FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
きえ詩  ~もし~
2013-01-04-Fri  CATEGORY:
本家に載せる気はなかったのですが。
けいったん様に捧げた詩であります。
けいったんさまには押し付けちゃったんですよ~。
ごめんなさいm(__)m
これまで読まれている方もいると思いますが、また、この場で掲載してしまう身勝手さ、どうかお許しください。
できることなら、別宅に飾るだけでなく、本家に訪れてくれている方に読んでいただきたかった。
ただそれだけの我が儘です。

自己満足の世界です。
苦情とか、苦言とか、できる限りお断りします。





―もし―


もし もう一度出会えたなら・・・

もし もう一度貴方に寄りそえたなら・・・


でも、本音は言えないね。


隠し通して別れた。
雪がちらついた日に進んだ足。
二度と振り向かない意志をもって。。


それなのに離れてから振り返ってしまうのは何故だろう。

心の弱さ・・・



抱きしめて・・・
あの時と同じように

ささやいて・・・
全てを囲うかのように・・・


夢の時を感じる
幻の世界・・・

私は夢に堕ちた

抱かれて癒されて天に昇る

人の魂の流れて行く道を反らさず

包まれるごとに貴方の愛を感じた
これが世間で認められない 夢だったとしても

一時 離れたとしても

待っているよ
たとえこの先出会えなくても
待っているよ
たとえ世間から許されなくても


愛したよ。
愛した・・・


ありがとう。あなたにであわせてくれて。


にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ 
ぽちっとしていただけると嬉しいです
トラックバック0 コメント1
きえ詩 ~あと何年・・・~
2013-01-04-Fri  CATEGORY:
これも けいたんさまに送った詩です。



~あと何年~



あと何年 この世にいられるかな

あと何年 あなたの夢をみられるかな


目をつぶるたびに瞼の奥を過っていく雄姿にくぎ付けになる

こんなにかっこいい人はいないよって、改めて思わせてくれる


あと何年 思い続けたら私のものになるのかな

なるわけがないよね・・・

あなたには守るべき人がいるのだから

一瞬のときでも愛してくれてありがとう。

これ以上は望まないよ。
本当に うれしかった


あと何年・・・


一年なんてあっというま
十年だってあっというま

生まれ変わるまでもきっとあっというま


もう一度出会えた時 その時は・・・

あと何年 なんて待たずに愛してね




きえちん、詩もかけるかなぁ(/ー\*)ポァァン (←は?うぬぼれるな ばかちん ヾ(。`Д´。)ノ
もっと他のもの書け。
詩もかけたらうれしいよ。
腐作法だらけなのであきらめますけどね

またねぇぇぇ


にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ 
ぽちっとしていただけると嬉しいです。
トラックバック0 コメント3
きえ詩 ~離れても~
2013-01-05-Sat  CATEGORY:
きえちんはいつから詩人になったんだ(←ちがう~~~っ)





私が旅行に行くたび 携帯した電話の中に残された『声』があったね

まだあの頃は、海外での通話もうまくいかなかった。


旅先で、一番お金のかからない方法で、あなたの声を聞いた
録音してくれたと分かったのはいつだったか。。。。

『あなたの帰りを待っています』


無謀に飛びだしてしまう私を、・・・その背を黙って見送ってくれた人

どれだけ不安にさせてしまっただろう


帰るたびにだきしめてくれた

そしてまた、飛び立たせてくれた


『帰りを待っているから』・・・と


あなたの愛情があるから、次へと向かっていける

あなたが待っていてくれるから、帰ろうと思う


一番愛された時だったね





時は過ぎても
どれだけ離れても

機械越しではなくて、じかにあなたの声を聞きたいよ
あなたの耳にわたしのささやきを響かせたいよ

どれだけ離れても、脳に響いた声音は忘れない・・・
低くて、優しくて、安堵させてくれるものだった・・・

あの声は、わたしだけのもの・・・

機械越しの声だったとしても、永遠にわたしのもの・・・


にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ 
ぽちっとしていただけると嬉しいです
『淋しい夜』のどこかでもちろっと書きましたね。
当時の『携帯事情』でした。

ありがとう
トラックバック0 コメント2
きえ詩 ~ゆっくりと~
2013-01-12-Sat  CATEGORY:
別宅にかざっておいたのをけいったんさまに励まされ(脅され)本家に持ってきました。
文章が書けなきゃ、詩を書くのか…くらいのつぶやきに溢れている毎日です。
くだらないものですみませんがm(__)m



―ゆっくりと・・・―


一分一秒と、少しずつあなたとの距離が離れていくね

ずっと離れたくないとわがままだけがこぼれる

でもそんなこと言ってばかりいられないから。

待っている
待たせている

どちらなんだろう。

残していく辛さなのか
逃げてしまう悔しさなのか

ごめんね

ごめんね

最後まで真実は伝えられなかった。
あなたを苦しませたくなかったよ



イルミネーション 一緒に見たね
桜の花も・・・
季節の変わり目ごとに一緒にすごしたね

一緒に。。。

思い出の季節にかならずあなたがいた


ありがとう

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 
ポチっとしていただけると嬉しいです。


トラックバック0 コメント3
きえ詩 ~あなたに逢えた~
2013-01-18-Fri  CATEGORY:
またこれも 別宅に飾っていた詩なのですが。





まるですれ違ってしまいそうなのに

視線を合わせた時から何かが変わった


声をかけられて 呼び止められて

・・・内緒の約束の時間・・・

『ここで』・・・

渡されたメモと、偶然にあった休日となった日。


拒むことなんていくらだってできたはずなのに
頷いたよ


美味しい料理をたしなんで
美味しそうな唇に貪られる
飲み込まれる
重なった体は離れることがなかった

互いの熱を感じて 離れがたく時の大事さを味わった


別れてから七年。
私はあなたのもとに向かおう。

もう我慢しなくてもいいよと 迎えてよ
『がんばったね』って褒めてよ


『会いたかった』


にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 
ポチっとしていただけると嬉しいです。


トラックバック0 コメント7
<< 2018/12 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


Copyright © 2018 BLの丘. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。