FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鎧 1
2011-04-08-Fri  CATEGORY:
休日の日、佐貫は安住の家を訪ねていた。
成俊と一葉が揃って出掛けるというので連れてきて、二人を見送りそのまま居座っているところに、中條が飛び込んでくる。
「ヒナタ屋のロールケーキ、買ってきたよ~。…って、みっちゃん、来てたんだ」
「いて悪いか」
「そうじゃないけれどさ。休みの日にここにくるなんて珍しいじゃない」
最近では非番の日でも家に籠ることが多い。
成俊が忙しい自分に代わって何かと家事をすることが増えたために、せめて休日くらいは…と思うからだった。
まぁ、大して役にたってはいないのだろうが。
さすがに家庭を持っていた過去があるだけに、あれこれと神経質になるのは成俊のほうで、自分は子供ではないのだからと口やかましさに閉口することも多々あった。
何かにつけて理由を重ねてくる姿はありがたいことに越したことはなかったが…。
ほこりの一つで健康に害などないだろうと考える佐貫に対して、「一番の問題!!!」と跳ね返される。
そんなものか…と好きにさせてはいるのだが…。

成俊が日野の店で働く一葉と親しくなるのに、そう時間はかからなかった。
同じ年ということもあったし、佐貫と安住の中の良さにも影響されて触れあう機会があったからだろう。
現在の私服姿を見れば、今日が休みだと中條はすぐに気付く。
「成俊君と休みを合わせたんじゃないの?」
佐貫の隣に座った中條が疑問を持って佐貫を振り返った。
安住は立ち上がって中條の為のコーヒーを淹れに行く。
成俊も販売業だから休みは特に決まっていない。
忙しいなかでも佐貫も休みが取れないほどの事件に追われている時ではなく、時にはこうして成俊と同じ日を休日にすることもあった。
そのことを中條はすでに知っている。
「成俊が一葉君と服を買いに行くっていうから、送ってきたんだ」
「そうなんだー。確かに”オジサン”が口出せる分野じゃないね」
「オジサンって誠も同い年だろーが」
「若い子の趣味にはついていけませんって言ってるようなものでしょ」
「僕は一葉の服くらい買えるよ」
どこか反論的な安住が口を挟んでくる。
佐貫は成俊の身なりに頓着はなかったが、安住は気遣っていると言いたい雰囲気だった。
佐貫だっていざとなったら成俊の服の一着や二着…。と思いながら、どんなものが欲しいのかはやはり詳しくは知らない。
肌が隠れていればいいだろうと、それとなく思ってしまう。
中條が呆れたように口を窄ませる。
「二人してこの溺愛ぶりはなんなの~。まぁぁぁったく、嫌んなるよね~。若い子を捕まえた途端に人格変わるんだから」
「誠だって磯部さんのもとで甘やかされてるだろ?」
佐貫が嫌味返しに告げれば「僕が甘やかしているんです」とこれまた強気な発言が出た。
あぁ、磯部さんの先が思いやられるよ…と佐貫と安住に思われていることはもちろん中條は知らない。
同級生3人がすっかり寛いで昔話や現在の状況に華を咲かせている時、佐貫の携帯電話が突然鳴った。
「成俊か?」
表示された名前に当たり前のように穏やかな声で出るのだが、電話機の向こうに聞こえた雑音は尋常ではないものを伺わせた。
『みつ…っ』
『何、電話なんかしてんだ、ボケッ!!!!』
第三者の声が聞こえたと共に通話が途切れる。
「成俊?!どうした?!」
掛け直そうにもそれは繋がることがなかった。
無言の電話機に怒鳴り散らしても返ってくる言葉はない。
「どうしたの?」
コーヒーカップを投げ出した安住が、何が起こったのかと詰め寄ってくる。
成俊と一葉は一緒のはずだった。
「分からん。今位置を探す…」
携帯電話のGPSだけでは役に立たず、それ以外のものを成俊には持たせてある。
あまりにも小型で、普通の人間では気付かないようなものだった。
安住も一葉の位置を確かめようと探ったが電源が切られているようで無理だと蒼白な表情を浮かべた。
「なんかの事件に巻き込まれちゃったの…???」
中條がふざけている時ではないと声を震わせた。
成俊の過去に何が起こったのか、もちろん中條も安住も知るはずがない。
たった一度の経験だってさせたくないむごい行為だった。
万が一にもと想像するだけで悪寒が走るのを二人とも感じていた。
だが、佐貫は自身で二度も経験しているだけに焦りだけが生じる。
「佐貫っ!!!」
「享利、すぐ確かめるから…」
心配なのは自分だって同じだ。
小型の画面が成俊の位置を点滅させた。刑事だからこそ知る、あまり芳しくない位置だった。
暴力団の組の事務所…。
「なんだって、こんなところに…」
呆然と呟かれた言葉に安住が詰め寄った。
「どこっ?!」
少なくとも今分かるのは成俊の位置だけだ。一葉と引き離されていたら一葉の行方は知れない。
そのことをすぐにでも安住は感じ取っていた。
「一葉っ!!!」
悲痛なる声は佐貫の中でも木霊していた。
成俊に“守ってやる”と言ったのは自分だ。
「僕、ここにいるから…すぐに行って…」
家の戸締りなどしなくていいと、中條が二人を促した。
今は1分1秒が惜しい。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

何書こうかな~と迷っているうちにこんなのになっちゃった…。
トラックバック0 コメント5
鎧 2
2011-04-09-Sat  CATEGORY:
駅から連なるブランドショップは有名どころで、並ぶ店の数々に人がごった返していた。
一葉と成俊の趣味はどこか似通っていて寄る店も知れる。
ブランド…とは言っても二人とも貧乏性のところがあったから、ブティックの50パーセントオフにばかり手が向いてしまう。
入り易そうな店で幾つか試着を繰り返し、互いを見せあいながら、少ない数を購入する。
それぞれ与えられたカードや現金を手にしているものの、財布のひもは固かった。
途中、アイスクリームを購入し、甘さに酔いしれて歩き出した時だ。
一葉が背後から押される力を感じて、抵抗も出来ずに目の前にいた男の背にアイスクリームを持った手を押し付けた。
「あんっ???!なにすんだっ???!!!!」
一見して堅気ではないと思うチンピラが振り返った。
周りにいた数人の男も、逃げ道を塞ぐように立ちはだかった。
一度絡まれたことのある成俊は即座に、これが仕組まれていたのだと悟った。
一葉が背を押されたのはわざとなのだろう。
何も知らない一葉は、訳もわからなく囲まれてうろたえる。
「あ…」
「俺の背広にとんでもないもの、押し付けてくれたよなぁ」
確認してくる男の声に恐怖が混じり、震えながら謝罪した。
「ご、ごめんなさい。クリーニング代払いますからっ」
だが、そんなもので許すような連中ではない。
こういった連中はどこまでも貶めてくる。
「クリーニング代だぁ????精神的な慰謝料はどう払ってくれるんだぁ?背後、汚されたまま、歩かなきゃなんねーんだぞーっ?!」
わざとらしく脅しをかけてくるセリフに、返す言葉を失ってうつむくしかなかった。
成俊はすぐに携帯電話を手にした。
「みつ…」
だがすぐに、その手を振り落とされた。
「どこに電話してんだぁ、このばかぁっ」
一人の男の手が成俊の携帯電話を叩き落とし、踏みつけられて壊される。
更に、抵抗ができないようにと後ろ手に回された。
「あぁぁぁ、やめっ…」
「クリーニング代100万かな。二人で50万で済むぞ。安いなぁ。俺って良心的。それか体で払ってもらおうか」
しげしげと二人を見下ろしていたアイスをぶつけられた男が、ふと妙なことを口にし出す。
『体で…』というのがどういうことなのか、想像がついた。
嬲られる世界など御免だ。
男たちを相手にすることがなにをされるのか、過去の経験で成俊は知っている。

成俊は身をすくませて大人しくなった。
「この坊やのほうが正直だな」
訳も分からず泣きだした一葉よりも成俊の方に視線が向けられた。
体を押さえつけられたまま顎を掴まれて上向かされる。
凌辱されるような目にあいたいはずがない。
正直、というよりも恐怖と、拘束されているせいで動けないだけだ。

「すぐ近くに事務所があるから、そこで話をしよう」と連れ込まれたのは、どこかのビルだった。
一度捕まえたカモは逃がさないと完全に丸めこまれてしまった。
「な、何もしないで…、おかねならはらうから…」
一葉が咄嗟に口に出したのだが、そんなことを言えば図にのられるだけだ。
相手の言う金額など法外なもので、いつまでもつけ込まれる。
金で解決できて、体を使っての、あの辛さを味わなくて済むのなら、それに越したことはないが…。
「100万が即金で払えるのか。すげぇなぁ」
男が満足げに微笑んだ。
「すぐ?」
「当然だろう。俺の気持ちが満足できるようにふるまうのが謝罪ってもんだろうが」
「そんな…」
「だから体でもいいって譲歩してやってんだろう。ご奉仕してくれりゃ、状況によっちゃ勘弁してやるけどな」
「な、なにを…」
一葉は何も知らずに相手の言葉を鵜呑みにしていたが、成俊はそんなわけにはいかない。
「一葉君、黙って。何も言っちゃだめ」
佐貫に影響されているからではないが、人をかばって守ってやらなければいけないという精神が成俊にはあった。
しかし、余計な口出しをするなと、別の男が成俊の頬を張った。
「生意気だな。まぁ、こんなのが許しを乞うようになるのを見るのも一興だろう」
一葉には何もさせられなかった。
安住がどれほど一葉を大事にしているのかも承知している。
自分だって佐貫の思いを身に受けているから本当ならこんなことは言いたくはないけれど…。
最初からここに連れ込んだ時点で、何もせずに出す気なんてなかったんだと気付いた。
遅かれ二人して身を剥かれることになるのであれば、せめて一葉だけは何も知らずにいさせてやりたかった。
自分は一度穢れた。
安住にどれだけ世話になって、今の自分があるのか…。
きっと佐貫なら許してくれる…。

「一葉君には何もしないで。俺、するから…」
「随分殊勝だな。なんだ、そういう間なのか、おまえら」
成俊の申し出に目を見開いた男が、意地悪く笑った。
どっちがどうなんだ?と品定めをするかのような薄笑で、視線で撫でまわされる。
一葉と成俊を比べたら、経験には明らかな差があった。
少なくとも、暴力は振るわれないだろう。
一葉は無垢のままでいればいい。

「一葉君のいないところで…」
「あぁ、いいぜ。可愛がってやろう」
「だめだよ、成俊君。俺がぶつけちゃったんだ。なんで成俊君が…」
何故自分の失態の責任を成俊が負わなければいけないのかと、不思議がる一葉がボロボロと泣き始めた。
確かに自分は関係ないと一葉を見捨ててもおかしくない状況だが、成俊にはそれができない。
今あるのは、一葉を守ってやりたいと思う、母性本能のようなものと、責任感のようなものだった。



にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
あぅぅぅ、なんか視点変わってるけど…ゆるしてーっ。そして一度upしたのですが書き直して再登場ですm(__)m
トラックバック0 コメント2
鎧 3
2011-04-10-Sun  CATEGORY:
泣きじゃくる一葉をうっとおしそうに見つめられ、彼をおいて違う部屋に移動させられようとしていた時に、制止する声を振り切って飛び込んできた男がいた。
佐貫と安住の姿を目にした途端、成俊の張り詰めていた緊張が一気にほどける。
「成俊っ!!!」
「一葉っ!!!」
「なんだっ?!おまえらっ!!!!」
成俊の腕を掴んだ男が成俊を背後に隠そうとしたが、素早い動きで佐貫が立ちはだかった。
成俊も逃げようと手を伸ばす。
「みつ…っ」
「なりっ、来いっ」
突然現れた人間に、その場にいた人間が全員身構えた。
それらを一瞥で佐貫は封じ込める。
男の手から逃れた成俊は一目散に佐貫に飛び込んだ。
「何があったのか説明してもらおうか」
鋭い視線に一瞬の戸惑いが男たちに浮かんだ。
自分たちを前にして怖気づくものを何一つ纏わないのは、慣れた人間だからなのだと知らされる。
だいいち、ここまで簡単に入ってこられたのだ。
安住の腕に縋りついた一葉は、ただ嗚咽を上げるだけだった。
「なにがって、そのガキが俺の背広にアイスなんかぶつけたんだよっ。おとしまえ付けるのが当然だろうがっ!!」
「ひゃ、ひゃくま、ん、慰謝料…って…」
佐貫に強く抱きしめられて安堵した成俊が、少しの落ち着きを取り戻して、片言のような声をあげる。
佐貫の眉が吊り上がった。
「なんだとっ?!完全な恐喝だろう?!こんなところでなく、署で調書取ってしっかり話を聞いてやるっ」
「随分立派な衣装をお召しですね。証拠品として提出してもらえますか?鑑定でも何でも回しますよ」
安住はこちらに非があるのなら応じるといった態度だが、法外な金額に泣き寝入りする様子はない。
罪状や法律が絡んでくれば、佐貫も安住も容赦することはなかった。
「ひっく…、ご、ごめんなさ…、俺が…」
かろうじて上げた一葉の声に、安住は原因が一葉にあることを悟ったが、尚更「大丈夫だよ」と優しく背を撫でていた。
一葉が事の一端を作ってしまったのなら、余計に安住は逃げも隠れもしないと、正面から向き合う。
このような場所にいながら、全く動じることのない気配に、男が声を荒げた。
「てめーら、何モンだっ?!」
「恐喝程度で警察に目を付けられたなんて上に知れたらおまえらの立場もヤバくなるんじゃないのか?!こんなちっぽけな事務所、いつでも切られるだろうよ」
「警察?!まさか貴様…っ!!!」
「初対面の人間に向かってどんな言葉使いをしろと、おまえの組は教えてないのかっ?!いかに下っ端か良く分かるな」
この場では偉そうだった男も佐貫に怒鳴られて黙った。
教育が行き届いてないと言いたげな佐貫の言葉はこんな人間たちの立場も状況もつかみきっている。
それだけで充分なくらい威圧感を示す。
上層部に知られれば面倒をかけたと、どやされるだけだ。
「この子がかけたご迷惑料はお支払いいたしますが、一般常識のものにのっとって決めさせていただきます。それ以外の要求があれば法廷でお会いしましょう」
ぴしゃりと言い放った佐貫と安住に連れられて、成俊と一葉は連れて来られた時の恐怖心とは全く反対の安心感を宿らせて事務所を出た。
最後に言い置いた、佐貫の身分を明かす台詞に、怯む連中の姿を見れば、今後何も言われないで済むのだとはそれとなく感じ取れた。
万が一に何を言われようとも守ってくれる存在がある。
たくましく頼りになる人がそばにいる。
あいつらも、とんでもない人間の連れに手を出したのだと嫌でも知ることとなったのだ。
他の人間が同じような状況に陥らなければいいと、成俊は少し思っていた。

詳しい説明を改めて求められた時、状況をつたえれば、安住から告げられたことは、「食べ物は座って食べなさい」ということだけだった。
散々佐貫に説教していた成俊もさすがに返す言葉がみつからなかった。
家の中で何を言っていても、外では自分の方がずっと世間知らずな子供だった。
ただ佐貫と安住が揃って口にした言葉は同じで、「何もなくて良かった…」と安堵された。
あと少し二人の登場が遅れていたら、どうなっていたのか…。
要求されたことを成俊は佐貫に言えずにいる。
少なくとも、自分から求めるような人間になり下がったとは言いたくなかった。
いくら、一葉を守ってやるためとは言っても…。

4人揃って一緒に安住の家に戻ると、オロオロとした中條の姿があった。
この男も、佐貫の過去を知る人物だった。
もちろん、成俊に起こったことは知らないはずだが、かつての恋人が命を落としたことは承知している。
それだけに佐貫が、成俊に何かあったときにどれだけ苦しむのか、心配されているのだと簡単に理解できた。
見守ってくれる人が、自分の周りにはたくさんいた。
いつでもどこでも守られている存在。情けないけれど嬉しい。
自分の身を覆ってくれる優れた戦士たち。
それは自分の身を守ってくれる鎧兜のようだった。

―完―

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

こういう世界のことはあまり詳しくないので、リアルは追及しないでください。
トラックバック0 コメント5
<< 2018/12 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


Copyright © 2018 BLの丘. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。