FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
wait
2009-12-24-Thu  CATEGORY: 季節SS
皆さまが幸せに包まれるクリスマスだというのに、千城と英人の物語が全く正反対の方向に傾いているので本日はお休みして読み切りSSをupすることにしました。
続きを気にされていた方、お待たせするようで申し訳ございません。
それと年末に入り何かと慌ただしく、upの無い日があると思います。のんびり待ってやってください。



待ちくたびれた…と思った。
いつもはクラシックが流れる年代を感じさせるバーも、今日ばかりはクリスマスソングだ。それもピアノが奏でるような静かなもので、客同士の会話を邪魔するものでもない。
「クリスマスイブに一人でいるのは嫌だ」と幼馴染の和巳(かずみ)から電話があったのは女子社員からおやつをもらった15時過ぎだった。
お互い恋人もいないまま過ごしたイブは何度目だろう。
この数年では一緒に過ごすことが当たり前みたいになっていて、だから余裕綽々と今日の夜の予定を当日になって取りつけてくる図々しさがある。
それに、俺もこの年末にこの連絡を待っていたりするんだ…。
「今日は一杯サービスしますよ」
和巳が指定してきた店のカウンターに座り待つ時間はもう2時間を越えている。かけた携帯電話は電源が入っていないとアナウンスされる。
お互い実家を離れ、住んでいる場所ももう近くない。連絡を取ることだって多いとは言えないかも…。分からない。恋人という存在だったら少なくて、友人という存在だったら多いのかな。
初めて連れて来られてから居心地の良さを覚えてこの店には1年に数度来る。頻繁に来るわけではないのにまだ若いと思われるバーテンダーは自分の顔を覚えていてくれた。
黒のベストをキッチリと着こなした姿は年齢以上のものを感じさせる。店で培われてきた人間性なのか落ち着き払った態度は大人びているというより板についていた。
「…う、…うん、いいや。帰るよ」
先程出されたカクテルもどこかアルコール度数の薄いものだった。自分の勘違いかと思ったけど、今夜にどんな意味があるのかを理解して待たされている俺の為にわざと調整してくれたのだろう。本当はそんな関係までたどり着いていないんだけどさ。
すごい気遣いだな、と感心しながらスツールを降りようとした。
なんでこうやって気を回してくれる人を好きにならなかったんだろう…。
思いついたように連絡をしてくる気まぐれさ。忘れない一年に一度の不確かな逢瀬。
いつまでたっても幼馴染の領域を脱せないもどかしさや、告白して今までの良い関係が崩れることに脅えているんだ。
何をするのも一緒で何だって話しあえて、お互いの性癖のこととかもいつ頃知っちゃったんだろう。強引なまでの和巳に引っ張られるように流れてきた学生時代。離れてしまった社会人になって初めて和巳のいない日常に不安が募った。
でもそれを打ち明けることだけは躊躇われて…。
長い月日を経て育て上げた信頼関係が『愛情』という言葉で濁されるのが怖かった。
年が明けたらすぐに30歳になってしまう俺にとって今日はどこか特別な日だったのかもしれない。
20代最後のクリスマスイブは10年以上思い続けた俺にとって最後の砦のようだった。
自分で告白出来る勇気もないくせに、『待たされた』と思っている自分のほうがずるいのかな。
「でもさっき出した物でお金を取ることってできないですから…。もしお帰りになるのでしたらこのまま。どのみち今日はお二人にサービスする予定だったんです」
自分で思ったことが間違いではなかったのだと告げられる内容に、無銭飲食をするような申し訳なさが募ってスツールから下りられなくなった。たとえ半額にされたって支払くらいしたい。それに年下にまで慰められているようで悲しさが心を占めた。
「じゃあ、ありがたく頂こうかな」
再び彼と向き合う。どこかホッとしたような表情に変な気を回さなくていいのに…と感謝していた。

カウベルが小さな鈴の音を響かせる度に入口のドアを振り返ってしまう。
今も振り返りながら入ってきたのが小柄の可愛らしい男の子で、和巳ではないのか…とすぐに視線を戻した。
慣れたように二つ隣のスツールに腰掛けると、気の良さそうなバーテンダーの表情がいささか曇った。
「こんな日に何しているんだよ」
「ニューヨークの空港が大雪で閉鎖されて帰ってこられなくなっちゃったの。今日こそは絶対に帰ってこないから安心だよ。ニュースでもやっていたし」
「そういう問題じゃないだろ」
小声で話してはいても二人の仲の良さは伺える。話している内容は何やら意味深だけど俺たちと同じように一線を越えた関係ではないのだとは雰囲気が物語っていた。気の許した友達…っていうところだろうか。
恋人に会えない淋しさをここで紛らわせているといった態度にバーテンダーも溜め息の一つで終わりにしていた。
クリスマスイブに想う人と過ごせない人間は思いの外居るものなんだな…。

サービスだと言われた一杯までからっぽになって、いい加減痺れを切らした俺はスツールを降りようとした。
いつまでたっても現れない和巳に、もう潮時なのかも…と悲しい思いが滾ってくる。
毎年のように繰り返された”約束”も、こうして裏切られることで現実を知るのかもしれない。
前もって伝えることができなかったから直前に連絡を入れてきたのかな。「こんな急に無理」って俺が言うのをもしかしたら期待していたのかも…。

もう一度カウベルが鳴って、思わず振り返った俺の視界に飛び込んできたのは、明らかに息を切らせたような和巳の姿で…。
「ごめっ!新幹線すごい遅れるし、携帯の電池切れるし、誠也の携番わかんないし…」
まっすぐに近づいてきた和巳の冷たくなった指先が俺の頬に触れてからぎゅっと胸に抱きすくめられた。
突然のことに声も出せずうろたえる俺に、和巳の掠れるような声が被さる。
「待っててくれて良かった…」

「暖まっていってください」
安堵したようなバーテンダーの表情に涙がこぼれそうになる。きっとこの男は知っていたんだ。今日、絶対に和巳が来るって…。だからどうやったって待たせたかったんだ。そして気付いていたんだ、和巳の思いまで…。
温かなおしぼりを出されて和巳は凍えたような両手をそれで包んでいる姿が何とも痛ましい。
大阪まで出張していて、確実に帰れると踏んで連絡をしてきたらしいが、結局予想外のトラブルに巻き込まれて思い通りにはいかなかった。
だけどその切羽詰まった時間が和巳の煮え切らなかった感情を呼び起こしたらしい。
自分から告げることなく甘えたのは確かに俺だったけど…。
お互い、いつでも連絡を取れる存在と思いながら最後の一言を言わずに過ごしてしまった月日。
失うかもしれないと思った危機感を今日初めて二人とも感じたんだ。

聖なる夜に告げた言葉。
「好き…」
ようやく言えた言葉の後に、店を出ていく俺たちを追うように小さな鈴の音が聞こえた。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
トラックバック0 コメント2
Difference
2009-12-24-Thu  CATEGORY: 季節SS
クリスマス企画第二弾
でも私が書くと明るくならない…。
別に千城と英人の物語が書けないからこんなもので場繋ぎしているわけではないんですよ…。
今朝の『wait』でふと思いついた作品です。(苦情きそうだな…)


クリスマスイブという一年に一度しかない日に、うるさくワンワンと吠えるドーベルマンが天候不順の為に日本に戻れず海外という檻に収監されていると聞いた時は、そりゃぁ喜んださ。
番犬がいなければサンタクロースだって安心して近づいてプレゼントを渡せる。
一人淋しく過ごすことになるドーベルマンの愛猫が可哀想で早速電話を入れてみれば、「友達の働くバーにいる」とニャーニャー悲しみの声を上げていて…。
当然行くでしょ。勤労する友人などより何で俺に泣きついてくれないのかな。
ドーベルマンと同じくらいこのコリー犬だって愛猫に一途だって忘れられちゃ困っちゃうよ。

サンタのソリならぬ、待機している我が家の車に鞭を入れて、愛猫に聞いた場所へと急がせた。
昔ながらの趣を残した少ししんみりとしたバーのカウンターに愛猫はちょこんと座っていた。
丸まった背中を思わず抱きしめたくなっちゃう。
スッと隣にさりげなく寄れば大きな目をパチクリとさせた。
「聖ってば、本当に来たの?」
「当たり前。こんな時の英人、放っておけない」
意外だと言わんばかりの驚き方がまた可愛い。淋しかったのならそのまま膝の上で丸くなっていいのに。
カウンターの奥に立った、きっと愛猫の友人だというのがこの狛犬だろう。
夜の雰囲気を纏わせながらも人を見る目は確かなようで、瞳の奥から一瞬品定めをされるような光を俺が見逃すものか。
敵対心が生まれるかと思いかけたが愛猫が安堵の息を漏らすのを狛犬は瞬時に読み取っていた。
「初めまして。いつも良くしていただいているみたいで…」
客商売に慣れた穏やかな顔つきを見せ礼を言われたことに驚く。まるですでに俺の存在を知っていたかのような雰囲気…。そして委ねるような落ち着きぶり。だけどその言葉には「友人以上の感情を持つな」と暗に牽制されているのが窺えた。だからって絶対に俺と同じ意味で愛猫を可愛がっているわけじゃないのは態度で知らされる。懐の大きさというか余裕さというか…。恐るべし、何者?こいつ。

どうやったって越えられない壁があるのは承知しているけど。
ドーベルマンと愛猫の巣に入っていけないように、狛犬が守る社寺に住みついた愛猫にも俺は近づくことができなかった。どちらとも俺の存在は違った。
そんなことを改めて確認させられるようなプレゼント、俺はいらないんだけどなぁとサンタクロースに心の中で愚痴ってみる。
愛猫は狛犬の前で何度もごろごろと喉を鳴らせていた。そんな仕草、俺には見せたことがないよね。心がしゅんとするのが分かる。
そのたんびに気付いた狛犬に促されて愛猫が寄り添ってくるものだから…。
あぁ、敵わないんだ…ってとっても強く感じたよ。
狛犬が見せる態度にも、愛猫が気にしてくれる優しさにも、俺はまだまだ足りていないんだな~って思う。
このまま連れ去っちゃいたいな…と自己満足しかない世界を思い浮かべながら、狛犬の目の前じゃやっぱり何もできず…。
さりげなく愛猫に外まで見送りを頼んで出た店先で、そっと愛猫の唇を舐めてみた。
さっきまで愛猫が舐めるように飲んでいた甘いカクテルの味が舌先から伝わってくる。
愛猫は驚いたようにピクンとしていたけど毛を逆立てることはなくて…。
こういうところが甘いんだよ…って思わず言いたくなっちゃう。
「帰国子女の俺にとってこんなのは挨拶なんだよ」って呟いたら、真っ赤になってうろたえている。
あーぁ、なんて可愛いんだろう。許してくれるなら何度だってキスの雨を降らせたい。
サンタクロースに今からプレゼントのお願いをしても受け付けてくれるのかな。
まぁ、叶わないお願いなんだけど。
ふと見上げた空、透き通った夜空に一筋の光が流れた気がした。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
トラックバック0 コメント6
next day
2009-12-25-Fri  CATEGORY: 季節SS
またくだらないSSです。どうかお許しくださいm(__)m

「蝋燭の火とかどうすんの?」
思わず言いかけた言葉が唇の中に飲み込まれる。
二日遅れで聖夜を迎えた自分たちに、吹き消す必要などないと言いたいような千城の唇が落ちた。
クリスマスなんてとっくに過ぎちゃったよ…。
そう呟きたい英人なのに言葉が出てくることはない。
不可抗力な自然現象に阻まれては人間なんてちっぽけなものだと感じる。
それゆえに、また出会えてよかったという感動すらあった。
海外に飛ぶたびに事故にあわなければいいなというささやかな願いがある。
たとえ何百分の一とか何万分の一とかいわれる飛行機事故だって、今回みたいに離着陸の遅延とかを目の当たりにされたらいつだって不安になる。

二人で食べようと思ったケーキは冷蔵庫の中で味を落としていた。
でも英人はせっかくフランス料理亭の楯山に教えられながら作ったケーキを千城に味わってほしかったから捨てることができなかった。
もともと家事が苦手ではない英人だ。
千城に出会う前までは細々とかき集めた材料で様々な料理を作っていた。
一つの物体が違う形の物になって口に運ばれることは嬉しいことに違いない。
だけど2日間も放置されてしまったケーキはパサパサとしているし味の肥えた千城に食べさせられるものではなくなっている。
それが分かっていても捨てられなかったのはせめて蝋燭をつけてくれることに期待を寄せたから…。
協力してくれた楯山にはもうしわけないけれど、気分だけ味わえればいいやってどこかで思っていた。
リビングテーブルの上に並べた料理とワインと…、寛ぐ風景の中、遅くなりながら味わった『クリスマス』。
その蝋燭の火も消えない中で落とされた甘い口付け…。
まるで生クリームを舐めたかのような砂糖菓子を思わせる甘い蜜に英人は一瞬びっくりした。
いつの間にか消されてしまった蝋燭からキナ臭い香りが漂う。
同時に唇の上に白いクリームが塗られた。
薄暗く電気の落された部屋の中では千城の瞳を追いかけるのがやっとだ…。
「おまえを全て食べてしまいたい」

ソファの上に転がされた体からシャツの前ボタンが全て外され、上半身が露わになる。
暖房で温められたはずの空気中ですら、裸にされたらその冷たさに体が戦慄くのに…。
突然ひんやりとした泡が胸に落されてピクリと震えた。
冷たさと解けるような滑りの上で、ケーキの上に乗せたはずの大ぶりのイチゴが胸の上に乗っていた。
赤い蕾の上を更に彩る固形物。
目にした情景が想像を越える厭らしさを湛えているようで身を捩ればころりとイチゴが床の上へと転がり落ちていった。
「やだっこんなのっ!!」

まるで玩具のような気がした…。

英人は長いこと、『男に仕える身』として過ごしてきた。
過去に取らされた体位や屈辱は言葉では表しきれない。
もちろんそんなことを今の恋人である千城に改めて知ってほしくなどないし教えたくもない。
あの頃は、相手に興奮を与えることが全てだった。体を開き相手を煽り満足させる…。堕ち潰れたような世界。
そんな中で『食べ物』を扱うことだってなくはなかった。
体中に這わせられた刺身や海藻類を全て相手の口の中に収めるまで我慢しなければならなかった。
わざとらしく舌先で動かされ、一番敏感な部分へと運ばれる。動くことを絶対的に禁止され少しでも勃起すれば「厭らしい」と罵られた。

その時の屈辱をふと思い出した。
英人が激しく嫌がることに千城も罪の意識を纏った。
「すまない…」
自分の興奮ばかりを押し付けてしまったと反省する千城の態度に、これが男の欲望なのかと少し思う英人だった。
愛する人の腕の中であれば少しぐらいは我慢できるかも…。

転がり落ちてしまったイチゴを拾う気にはなれなかったけど、残ったクリームを舐めてもらうくらいはいいかな…。
「もう絶対にしないで…」
涙目で訴えながらも、今日が最初で最後だよと譲歩すれば千城から嫌われなくて良かった…という安堵の息が漏れた。
…そんな心配するくらいなら最初からしなきゃいいのに…

綺麗に舐めとられる感触は快感でしかない。
普段とは違う滑りと甘く漂う豊潤な香りに酔わされそうだ。
遅ればせながらのクリスマスプレゼントだと英人は思うことにした。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村

今度こそ投石はご勘弁を…っ(深謝)
トラックバック0 コメント3
年賀状
2010-01-02-Sat  CATEGORY: 季節SS
突然思いついたSSです。お正月企画ということで。

12月31日の夜に勤務するバーの店舗内でカウントダウンパーティーが始まり、明け方まで客や従業員と無礼講の飲みの席を味わった後、まだ夜も明けない中を帰宅した。
店は元旦、2日、3日と正月休みに入る。特に何をするわけでもないが、客相手の仕事柄、なかなかまとまった休みが取りづらい身としてはきちんとした正月休みがあるだけで充分なくらい満足していた。昨今では元旦から営業という店も少なくない。
日野尚治(ひのしょうじ)は誰が待つわけでもない冷え切った部屋に入ると、まず部屋を暖める準備をしてから熱いシャワーを浴びた。
昼夜逆転した生活も随分長いこと続けてきている。毎年の元旦の過ごし方といえば、風呂上がりに濃い酒をあおりながらご来光を拝んで床に就いていた。いくら無礼講とはいえ、やはり店では気を落ち着けて飲んでなどいられなかったし、自宅で飲む一杯が何よりの至福の時間だった。
昔こそ、馴染んだ友人と初詣など出掛けていたが、生活習慣の違いや付き合う人間の変化などでこの数年は正月から会う人間も減った。
日野は幼い頃に両親を亡くしていた。高校を卒業するまで父の弟の家族と共に過ごした。金銭面のこともあったから進学の道は諦めた。それよりもとにかく早く家を出たかったから働き出したが、いつの間にか流れついたのは今勤めているバーだった。男同士の関係を持つ人たちをもてなす空間は嫌うよりも新鮮さのほうがあった。だからといって好奇心というような目で見るつもりはない。影を抱えた人たちがひたむきに自分や相手と向き合おうとする姿に好感が持てるといったところだろうか。
自分がそういう人間なのかと問われれば『はい』とは答えられない。色々な人間を見ていればいつか傾く日が来るかもしれないが、今のところ男性に興味がないのが本音だ。

日が高くなる前に眠りについてしまおうと布団の中に潜り込む。起きるのは大抵昼過ぎで、ダラダラと過ごして3日間の休みが消えているのが常だった。

夕方になってコンビニに行った帰りにふと覗いた郵便受けに数枚の年賀状が届いていた。
最近は携帯電話のメールで済ませてしまう人間がほとんどで、どこかの店のDMやすでに子を持った友人からの何枚かが届くくらいだ。
部屋に戻り改めて一枚ずつ年賀状を確認していると、見慣れない差出人の名前を2通見つけた。
一通は『榛名千城』とあり、もう一通には『榛名英人』とある。
思わず眉間に皺が寄った日野だった。同じ家に住んでいるはずの二人から何故別々に届くのかが理解できない。
英人からの賀状には簡単に書いたのだと思われる水彩画が描かれていた。輪郭などもちろんないが、描かれているものはバーで働く自分の姿のようだった。明るい色調で描かれているのは正月という時期を気にしたからなのだろうが、雰囲気はよく伝わってくる。
英人の職業が何かも、今は趣味でしか描かない『絵』がある状況も話には聞いていたが、実際に英人の絵を見るのは初めてで『手作り年賀状』に心が温まるのを感じた。下の方につたない文字で「今年もよろしくね」と短い言葉が添えられていた。
対して千城から届いたものは、一瞬何の宣伝かと思うような見つめ合う二人の人間の写真が載っている物で…。よくよく見ればそれが差出人たちの姿なのだと気付く。(リビングに飾ってあるものを使用した模様。日野君はまだ見たことがありません)
「なんだこりゃ」
思わずこぼれた言葉は呆れにも近い。一体どれだけの人間に自分たちのラブラブ振りを見せつけたいっていうんだ…。ただの嫌味かぁ?!
2通も届いた様子では千城がこんなものを送っているとは英人は気付いていないのだろう。
そして千城からの賀状にあった一言は「今年も世話になる」で…。
普通はもうちょっと控え目に「宜しくお願いします」じゃないのか!?

印刷済みの文はどうせ社交辞令なのだろうから、新年早々今年を暗示させるような台詞は書いてほしくなどない。
客と深く関わることは滅多にないが、どうにも放っておけない英人の性格からいつの間にか付き合いは親密なものに変わっている。
何よりこの二人に関わるようになってから自分のライフスタイルも多少の影響を受けていたりする。やってくるときは大概ハリケーン付きだ。
なんだか末恐ろしい言葉を聞いたようで頭を抱えたくなったが、心の中でほんわりとしたものが生まれたのも確かだった。
きっとあの二人は今年、変化を遂げるだろう。
誰かが幸せになってくれるのは嬉しいことに違いない。
そして二人からの年賀状を眺めながら、自分にも良いことが巡ってくる年になればいいなぁとしみじみと思った。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
トラックバック0 コメント4
新年の始まりは愚痴?!
2010-01-06-Wed  CATEGORY: 季節SS
新年企画。
まだ続くのか?!お正月???
思いつきです。


年始も4日にして通常営業となった。
昔ながらの味を漂わせたバーに来る客は季節感をあまり感じさせない。
日野はカウンターに座った客に注文通りのアルコールを差し出した。
「君が日野君?英人君から色々話を聞いているけど」
唐突に切り出された名前に一瞬躊躇する。
客から口にされた名前は無視するには大き過ぎた。
カウンターに座った客は縁なしの眼鏡をかけてインテリっぽいが、見た目は30歳を越えており、ぱっと見た限り専門分野で出来過ぎた人間だと感じた。ただでさえ、日野は英人に関わって以来、『デザイン』というなんだか訳の分からない世界に引っ張られている。
その世界に生きる人間をなんとなく感じていた。
「君も苦労していそうだね。英人君?千城?振り回されているんじゃないの?不満があったら教えてよ。いくらでも千城を言いくるめてあげるから」
客の言うことはどこか不思議と心に染みていた。
実際、日野が千城に対して嫌悪を示すことなどない。二人に振り回されることはあっても、心の底から嫌になることなどなかった。振り回されても好きだったのだ。英人も千城も…。『自分を頼ってくれる』何かが…。

客は日野が関わる人間関係を見通しているかのようだった。
そして榛名をわざと悪者と決めつけて英人を守るあたり、心の底から憎い関係ではないのだと自然と伺わせる。
いたずらに言葉にしたいだけなのだ…。
「二人にお詳しいようですね」
日野はあえて英人たちとの関係を言葉にしなかった。
それに焦れたように神戸から「さすがだね」と客商売の日野を気遣う言葉がこぼれた。
「あぁ、幼馴染だからね。それに英人君は大事な部下だ。でももう、彼は一人で飛んでいきそうだよ」
神戸が零した言葉は日野にも意外でしかなかった。
英人から仕事が順調だと聞かされたのは遠い昔ではない。
今、目の前に佇む男が英人の上司であり、彼を支えている人間だと思えても、その彼から『手放す』ような発言が聞かれれば日野は黙っていられなかった。
「けど彼は貴方に…」
「うん、慕ってくれている。ありがたいと思うけど、僕の下じゃもう限界なんだよ」
彼の呟く真意は日野には分からなかった。

英人の能力は神戸の想像を越えていた。
一企業で扱うよりも、榛名のような大々的な組織で芽を伸ばすのがいいと上司は感じている。
ただそれを英人も千城も望んではいなかった。
神戸が伸ばしたいとおもう芽を、二人は『この世界でいい』と上限を定めていた。
それが神戸には悔しくてたまらない。巣立つことが惜しいのではない。巣立とうとしないことが理解できない。
千城が持つ力が英人を控え目にさせていた。
ただでさえ英人は殻から抜けようとしない。現状で満足しようとするところがある。
神戸はそれが理解できなかったし、周りから助言して指し示してくれるのであれば、その力だって利用したかった。
英人が千城と同じように心を置いている日野の存在をいつの間にか知った。
神戸は騙してでも誤魔化してでも英人をもっと開けたところに導きたかったのだ。

「俺にはできません…」
神戸が答えを聞くまでもなく、日野は小さく断りを入れた。
英人が生きる道は英人が探す。だれに何を言われるよりも本人が良いと思う道筋を本人が決める…。
日野には英人の方向性を指図する意志はないときっぱりと言い放った。
それを聞いて神戸も分かったように頷いていた。
「そうだよね…」
小さく愚痴ってはみたものの、結果は神戸だって知っていたのだと思う。
日野はわざとアルコールの強い酒を提供した。
明日は仕事だと聞いている。だけどどこかでなにかをふりきりたい精神状態は理解できた。
人は何かを手に入れると共に失うのだ…。

道端で拾ってしまった仔猫はいつの間にか自分の傍にいた。飼い主に縋ろうとするのにどこかまだ抵抗があるようで時折自分の元へと逃げてくる。
それは餌の違いや撫でられ方に満足がいかないようでニャーニャーと喚いていたが、飼い主を前にすれば満足いかない何もかもが全て吹っ飛んで飼い主の腕の中でゴロゴロと啼いた。

神戸さんは名刺を置いていった。
千城さんでも自分でもどうにも収集のつかないときに連絡をくれと英人を気遣ってのことだった。
日野はこの連絡先が必要のないものだと漠然と感じていた。

…あぁ、できることなら俺の精神状態をなだめてくれよ…。
仔猫の世話は意外に疲れるものだと訴えたら理解してくれんのかな…。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
トラックバック0 コメント3
<< 2018/12 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


Copyright © 2018 BLの丘. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。