ?仮眠室がどういうところかは分からないけれど、寝るのならここだって変わらなくない?」
いや…、格段に良い。
比較にならない設備のよさであって…。あとは精神が保てれば…。などと邪な考えが皆野の中に宿っていることなど知りはしない慎弥なのだろうが…。
話相手というより、無言の宿泊希望を迫られる。
「あー……」
半ば本音を交えた溜め息に近い呟きに、慎弥の表情に陰りが宿る。
「…っ、ごめんなさい…。俺、無理なことばっか言ってるよね…」
ここに連れてきてしまったのも慎弥の我が儘だと気付いたように、すぐに落ち込む様が見ていて辛いものに映った。
今の慎弥は全ての物事を自分のせいにしようとする控え目な部分がある。
そんなふうに我慢することなどないのだと即座に否定の言葉が零れ出る。
「そうではなくて…。俺としてはこのような場所で寝られることに言いようのない感動がありますけど…」
まさかスィートに初めての宿泊…だとは言えなかったが、言葉尻の中にそれ相応のものを感じ取ったらしい。
「え?いつもこういうとこで寝ないの?!」
がっくりと頭を抱えたくなった。
『こういうとこ』がどういうところを意味するのかは想像の違いがあるのだろうが、感覚の違いは火を見るより明らかである。
こういうとこ、でなかったらどういうところなのだ?と疑問を持ったらしい慎弥にこれ以上の説明も何もする気になれず、大人しくバスルームを借りることにした。
地面に擦れて破れたシャツはこのままゴミ箱行きだろう…。
流れ落ちるお湯に眉をひそめながらも、一日の疲れを流せばさっぱりともする。

寝室に戻ると間接照明だけの明りに切り替えた部屋が浮かび上がっていた。
慎弥が寝てしまっているのであれば、このまま去ろうと思っていた皆野だ。
しかし、しっかりと瞼を開けた慎弥が、隣のベッドを示してくる。
ツインルームとは言っても、ベッドは寄り添った形をしており、間を隔てる空間はない。転がっていけばそのまま隣のベッドに入り込めるような作りだった。
かなりの躊躇いの気持ちを持ちながら、皆野は言われるままシーツの中に潜り込む。
「ごめんね…」
再び慎弥から謝罪の声が聞こえた。
無理してここに居座らせている…。そんな感覚が消えないのだろう。
安心させるように、皆野は「気にしなくていい」と答えるしかない。
もちろん、本音でもあったけれど…。

ススッと近寄ってくる慎弥の体が見えた。
そっと髪を梳いてやれば、またもや寄り添ってくる猫のような仕草を見せる。
吸い付いてくる…。そんな感触に皆野も溺れていく。
もうビクリと離すこともない。照れを纏って逃げ出すこともない慎弥がそばにいる。
『淋しい』のだと、体の全てが訴えてきた。


にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ 
ぽちっとしていただけると嬉しいです。
ベッドイン~(o´艸`o)
関連記事
トラックバック0 コメント2
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
No title
コメント甲斐 | URL | 2011-07-08-Fri 17:43 [編集]
さみしがり屋のニャンコちゃん
思わずすりすりしたくなる
懐かれちゃった皆野さんどうする?
ここならだーれもいないから
いい子いい子でも、ハグハグでも
何でもして慰めるなり愛玩するなり可能ですよ~
Re: No title
コメントきえ | URL | 2011-07-09-Sat 09:14 [編集]
甲斐様
こんにちは。

> さみしがり屋のニャンコちゃん
> 思わずすりすりしたくなる
> 懐かれちゃった皆野さんどうする?
> ここならだーれもいないから
> いい子いい子でも、ハグハグでも
> 何でもして慰めるなり愛玩するなり可能ですよ~

にゃんこ、懐いてますね~。皆野もご満悦のご様子(?)
誰もいないけど、保護者はすぐそこにいるしね~。
よりよい方法で慰めてあげてほしいものです。
(皆野も慰めてほしいだろうけれど、そこはちょっと我慢してもらって…)
コメントありがとうございました。
トラックバック
TB*URL
<< 2019/12 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.