FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちょうどいいサイズ 1
2010-03-25-Thu  CATEGORY: ちょうどいい
「だーからさー。安くしとくからっ。ねっ、お願い、一台っ!!友人を助けると思って」
「久し振りに呼び出されたと思ったらもうセールス?そんなんだったらうちの機械を買ってくれる会社の一件でも紹介してよ」
気軽に入れる定食屋で、日替わり定食が来る前のお茶をすすっている時に持ち出した『新車買わない?』の話に、目の前に座った美女…ならぬ美男の桜庭那智(さくらば なち)が、溜め息混じりに冷たい目で朝比奈一葉(あさひな かずは)を見返してきた。
ほっそりとした体型は一葉と変わらないものの、同じ男とは到底思えない顔の造りには雲泥の差がある。
しばらく会わないうちに中性的な面は色を増し、黙って立っているだけで声はたくさんかかるだろうといらぬ心配が湧くくらいだ。
那智の大きな瞳に見つめられれば自分の目は開いているのか?と問いたくなるし、とがってスッキリとした顎のラインなどを見ればぼてっとした自分の頬周りが嫌になってくる。
幸いなのは、常に鏡を持ち歩いて見比べながら会話をしているわけではないこと。
そりゃ、どう映っているのかは気になるところだけど…。

お互い仕事の途中、二人とも営業職だったから、あまりぎちぎちとした予定はなかったが、それでも時間に限りがあると思えば本題に入る。
昼食を一緒にとろうと約束した今の時間。
当然と言えば当然だが、予想された反応に泣き声が漏れた。
新車のセールスに二つ返事で「うん、いいよ」なんて答えてくれる人間は早々いない。
ましてや、自分と同じ年、26歳前後なんて、ただのサラリーマンが収入も多いわけでもなく簡単に買える代物ではない。
「俺、今年度の販売成績、最下位だったの~。この決算期に売れなかったら来月から給料なくなっちゃうよっ」
「だからってペーパーの俺に車売り付けてどうすんの?飾っとけって?」
「恋人は?!運転しないの?!」
「ヒサぁ?!…まぁするけど。たまにレンタカー借りてくるくらいだから」
つまり自家用車はないということか、よしよし…と頭の中で笑みが浮かぶ。

那智の恋人が男だと知ったのは1年ほど前のことだった。
同じ郷里出身だったから大学が違ってもそれなりに親しくしていた。
思いのほか近い場所に住んでいたということもある。
那智と約束を取り付けた夜の集まりに、くっついてきた美丈夫にはその場にいたほとんどの人間が固まったものだ。
鍛えられた肉体と精悍な顔つき。
那智と並べばそこだけ空気が変わる雰囲気がある。
…いい男だったなぁ…と回想しながら慌てて打ち消す。
そう思うくらいなのだから一葉にとって同性同士の付き合いも特に違和感すら浮かばなかった。

「自分で持つ車って愛着が湧いていいもんだよ。車があれば好きな時に好きなところへ好きなだけ行けるっ」
「だったら俺じゃなくてヒサを説得した方がいいんじゃないの?」
「那智が『買おう』って強請ればいいことじゃん」
「あのさ…」
一葉の提案に、那智は思いっきり絶句していた。
一葉には一葉で言い分もある。
あの美丈夫を前にしてセールストークなんてとてもではないができそうにない。
逆に上手く丸めこまれそうな気すらしてくる。
この気の弱さが営業成績に反映しているのだと薄々気づいてはいるのだが…。
「那智、お願いだから~。ちょっとでも話をしてみてよっ。その気があるっていうなら、おまけとかいっぱい考えてあげるからっ」
あとはもう泣き落とししかない。
ガシッと湯呑茶碗を持つ那智の手を両手で包む。
そこに注文してあった定食が届いて否応が無く万歳の体勢を取るはめになった。
ひっきりなしに客が出入りする店内。
出来立てホヤホヤの日替わり定食と共に入店直後の客から見定めるような視線が送られてくる。
豚の角煮から鼻腔をくすぐる匂いがただよった。
視線はまるで今日の料理を確認するようでもあったが、「あれ、さくらちゃん?」と声がかけられれば状況は変わった。
目の前の那智が、自分が呼ばれたとはっきり分かる態度で声の方向を追う。
「安住さん」
テーブルの横に立った、どこか西洋人を思わせるような色の白さと彫の深い顔つき。
きちっとスーツを着こなしてはいたが、自分たちとは明らかに異なる業種と分かる男がニッコリと微笑んでくる。
年上の、たぶん30代の半ばくらいにはなるのだろう。
那智にさりげない言葉をかけた後、すぐに、一葉にも物静かな声が降り注がれた。
「こんにちは」
優しい声は耳の奥まで響いてきた。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
「あんけーと」にて多大なる支持を頂いております安住編…とか言いながら、主役じゃない?!
『策略~』自体が私の中で失敗作だったので下ろしたかったのですが、今更安住を描写する気力もなく…。
どうかこんなのでお許し願いたいですm(__)m
朝の6時up(定時)を目指しますが、出来上がり次第…という状況はこれまでと変わらず。
お待ちいただく日々もあると思います。どうか暖かい目で見守ってやってください。
トラックバック0 コメント7
ちょうどいいサイズ 2
2010-03-26-Fri  CATEGORY: ちょうどいい
一人で定食屋に訪れたのだと分かる素振りに、軽く挨拶を交わしただけで、自分たちの会話に水をさすようなこともなく、安住と呼ばれた男はカウンター席へと落ちついた。
年上の落ち着きぶりなのか、さりげない仕草のひとつひとつに、去っていく後ろ姿にまで目が向いてしまう。
営業という職業柄、どこにつながりがあってもおかしくない日常には違和感もないが、どことなく那智との繋がりが気になってしまう。
ただの知り合い…というより、もっと深い部分がありそうな、そんな気がしたから…。
それでも声に出せないまま、届けられた料理に箸をつけながら、話を戻した。
「だからさぁ、車ぁ…」
「まだ言ってんの?300万円する車が100万円で買えるっていうなら、まぁ考えてもいいけどさぁ」
「それ、鬼?!悪魔?!それこそ、俺の給料なくなるっつうのっ」
そんな金額設定が設けられるわけがない。
あー、こんなときに、那智の要求する建設機械を扱ってくれる取引先でもあればなぁ…と心から願うところだが、生憎そんな都合のよい話もなかった。
紹介すらできないとなれば、引き下がるしかないのか…。

昔からの付き合いのある那智だからこそ、あれこれと色々な言い分を立ててみるのだが、さすがに営業職なだけに口達者なのか言う一言ごとに返される。
どうみたって、営業成績は那智のほうが格段に上らしい…。
昔からの人付き合いの良さもこういうところに表れるのかなぁ。

ガックリと肩を落とし、食後のお茶をすすっていると、先程の男が声をかけてきた。
「まだ忙しいのかな?もし差し支えが無ければコーヒーでもどう?」
明らかに那智を誘っているのだと思う声に、自分は遠慮しようと頭が働く。
恋人がいるのに、こんな誘いに乗っていていいのかよ…と浮かびはするものの、色々な事情があると思えば自然と口も閉じた。
断れないことは世の中たくさんある。
「安住さん、時間大丈夫なんですか?今ね、二人して営業成績足りなくて干されそうなとこなの」
「今日は出掛ける用事も来客もないからね。また何か協力できることでもあればいいんだけど。二人とも干されるだなんてね…。彼のお話も聞こうか。…難しい話はうちに行ってからにしようね」
「一葉、時間平気でしょ。安住さんが淹れてくるコーヒー、すっごく美味しいから付き合いなよ」
ほとんど命令口調と言っていい。
しかも『干されそう』って干されるのは自分であって那智ではないだろう????
強引なまでの誘いに断る一瞬すら見失った。
…那智のボディガードだ、うん、そうだ。そう思おう…。
きっと那智も断れずにいるから自分も同行しろと暗に訴えているのだ…と勝手な解釈をつけて二人の後を追う。
気弱な性格ははっきりと物事も伝えられず、結局周りの人間に従わされる。

定食屋から僅かな距離。
辿り着いたただの一般住宅のような民家に、小さく『安住法律事務所』という看板が見える。
那智はすでに来慣れたようすだったが、初めて訪れる一葉には驚きの連続だった。
玄関扉をくぐっても、靴を脱ぐようなスペースはなく、重厚な作りのソファセットが迎えてくれる。
那智はまるで慣れたように、ソファの一角に腰を下ろしたし、立ちすくむ一葉を呼び寄せてくる。
隣り合って作られたようなキッチンから安住も「座っていてね」と声をかけられ、逃げようのなくなった一葉は那智の隣に腰を下ろした。
「ねぇ、なに、どういうつながりなの…?」
聞きたかったことがついに音となる。
那智は一瞬考えるような仕草を取ったが、アヤシイことは何一つないというように、状況を説明してきた。
「俺の上司の同級生。それでもって、今取引させてもらっている会社の仲介役」
そこまで言われれば誘われて断りようのない那智の立場もなんとなく理解できた。

だけど繰り広げられるあまりにも気さくな会話のやりとりに言葉を失ってしまう。
それはまるで親しい友人のようでもあったから…。
「カズハちゃんだっけ?あまり緊張しないでね。喫茶店代わりに使ってくれればいいんだよ」
ほんわりとしたコーヒーの香りを漂わせながら近づいてきた男は、慣れ親しんだ友人のように名前を呼んだ。
年の差を全く感じさせないほどの親しみやすさ。

バリスタの資格まで持つという弁護士の口調はとても滑らかで、時間を忘れるほど惹きこまれた。
さりげなく、一葉の泣き事まで聞いてしまう度量の大きさ。
売り上げが無いと思わず泣き縋ってしまえば、「知り合いにも当たってあげるね」と答えられて逆に恐縮する。
どことなく差し出すよう命じられたような仕草に名刺を出し、代わりに安住と呼ばれた弁護士の名刺も受け取る。

初対面であるというのに、彼の名前を知れたことが、何故か一葉は嬉しかった。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
トラックバック0 コメント2
ちょうどいいサイズ 3
2010-03-28-Sun  CATEGORY: ちょうどいい
あまりにも順調なほど時が流れていく。
決算時期の一番忙しく、そして数字に追われる日々。
これまで全く売り上げの無かった一葉の名が書かれた一覧表に、売り上げを示す花飾りが5個6個と花開いた。
「朝比奈ぁ!!こんな力があったなら、もっと前からがんばれよっ!!!」
一人の売り上げ成績はもちろんのこと、それは営業所の売り上げに直結する。
40歳を前にして営業所長にまで昇り詰めていた磯部(いそべ)は、たった数週間の間に一気に成績を伸ばした従業員に怒声…ならぬ、感激の言葉をかけてきた。
一葉自身、何がどうなっているのかわからないくらいだ。

とりあえず、那智の恋人が出掛けるのに便利だから…という理由で一台のステーションワゴンの購入を決めてくれた。
エコカーやらなんやらと話題になる今、買い替え需要もそれなりにあるらしく、那智の恋人の会社の人間まで関心を示してくれて、数台の相談を受けた後に団体購入(本当にあるのか、こんな制度?!)で納品契約を結んだ。
全てが一葉の名前でとりつけられた契約内容には営業所長も黙る。

そんな時に『お客さんを紹介したい』と安住から連絡が入って一葉は驚いた。
ただの社交辞令と思っていた挨拶が、まさか現実になるとは思ってもいなかったからだ。
一人で足を向けるのはなんだか気が引けて、那智に相談すれば、「馬鹿じゃないの?!」と罵られた。
それくらいの売り上げ、自分でなんとかしろと言いたいらしい…。

売上がどうこうというよりも、安住に会うというほうに緊張していた一葉だったのだけど…。
一葉は以前もらった『安住享利(あずみ きょうり)』と書かれた名刺をしげしげと眺めてしまう。
せっかく作ってくれた機会を無下にするわけにはいかない。

勇気を振り絞って、言われたとおりに再び、あの喫茶店のような事務所へと足を運ぶことにした。
そう、これは仕事なのだ。
午後の一番が良いと言うので、この前同様、近くの定食屋で昼食を済ませてから安住の家へと向かう。
出迎えてくれた安住はあの時と変わらぬ優しい笑顔を向けてくれた。
「わざわざごめんね」
「いえ、こちらこそ…」
さりげない挨拶を交わし、奥へと招かれる。
家の中には老婆がいた。
「お孫さんの車をね…」
安住は一葉を紹介するとその後は口出しをすることもなく全てを一葉に任せてきた。
もちろん『孫』の意思が第一なのでこの場での契約などなかったのだが、一葉にしてみれば紹介してもらっただけでもありがたい。
彼女の口から聞かされるあれやこれといった話の中で、いかに安住に信頼を置いているのかが伺える。
安住に対しての信用があるから一葉の話も聞いてくれるのだろう。
彼の人間性を垣間見たような気がした。

一通りの説明などを済ませ、老婆を見送った後、安住は新しいコーヒーを淹れてくれた。
「一葉ちゃん、まだ時間は大丈夫かな。午前中にお客さんからケーキを頂いてね。ちょうどおやつの時間だね」
説明に夢中になっていて時計など気にしていなかったが、思いのほか時間が経っていた。
あまり長居をするのも申し訳ないようで一度は断ったのだが、安住に再び勧められればそれ以上の言葉を一葉は探せなかった。

安住と会うのは2度目のはずなのに、彼が醸し出す雰囲気は人の心を落ち着かせるものだった。
静かな口調で語られる話題は多く、人を飽きさせない。
そして一葉の話もきちんと聞いてくれる。

「たまにさくらちゃんも来るんだよ。近くに来た時には寄ってね」
那智が『さくらちゃん』なんていう可愛らしい愛称をつけられていることにも驚くが、『一葉ちゃん』と呼ばれることにも照れくささが増す。
親しみやすく、と彼なりの配慮なのだろう。
心地よい時間を過ごし、来た時の緊張もなくなり気分も明るくなって、一葉は春の陽気のような温かな気持ちを抱えて営業所に戻った。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
トラックバック0 コメント0
ちょうどいいサイズ 4
2010-03-29-Mon  CATEGORY: ちょうどいい
4月になり、社員の異動だ、新入社員の歓迎会だと立て続けに酒席が組まれたせいで、すっかり懐が寂しくなった。
二次会、三次会と遊び歩いた自分にも責任があるのだが…。
営業所で事務整理に追われていた所に、那智から『ごはん、おごって』などと電話が入ってくれば泣くしかない。
「ボーナス入るまで待ってよっ!もう今月超ピンチなのっ」
『車買ってやったじゃんっ。しかも給料日を待てじゃなくてボーナスって何?!そんな先?!』
「買ったのは那智じゃないだろうが…」
『変わんないよ』
最初買わないと散々ごねていたのに、随分勝手な言い分だ…。
生活費を恋人と共にしていると思えば分からなくもないけど…。

一葉が「今日のお昼代もどうしようか考えているのに…」と愚痴ればさすがに那智も口を閉ざしてくれた。
たぶんお互い様の状況だったのだろう。
それから、那智にそうそう、と言われ話が世間話に変わっていく。
『そういえばさぁ。安住さんに『一葉ちゃんは元気?』ってこの前聞かれたぁ。あそこでも契約取ったんだって?ちゃんとお礼しときなよ』
一葉は「あっ」と振り返った。
紹介してもらった老婆、花園さんちのお孫さんが、祖母からの援助があるという話に負けて購入契約を結んでくれた。
一度安住には電話で連絡を入れてはあるのだが、きちんとお礼にも行っていない。
いつか、いつか…と思いながら後回しにされているのは、忙しかったから…という甘えなのだが、一度足を踏み入れてしまえば「ゆっくりする」という雰囲気があるだけに、足を向け辛かった。
もちろん、安住にしてみればいい迷惑だろうが。

「な、那智さ、今度一緒に行かない?」
そしてどうにも安住のペースに巻き込まれてしまう。
というより、自分の主張をはっきりと告げられない…というだけだが。
『なんで俺が一緒に行くの?』
「だってなんとなーく、…あ、ほら、俺、まだ慣れないし、…話題とかも…」
『一葉ってば何年営業やってんの?それくらい自分の力でなんとかしなよ』
キツーイ一言を浴びて、那智を頼るのは無理なのかと肩を落とす。
営業という職について、多少対人面に免疫はついているはずなのだが、やはり気の弱さはいたるところに出た。
特に那智という昔から良く知っている間では甘えばかりが増長する。

「なちぃぃ…」
『………、もう、…。分かったよ。安住さんには俺から連絡取っておいてあげるから。いつでもいいんでしょ?』
「さすが那智ぃ♪ボーナス入ったらちゃんとおごるからっ!!」
泣き声を漏らせば聞いてくれる。
やっぱり持つべきものは友達だ、と一葉は目に涙を溜めながら喜んだ。
そんな一葉の様子を見ていた営業所長の磯部は、「こいつの根性をもっと叩き直さねば…」と闘志を燃やしていたりするけど…。
なにはともあれ、経費でお茶菓子代くらい出してもらおうと一葉は電話を置いた。

それなのに、那智から呼び出されたのは夜の時間で、一葉や那智ではまず到底行かないような料亭を指定された時、ただ冷や汗をかくしかなかった。
それが安住からの話だった…と聞けば何も言い返せない。
『プライベートな集まりだし、うちの上司も一緒に行くから』
唯一、平然と答える那智の声だけが頼りだった。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
トラックバック0 コメント2
ちょうどいいサイズ 5
2010-03-30-Tue  CATEGORY: ちょうどいい
この日のために、一葉は色々なものを切り詰めた。
コンビニで買うジュースをやめて水筒を持ち歩いたりだとか、外食を極力やめて自炊していたりする。
しかも分量も良く分からず本通りに作るせいで、2日も3日も同じものを食べざるをえなかったりした。
安住のことだから無謀な要求はしてこないと、信用する頭があっても、万が一お金が足りませんでした、とか言い訳にならない。
それに、どうしたって今回は自分がおごるものだろう…。
磯部に相談したら「プライベートな集まりに金が出せるかっ!」と一喝されて終わった。

これまでさほど売り上げのなかった一葉にとっては、異例ともいえるべき出来事である。
飛び込んできた客をなんとかつかまえて実績につなげるか、おすそわけのような上司からの客をもらったりとそんな程度だったのだ。

こんな状況に陥りながらも、安住に会えるのだと思うと緊張と共に高揚するものがあった。
だからがんばれた日常生活のような気もする。
当日はもちろん緊張感の方が勝っていたから約束の一時間も前に料亭の前についてしまった。
磯部に「客から頂く杯の一杯目は必ず受けろ」とアドバイスを受け、車で行くことを諦めて帰りのタクシー代を確保しながら、近くの本屋で時間を潰した。
だからといって遅れるわけにもいかず、結局30分も前に料亭に出向けば、安住の名前ですでに席は用意されているから、と個室に通された。
一人で待つ時間は思っていた以上に長く感じたし、慣れない空間に心臓は飛び出しそうだった。
何か粗相でもあれば、安住にも呆れられるだろうし、磯部からも雷が落ちることになるだろう。

しばらくすると、時間よりも早いのに、安住ともう一人、見たことのない、たぶん安住と同じ年くらいの男が一緒に来た。
フレームのない眼鏡をかけて、小奇麗なさっぱりとした雰囲気を漂わせている。
安住よりも一回りほど小柄に見えたが、一葉に比べれば充分鍛えられているような、世間を知りつくしたような大人の雰囲気があった。
「一葉ちゃん、早かったね」
「きょ、今日はありがとうございます…」
ずっと緊張していた身体の塊が、安住の笑顔を見た途端に緩むような安堵があったが、後ろから続いて入ってきた男に、「もしかして享(きょう)が言ってたさくらちゃんの友達?」と見つめられればまた固まる。
安住を『享』と呼ぶ親しさに、那智が言っていた『安住の同級生で上司』という人物なのか…と頭を巡った。
そして同時に浮かんだのは、深い関係なのだろうか…ということだった。
たった2度しか会ったことのない安住のプライベートを詮索することなどできなかったが、すでに付き合っている人間がいてもおかしくない。
それを感じれば、急激にしぼんでいく心の風船があった。

「さくらちゃんももうすぐかな」
「あー、たぶん恋人に出してもらえないんだと思う。享が来るって言うと目くじら立てるらしいから」
「そのために誠を呼んだのに」
二人で何気ない会話を進めながら、改めて安住の隣の男が安住の友人だと紹介された。
「中條です。仕事でもないのにこんなところで名刺を出すのもなんだか悪いんだけれど」
安住同様に細やかな気遣いの見られる中條に、慌てふためきながら一葉も持ち合わせていた名刺を出した。
仕事ではないと改めて言われて、那智が言うように本当に内々の集まりなのか…と少しだけ気もほぐれる。
なにより二人が持つ雰囲気なのだろう。

「自動車販売?…ふーん。何かあったら協力させてもらうね」
「ありがとうございますっ!!」
しぼんだ心と営業活動はまた別だ。
和やかな空気の中、深々と頭を下げたところに、那智が飛び込んできた。
「すみませんっ!遅れちゃって!!」
「ドタキャンかと思ってた。よく出してもらえたじゃん」
中條が那智をからかえば、ムスッと膨れた顔があった。
「そんなの、接待って言ってきましたよ~。大丈夫、お店の前まで送ってもらったしっ!今度一葉にもご飯おごってもらえるからって宥めたし」
「えぇ?!」
那智一人分だと思っていたおごる話はなんだか大きくなっていたようだ。
…店だけはこちらで指定しよう…。一葉は心の中で一人呟いた。

那智と中條の間には上下関係とは思えないほど気さくな雰囲気があった。
安住は一葉が最初に挨拶をした『御礼』以外、一切仕事の話を持ち出さなかったし、安住から醸し出される余裕のある振る舞いに、いつしか酒もすすむ。
那智の態度にも助けられ、酒の力もあって、一葉は気付けば呂律も足元もおぼつかない状況に陥っていた。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
トラックバック0 コメント2
<< 2018/12 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


Copyright © 2018 BLの丘. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。