FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
やすらぎ 4
2011-03-07-Mon  CATEGORY: やすらぎ
全ての行為が無駄だと知らされたのはそう遠くない日のことだった。

望は彼の為に時間を費やした。
端からみたら、佐貫から引き離すように、『女』と共に生きるように導かせていたのかもしれない。
佐貫に振り向いてはもらえないと、たぶん誰よりも自分が一番良く知っていることなのに、諦めきれない往生際の悪さ。
彼と佐貫が完全に離れれば、いつか自分を見てくれるのではないかと微かな期待だけを胸に抱いていた。
その不安まで佳史に話してしまうことになったが…。

彼の存在は佳史の耳にも入っていた。
佐貫が自ら語るはずもないのだから安住からでも聞いたのだろう。
そういえば、安住の思い人と同じ年と言っていたっけ…。
『離婚』云々のことまで話すわけがなかったが、望と関係している時点で、どんな状況になっているのか想像は容易かったはずだ。
躍起になる望の態度を、佳史に指摘されるくらいだった。

いつものように、惨めな身体を慰めてもらった後、横に転がった佳史が小さな溜め息を零した。
「望の気持ちが分からないわけじゃないけど…」
佳史も希望がないことを承知している。
どうがんばっても、佐貫は望へと向いてはくれない。
しかも佐貫の恋心をくすぐる相手が目の前に現れてしまっては、尚更そちらに気が向いてしまうだろう。
「ごめん、佳史にこんな話、するべきじゃないよね…」
「辛い気持を吐き出してくれる点では困らないけどね。少しは気休めになっているのかな」
「佳史には感謝してる…」
ただ、その思いは”愛”には変わらない。
こんなに尽くしてくれて、それでも応えてやれない自分も相当な卑怯者だ。
「甘えたい時に甘えてくれればいいから。俺はいつまででも待ってるよ」
優しく髪を梳いてくれる手。
この手を失わないための狡賢さと佳史が知ったら、軽蔑されるだろうか。
いや、それでもいいと、佳史なら言うのだろう。
愛情の深さは、これまでに嫌というほど感じさせられてきていたのだ。
そして頷けない自分…。

彼の離婚問題が淡々と片付いてしまった後、佳史の態度が俄かに変わった。
やたらと望に構うようになった。
佐貫を忘れさせたい思いがあるのは随分前から知っていたが、少しでも希望があることまで潰そうとしなかった佳史なのに、呪文のように「諦めろ」と繰り返される。
後から考えれば、望を傷つけないための先回りだった。

その日は突然やってきた。
佳史の態度がおかしいと思い始めてほんの数日。
不意に事務所に佐貫が現れて、どうしたものかと驚愕した。
さらに、佐貫が纏う雰囲気が、以前とは全く異なっていることにも驚いたし、言いようのない恐怖心を持たせた。
「支払いをしに来た」
「支払い?何の?」
脈略もなく始まる話に、益々意味が分からなく、訝しげな表情を浮かべてしまう。
「成俊の弁護料」
自然と口から発される名前は、望が佐貫の口から聞きたくないと願っていたものだ。
「な、に…?」
みっともなく声が震えてしまう。
長いこと、正面から見られたことなどあったか?と思ってしまう、まっすぐな眼差しで佐貫は望を見た。
「おまえには悪かったと思ってる。もっと早くに何らかの意思表示をするべきだったな」
淡々としたように佐貫から聞かされた内容は、ガタガタと望の精神を切りつけていった。
全部知ってたんだ…。
分かっていて、曖昧にしたままだったことを素直に謝罪してくる。
こういうヤツだ…。
武田成俊(たけだ なりとし)という、望がずっと弁護を引き受けていた青年と暮らすようにしたこと、二度と過ちは繰り返さないと断言する力強さ。
佐貫から告げられる話に、望は傷ついていながらどこかホッとしていた。
闇の中に放置されたままの心が、ようやく暗いトンネルを抜けていくような気持ちが走った。
自分では変えることのできなかった佐貫の心を、ほんの僅かな間で掴んでしまった二人の間に、自分の入る余地などないのだと知らしめられた。
自分が弁護して彼の自由をもぎ取ったことも、皮肉な運命だ…。

「うん…」
静かに頷いた望の頬を一筋の涙が伝う。
それを自分の責任だと罪をかぶる佐貫も、きっと心を痛めていたに違いない。
二人で背負った十字架。
寄り添うことすら許されなかった二人の思いが、新たな希望をもって離れていく。

自分が何処へ向かうべきなのか…。
真っ先に思い浮かべた人物。
今はまだ、佳史の思いに応えてやれないけれど、慰めてほしいと頼ってしまう自分はどこまで甘えているのか…。
泣き崩れた望を支えた手は、ただ温かかった。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
遅くなりました―。
やっと書けました~。
かなり端折って書いたけど理解できるでしょうか…。
ちょうど成俊がレイプされた頃のことです。

3← →5
関連記事
トラックバック0 コメント2
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
No title
コメントけいったん | URL | 2011-03-07-Mon 13:32 [編集]
佐貫、優しくて残酷な男。そこが いいの~(← いいのか!?)(//▽//)

望の気持ちを知りながらの友情関係を 続けていたなんて...
でも 佐貫への想いを 隠してた積もりでも きっと 皆には バレバレだったんでしょうね~

さぁ これからは 佳史の頑張りが 大切!
まだ 想いを引き摺っている望を どう攻略するの?
寄り添うだけでは もう ダメだからね、佳史!

佳史、”漢”を 見せてくれーーガンバァ━━(`・д・´)ノ━━!!...byebye☆
Re: No title
コメントきえ | URL | 2011-03-07-Mon 15:58 [編集]
けいったん様
こんにちは~。

> 佐貫、優しくて残酷な男。そこが いいの~(← いいのか!?)(//▽//)

そんなところにまで惹かれるwww

> 望の気持ちを知りながらの友情関係を 続けていたなんて...
> でも 佐貫への想いを 隠してた積もりでも きっと 皆には バレバレだったんでしょうね~

うん、ばれていたとおもいます。
だから佳史もなんとかして救い出してやりたかったのだと…。
佐貫も傷つけたくなく、誤魔化し続けた…。

> さぁ これからは 佳史の頑張りが 大切!
> まだ 想いを引き摺っている望を どう攻略するの?
> 寄り添うだけでは もう ダメだからね、佳史!
>
> 佳史、”漢”を 見せてくれーーガンバァ━━(`・д・´)ノ━━!!...byebye☆

がんばりまーす、佳史。
完全に希望を失った望を傷口にすりこんでいくように(?!)ダメ押しして自分のもとへ引きずる…。
(いえ、そんなひどいことはしない… ワタシSじゃないし…)
どんな攻略方法を見せてくれるのかしら(゚∀゚)
コメントありがとうございました。
トラックバック
TB*URL
<< 2019/09 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.