FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
晴れ時々雨、また土砂降り 1
2012-07-24-Tue  CATEGORY: 晴れ時々
リクエスト企画です。
キリ番様、素晴らしい提案、ありがとうございました。
空っぽの頭が、少しずつ動き出します。
頂いたものは、神戸と日野の…なにやらアヤシイ大人の関係…というか、メロメロにされちゃう大人というか…。
ご希望通りのものが書ける自信はまったくありませんが…。
端っこでも楽しんでもらえたらいいです。

(つか、あちこち、風呂敷、広げすぎだよね…。汗)




神戸長流(かんべ たける)が経営する『想―sou―』というバーは、常連客でそこそこ繁盛している。
売り上げを全く気にしないことに、バーテンダーの日野尚治(ひの しょうじ)は呆れながらも、好き放題やらせてくれていると満足気味だ。
あえて言葉にしなくても通じてしまう意思の疎通があることに、長流は影ながら微笑んでいた。

自分の店…とまでは言わせないけれど、その昔知り合った仲間のような人たちを店によんでいることは、長流も知っていた。
そうやって客足が増えてくれるのは嬉しいことでもあったのだが…。

過去のゲイバーに勤めていた時には、まったく男に興味を示さなかったはずの尚治が、やたらと気にかける人がいると思うのは勝手な思い込みだろうか…。
単純に売り上げを望んで…、昔話を懐かしんで…、その程度に思えないのは、長流の嫉妬なのかもしれない。
だけど、そんなものを表立って表せるはずがなかった。

いつものように、カウンターの内席に収まって、来る客、尚治が交わす客とのやり取りを耳に収める。
尚治が一切隠さず、この店の中で伸び伸びとやってくれることは、長流にとっても嬉しい出来事だった。
どこか自分というものを隠して、人に気遣うばかりの性格を良く知っていた。
育った環境が、その気遣いを生むのだろうか。
それらから解放してあげること…。
自分の前で見せてくれる本能のようなものに、長流も安堵するところがある。
生かしているのは自分なのだ…というような、なにかなのだろうか…。

かつての良く知った友人に案内状を出していることは長流も承知していた。
嫌われることなく、お互いの存在を理解し、…だからこそ晒して許せる人たちが集まってくれる。
認めてくれない人…、その線引きを尚治ははっきりと感じているのだろう。
そこには踏み込まない。教えることもない。
ましてや、自分たちの関係など…。

やってきた客に見覚えはなかった。
入口のドアの高さから身長はすぐに計れる。
たぶん、長流よりも数センチは小さいだろう。
華奢な体つきなのだとは、見慣れた榛名英人(はるなひでと)と同等ぐらいだと判断出来た。
そして歳も同じくらいだろう。だからこそ、親しさもあるのだろうか。
入ってきた途端、尚治に視線を合わせ、慣れたようにカウンター席に落ち着く。
客商売だとは分かっていても、親しげに話しかけられる姿は、気分が良い…とは到底言えない出来事になった。

「なかなか来られなかった…」
「あっちの店の客、奪うと俺も文句言われそうなんだけれどな」
苦笑で迎える台詞。
『あっちの店』とは、長年尚治が勤めたバーのことだろう。
そちらから流れてきた客は確かに多い。
それにしても、男に興味がなかったはずの尚治が、明らかに男を相手にすると思われる人間に対して親しみを見せることが、どこか信じられなかった。
そういったことは、さりげなく反らして、ノンケを貫き通してきたはずだ。
「尚治いなくなっちゃったじゃん」
「こっち、ナンパ的なのは断っているんだけど」
店の方針はそれぞれあるけれど…。
もちろん、以前の店とは違っている。
一夜にして”出会い”を容認した趣向を、この店には取り入れていなかった。
だから、今も尚治から、皮肉に似た台詞があったのだろう。

…こいつ、誰…?

不穏な空気を漂わせる気はなかったけれど…。
長流の中に湧いた疑問は音になることはなかった。
少しだけ睨み見る形になってしまったのだろうか…。
大人げないと咄嗟に長流も気付いて視線を反らす。
だけど、差し伸べられた視線の意味を、カウンターに座った男は気付いたのだろうか。
「ふんっ」となぜか、あざけ笑うような笑みが視界の隅にうつる。
「尚治の作るお酒、飲めないってさみしいんだからぁ」
舌にひっかかる…、いや、喉に絡むような発言は、明らかに尚治を狙ったものだろう。
過去から男に興味にない尚治に気付くものはないのかもしれないけれど…。
今は状況が違っていた。
自分が開発してしまったところがある。
確実に狙った対象が、男に堕ちたことを知れば、つけいる余地があると想像できるのだろう。
お互い、一夜を含め、遊んだ数は今更言いたくないほど…。いや、数え切れないほど…。
そこに”冒険心”は含まれるのだろうか…。
男にまで興味を向けられるとしたなら…。
好みはそれぞれだが、若い男が若い人間に惹かれるのは充分なほど理解できること。
それが男か女かはともかく…。

「ショウ…」
まるで二人の会話を途絶えさせるように、話しかけた長流の声は、「ちょっとまって」と客を優先させる台詞に押し留められた。
ニヤリと笑った男の顔を、絶対に忘れないと長流は思った。
無意識に対応する恋人を、初めて恨めしいと思った瞬間でもあった。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ

にほんブログ村
人気ブログランキングへ 
ポチってしていただけると嬉しいです(〃▽〃)
トラックバック0 コメント4
晴れ時々雨、また土砂降り 2
2012-07-25-Wed  CATEGORY: 晴れ時々
長流が心配しようが、何の気なしに会話を続け、挙句の果てには、閉店後に違う店で飲み直そうという話まで湧いていた。
もともと夜の世界で生きていた尚治は、明け方までの時間に、とても強かった。
それに悩まされた長流の体もあったかもしれないけれど…。
待てない時間のことを誰より尚治が知っている。

親切にも「長流、明日、早いだろ?」と心配される。
つまり、一人で寝ろ…ということだ。
「ショウ…」
もう一度引き止めるセリフをさり気なく吐いてみたものの、全く(←強調)気にされなく放置された。
その影に見えた、あの男の子の視線が何とも言えない攻撃になる。
理解できていない尚治に、どう言っていいものなのか…。言ったところで理解はされないのだろう。

売り上げを気にしているのかもしれないが、この店を護っていきたいと思う、仲良くしたい尚治の性格に、何と言えばいいのだろうか…。
その影で狙ってくる存在…。

人に気を使い、それぞれの立場を把握して寄り添っていく人の優しさを持ち合わせた、心優しさのある人…。
だからこそ長流も惹かれたし、男に興味がなくてもその道に零れてくるように体を使った。
これまで遊んだ数はお互いにあり過ぎるほどあるのだから、この一度で堕ちるとは思わなかったけれど…。
最終的に尚治は長流に転がってきてくれた過去がある。

誰に対しても優しさを見せる尚治の姿は、長流の自慢でもあった。
それが店のウリでもあったけれど…。
こんなふうにあからさまに客にモーションをかけられるのは腑に落ちないことであり、尚治に気付かせたいものでもあった。

ふふっと笑みを浮かべる客が、何より気に入らない。
「外に飲みにいくの?じゃあ、僕も…」
長流の提案は呆気ないほど簡単に却下された。
気付かない恋人…、本当に恨めしい。
「長流、遅くなって眠くなっちゃうよ」
「まだ平気…」
「無理しなくていいのに」
気遣ってくれる尚治の発言に被さって聞こえてくるものは完全な嫌味だった。
同じように、夜の世界で生きるのは自分だといいたいようなもの…。
生きてきた世界観を違うものと知らしめられるのだろうか。

これ以上の大人げなさは晒せなかった。
単純なプライドだし、何があったのか聞けば答えてくれるという安堵感を尚治には抱えている。
それでもモヤモヤとしてしまうものは、完全な嫉妬心だった。

今はただ、だまって見送るしかない。
それだけ物分かりがいいとみせたかった。
そして、絶対に浮気はしないという信頼があると、陰ながら信じ込ませてしまうもの。
あの男の目に、惑わされることはないと信じる。
今は長流の色気だけに惑わされてくれればいい。

閉店間際、最後の客になった男は、確かに尚治を待っていた。
袖口を抑えるだけの長流に、意味は理解できているだろう。
ニコリと笑われて心配するなと宥められる。

年下のくせに、この余裕って…。

「飲みに行ってくるだけだから」と単純な友人付き合いを言われて、やっぱりここでも何も言えなくなる。
客足の為なのか、尚治の付き合いがあるからなのか…。

プライド…ってなんだろう…と長流は胸の内で悩んだ。
堂々と言ってのけられたらいいのに。
だけどノンケだった尚治にしてみたら、働いていた環境があったとしても、公開できることではないだろう。
ましてや自分が狙われていると理解できてくれるのだろうか…。
「すっごいムカつくっ。ってか、どうやって分からせたらいいのっ」
長流の悩みは闇の中に消えていた。
人の良さは分かっているけれど…。
それが尚治の良さなのだと理解もしているけれど…。

いつか、自分の時のように、男に対しての危機感がないことを、何より心配した。
あの若い子が善がった時、尚治はどう振舞うのだろう。
もちろん、それが分かった時、居場所なんてないほど叩きのめすけれど…(←か、かんべさん…)

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ

にほんブログ村
人気ブログランキングへ 
ポチってしていただけると嬉しいです(〃▽〃)
トラックバック0 コメント0
晴れ時々雨、また土砂降り 3
2012-07-25-Wed  CATEGORY: 晴れ時々
「ちしろ~っ、ちしろっぉっ」
神戸の声は闇夜の中に、電話機越し、響いてくれる。
もうこんなとき、全てを知った友人に縋るしかなかった。
頼る、というよりは命令だ。
分かってくれる友人が、何より嬉しくて頼もしい存在になる。
嫌味はたっぷり言われても、結果的に長流のことを考えてくれる、恋人より気のまわる人…。
弱みは一杯にぎっているのかもしれないけれど…。

一緒に働く部下のことはあっても…。やはり自分たちふたりの存在を認めた間柄に何かを言ってくることはない友人に感謝の気持ちも混じる。
電話をかけた先、英人も大人しく状況を見守ってくれた。
部下や、同級生に頼るのは何なのだが…。
背に腹はかえられない、と長流は現状を思う。
その危機感(←)を誰より千城が感じてくれるのだろう。

「なんだ、こんな夜中に…」
呆れたような声ではあっても、受け答えてくれるのは、気遣ってくれている証拠。
神戸が、ふたりが飲みに行った先に、一人では行けないと甘えるのを溜め息混じりに同行を承諾してくれた。
いわゆる…、分かってはいても見せびらかしたい光景があるというわけだ。
日野は神戸と千城の関係など、分かっている付き合い方なのだろうが…。
改めてみた時に、どう言われるのだろう。

英人は身じろぎながら本音を零した。
「俺…、寝ててもいい?」
「あぁ…」
ベッドの中に崩れ落ちる英人に、心配ごと、そう、浮気など一つも浮かばなかった。
神戸と千城…。誰がどう考えたって一線を飛び越えることなどないと思えるのだから…。
千城から優しいキスを贈られて『明日のために』体力を温存しようとまったりとした眠りに落ちる。
ふたりの付き合いは、ふたりが確立すればいい。
その影になにがあったとしても…。


連れられたのはゲイバーといえるところ。
ゲイバーという場所は日野も慣れたものがあった。
男同士の付き合いはそれとなく理解できている。
過去の職場のおかげだろう。
今の店ではナンパ的なことは禁止していた。それでも近付く人間たちは伺い知れる。
安息だけを求めてくれる客に、喜びも覚えていたくらいだ。
今日、こうして一緒に飲みに来たのはただの偶然。…とそう思える空間を作るのが仕事。

同じ年でどこか影をかかえたような風貌は尚治の意識を傾けさせるものになった。
小柄な体、柔らかな眼差し、何か縋ってくるようなものも感じさせてくれる…。
昔、いつか出会った英人に良く似ている。
あの時も死にそうな顔をしていて…。
それにこの目の前の男も一時死にかけた。

『どんな男に声をかけられようと護ってやるから…』
そう声をかけて、やたらな店に飲みに行くなと尚治が勤める店で囲った。
別の店で危険な目にあったとは、風のうわさで聞いていた。
本当に淋しい時は委ねられる相手を求めてしまうのだろうが…。
誘う、求められる、良し悪しを尚治は判断して、やってくる夜を促していたのかもしれない。

尚治にに案内されるまま、聞こえよければ…、促されるまま、店に通ったまだ若い男は尚治の指示に従って、何人もの関係を築いた。
本当に求めた人には、振り向かれもしなかったけれど。
彼の安堵を得るために、安心させるために…。
安全パイの男と繋がった…。

優しい…。だけど残虐な男でもある。
気遣いがあるくせに、気遣ってくれない。
その人が自分と同じ目線に立てないと諦めていたけれど、男同士の関係を完璧に認めて自らも堕ちたと分かったなら、諦める必要なんてないだろう。
尚治の隣で笑った表情は、その店でも噂になれるくらい、妖艶なものだった。

『ゲイバー』
その奥行きを尚治は知らなかった。


にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ

にほんブログ村
人気ブログランキングへ 
ポチってしていただけると嬉しいです(〃▽〃)


また間違えてupした。・゚・(ノД‘)・゚・。
なんだろう、この失敗…。

トラックバック0 コメント2
晴れ時々雨、また土砂降り 4
2012-07-26-Thu  CATEGORY: 晴れ時々
尚治はゲイバーで働いていたとはいっても、男に興味などないのだから、自ら出向くことはない。
噂に聞くところはあっても現状は勤務していた店と今の自分の店しか知らないものだ。
はっきり言えば、初めて来たその手の店になる。
カウンター席に並んで座る。隣の小平大和(こだいら やまと)がやたらと近寄ってくるのを苦笑でかわすしかなかった。
こういった店で雰囲気を壊すような態度には出づらい。
それに大和の魅力的なものは、過去、何人もの男と関係があったことを知るだけに、自分が素っ気なくした場合、他の客に声をかけられることは想像できた。
不要な心配事は最初から作らない方がいい。
それでも、顔を近付けられたり、あからさまに指先を絡められたりするのには抵抗が生まれた。

「大和、ちょっと…。俺、マジで男に興味ないから…」
隙間を作るように小声で意思を伝えればふくれっ面が返ってくる。
「そう?経験してみれば考え、変わるかもよ」
「変わらない」
きっぱりと言い切ってみるのだが、変えられた過去があったことまでは伝えられなかった。
ものは試し…状態で、長流の虜になってしまったのだ。
あの時の衝撃は大きかった。そして現在に至っていること…。
こんな会話も雰囲気も、長流には見せられないな…と内心で冷汗をかく。
連れて来なくて正解だった。
こんなふうに自分が誘われるとは思っていなかった油断もあったのかもしれない。
懐かしさに大和の飲みに行こうという提案を受けてしまったが、店員と客という関係以外で顔を合わせるのは初めてのことだった。
「ほんと、つれない…」
「釣れなくていいよ」
「じゃあさ、今だけ。この店にいる間だけでいいから恋人のフリ、してよ」
大和のいう意味は、尚治が懸念していることと同じだろう。
この店に来てしまった後悔もあったが、「仕方ない…」と諦めの境地で苦笑いを浮かべると、膨れていた顔が笑みで覆われた。
自分がその対象に見られるとは、少なからず長流の影響が表れているのだろうか…。

客として店にいると、見方も変わってくるのかもしれない。
いつもは店全体を見回すことばかりだが、一人を見ることで恋人のような雰囲気を作り上げることができる。
そういった空間を求めてやってくる客の気持ちがなんとなく知れた。

小声での雑談を続けていた時、ふと大和が「あれ?」と尚治の後方に視線を向けた。
なんだろうと咄嗟に尚治も振り返ればテーブル席の一角に見慣れた姿が存在していた。
「はぁ?!長流っ?!」
しかもベンチシートに並んで座っているのが千城だ。
思わず監視か?と声が上がってしまう尚治に気付いているのか、無視されているのか…。
一向にこちらを見ようとはしていなかった。
気を向けてしまう尚治の手のひらの上に、大和の手が重なってくる。
「尚治、いい雰囲気じゃん。邪魔したら悪いよ」
甘ったるい空気を醸し出しているのはあちらも同様のようだ。
何の意図があって、こんな夜中にわざわざ千城まで連れてこんなところにいるのか、尚治には理解ができなかった。
大和の言う『いい雰囲気』も、絶対にあり得ないことだとは尚治のほうが百も承知していたけれど…。
見ていて気分がいいと思えるものでもなかった。
普段なら何も気遣わず、見逃せるふたりの存在なのに…。それはこの場所という空間にいるからだろうか…。
「こっちを見て…」というような大和が、重ねた尚治の指先を自分の唇に触れさせた。
より密着した体。
ストンと流れ込んでくるように、大和の額が尚治の胸の中に収まった。
ここで騒動を起こすことはできないと、すぐに判断出来たのは、経営する側の心理状態を把握できていたからだろうか。
甘えてくる仔猫のような態度は、確かに英人に似ていると思えた。
雰囲気に飲まれているのか、拒絶できない尚治の精神的なものが絡むのか…。
あとは千城と長流を前にしてヤケになるものが湧くのか…。
宥めるように尚治の手が大和の頭部をポンポンと叩いた。
さりげない、ただ、友人を気遣う程度のものだったのだが…。
「尚治…」
耳元で囁かれた声に、今までとは違う”艶”のようなものがあるのに気付いた。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ

にほんブログ村
人気ブログランキングへ 
ポチってしていただけると嬉しいです(〃▽〃)

トラックバック0 コメント4
晴れ時々雨、また土砂降り 5
2012-07-26-Thu  CATEGORY: 晴れ時々
とあるバーの席に落ち着いて…。
長流の隣で千城が面白そうにフッと口角を上げるのがわかった。
完璧楽しまれている…、弱みを握られているのは充分なくらい承知しているけれど…。
長流が追いかけたくなる気持ちを抑えられなかった結果だ。
尚治の浮気の心配はないと信じている部分がありながら、やはり現場確認はしたくなる。
尚治の人柄の良さが発されれば、相手に余計な気持ちを植え付けていた。まるで気があるかのように…。
そんなつもりは全く無い尚治なのだから、ある意味、相手が気の毒に思えるところもあったが…。

何の会話をしているのかはこちらからでは聞きとることができない。
一気に尚治の腕に抱かれるように寄り添った小柄な男に、また尚治に対しても、「おーい、おーい、オーイ」と長流の内心で突っ込みが入っていた。
まさかとは思うが、このまま『慰める』行動には出ないだろうな…。
『男に興味がない』…とは一番近くにいる長流が良く知っていることではあったけれど、甘えられて見放せない尚治の性格も、誰より知るところだ。

少しばかりの説明をしただけで、千城は状況を把握してくれた。
そして現在に至っている。
千城にしてみたら、千城と英人の件で散々振りまわしてきた謝罪の意味も含まれるのだろうか。
あとは…、やはり好奇心だろう。
「日野の浮気現場、発見か?まぁ、アイツはそんな不真面目な人間ではないと思うが」
「それ、何?僕ならありえるってこと?」
過去の不貞…どころか、成り行きの行動を千城は知り過ぎるくらい知っている。
性格を比べられているようで長流は余計に不機嫌になった。
今は違う、と言いたい気持ちは通じているからこその、嫌味なのだろうけれど。
「神戸はどうしたい?こちらに煽られてその気になった日野を追い掛けて、完全な証拠をつかみたいのか?」
「どこまでするのかは見てみたいけれど…」
「おまえ、本当に陰湿な性格、しているな」
呆れと苦笑が混じり合って、でもさりげないほどの視線の動かし方で、状況を見守っていた。
千城の洞察力の高さには閉口するところもある。
その先に待ち受けるものを、尚治だって充分なほど想像できるだろう。
今、肝に銘じさせたいのは、親切心の裏側にある危機感だ。
とにかく尚治は人が良過ぎる。それ故、狙われることも多いこと。
長流と千城がそれなりの雰囲気を見せることで、相手の男はつけ上がり、ますます尚治に絡みだすだろう。
その時、男に興味のない尚治がどんな態度にでるのか…。また今後の対応をどう変えていくのか…。
当然一番心配していたのは、年上の自分より、若い子に視線を向けられることだったのだが。
気遣われるのか、千城には「それはない」と断言されていたけれど…。
自分以外の男を知らない尚治の考えまでは、長流には読めなかった。

ちらりちらりと視線を向けてくる、あちらの二人の動きは確認できていた。
男の子については、尚治の一番近くにいるのは自分だとアピールしたい視線だ。
尚治は何故長流と千城が一緒にいるのかの疑問と、その場を離れられない、優しさ…。
この場所で男の子に降りかかる災難のようなものを危惧しているのだろう。
その好意を分かってくれとこちらに向けられても…、尚更腹の虫が収まらないという状況にさせてくれる。
フッと笑った千城が、「なんだったらキスの一つでもしてやろうか」と長流を挑発してきた。
対人面に関する雰囲気作りには普段の生活から長けていたし、海外で暮らしていた経験もあって、それくらいは挨拶の一つの中に括り入れてくれる。
だからといって、明らかに自分のほうが、分が悪い状況には持ち込めなかった。
たとえ、どんな雰囲気を作り出そうが、尚治は長流と千城の関係を知っている。
ここに千城を連れてきたのは、一人飲みで声をかけられる確率を減らしたかったことと、カモフラージュを余裕で作ってくれる度量の良さにあった。
更に千城の見目の良さは、確実に男の子の意識を引くだろう。
おかげで隠れた席でも、尚治が気付くことになったのだから。

尚治はそっと彼の肩を押し戻していた。
人前でイチャイチャするのは好みではない…というふうにも捉えられる。
尚治を見つめる視線の熱さ、絡みつくようなアピールに、ようやく気付いたのだろうか…。
尚治の態度が硬化したような気がした。
そのことに少し安堵を覚えてしまったのだけれど…。

「僕…トイレ、行ってこようかな…」
「あぁ、だったらついていってやるぞ」
こういった店の『トイレ』がある種の何を表現するのか、男の子は理解できているはずだ。
それをどんな言葉で尚治に伝えるのだろう。
立ちあがった長流と千城に、他の客からも視線が注がれるのを肌で感じた。
おまけにも千城は不敵な笑みを浮かべながら、長流の背に片手を添えてくれたのだから…。

この見栄えの良さを有効的に使ってくれる根性に、半ば呆れていたりもする。
十中八九、尚治は勘違いしていないと信じながら…。
疑問は駆け引きに変わる。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ

にほんブログ村
人気ブログランキングへ 
ポチってしていただけると嬉しいです(〃▽〃)

立て続けのup申し訳ございません。
トラックバック0 コメント2
<< 2018/12 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


Copyright © 2018 BLの丘. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。