FC2ブログ
ご訪問いただきありがとうございます。大人の女性向け、オリジナルのBL小説を書いています。興味のない方、18歳未満の方はご遠慮ください。
BLの丘
ちょうどいいサイズ 24
2010-04-22-Thu  CATEGORY: ちょうどいい
一緒に連れて行かれた先で磯部は見事に10台の契約を取ってきた。
傍で話を聞いていただけの一葉はひたすら驚き口をぽっかりと開けるしかなかった。
どうしたってこんな話術は自分にはない。
小気味良いテンポで話を進め相手をくどき落としていく。
考える間を持たせず、今日この場でハンコ、というスピードにも絶句する。

やっぱり違い過ぎる…。
益々自信をなくした一葉は、この職が自分に合わないという現実を突き付けられた気分だった。
もう随分前から感じてはいたけど、こうもあからさまに差を見せつけられたことで改めて実感した。
『目標』に持とうという向上心も闘争心も湧かなかった。

落ち込みまくった一葉は、駐車場に向かうまでにさっさと歩いていく磯部と距離があいてしまった。
また「もたもたするなっ」と怒られる…と走りだそうとして、慌てたせいか足をもつれさせその場で見事に転んだ。
ドテンっと身は地面と衝突したし、あろうことかカバンの中身が撒かれている。
音に振り返った磯部が眉をピクンと揺らし、怒ろうとしたのか、…だがすぐに呆れた顔になって額に手を当てていた。
こんなところで醜態を晒す部下など見せたくもないといった態度で、一葉に近寄ってくると散らばったものをかき集めている。
「まったく、転んでランドセルの中身をぶちまけた小学生と一緒だな…」
小さく呟かれて一葉は泣きたくなった。
何をしても失敗ばかりする。
自分が情けなくて仕方ない。
「ほら、さっさと立て」
怒るわけでもなく、子供を宥めるといった感じで磯部は一葉を立ち上がらせると汚れたスーツの部分をはたいた。

「あれ、一葉ちゃんじゃない?」
磯部にされるままになって、どうみても面倒を見てもらっている小学生に成り下がっていたところに、不意に自分の名前を呼ばれて顔を上げる。
前方から歩いてくる眼鏡をかけた男が、「あー、やっぱりー」とにこやかに笑った。
中條はビシッとスーツを着こなして『ただいまお仕事中』オーラを全身に纏わせていたが、一葉を見つけるなり表情が柔らかくなったように見えた。
「な、か、じょ…さん…」
泣き声にも近い掠れた声を上げれば、前にいた磯部も身体を起こして中條を見返した。
こちらに歩を進めてきた中條は立場上、といった感じで先に磯部に挨拶をした。
「突然すみません。私こういうものでして…。彼とは以前お会いしたことがあったものでつい声をかけてしまいました」
非常にスマートな動作で名刺を差し出す。
たいして年齢も違わないはずなのに、並んでみれば中條よりもずっと磯部の方が貫禄があるように見えた。
身長差もあるからだろうか。それに全体的な雰囲気が中條は柔らかい。
磯部からも名刺を受取った中條が、磯部の役職に視線を落とせば、「あぁ」と何か納得したように頷いた。
それに気付いて磯部がほんの僅かだけ訝しさを見せる。
「なにか?」
「あ、いえ、すみません。以前彼とお話をさせていただいた時に、彼と磯部さんが電話でお話をされているのを少しだけ聞いてしまったことがあるんです。想像通りの方だったな、と思いまして。失礼しました」
「電話?」
気後れする様子もなく、ニコニコと笑いかける中條に磯部は営業スマイルを取り払った。
隣で二人の会話を聞いていた一葉は冷や汗ものだ。
安住の家で安住だけではなく中條にまで手を焼かせたと知れたらまた雷が落ちてくる。
だが二人の会話に入っていく勇気も言葉もなかった。
「ええ。彼が私の友人の家で寝過ごしてしまったことを気にかけてお電話されていた時のことなんですが」
人前でそんなことはしないと分かっていても、磯部に睨み下ろされている気分で、一葉は身を縮めて俯いた。
…中條さんてば、そんなこと言わなくてもいいのに~ぃ…

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
また転んだ一葉にピタッと絆創膏をはってやってください。
↓ぷりーず。
関連記事
トラックバック0 コメント3
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
コメントきえ | URL | 2010-04-22-Thu 09:49 [編集]
拍手コメK様
こんにちは。

>磯部って 意外にいい人なのかも?一葉が可愛いから 叱咤激励してるのかな?なんだかんだいっても 優しいおじちゃま達(失礼!)に囲まれてる 一葉ちゃんですね。それにしても 本人も自覚したように、セールスという仕事 一葉には 合わなさすぎ。おじちゃま達の手ほどきを受け、立派な営業マンになるのか、それともきっぱりと諦めて 長所を生かせる仕事に転職するのか?と 真剣に 考えてる自分に笑えます

一葉が可愛いのは可愛いんでいいんですけどね…。
そこは公私混同していない所長磯部だったりします。
えぇ、気の良いおじちゃまにかこまれましたね~。
さぁ、一葉のお仕事ぶりはどうなるんでしょうか。
なんだか、愛よりもお仕事になっている一葉なんですけど…。
文才のない私が書いているのでゆっくりまったりのんびり進んでいくと思います。
どうぞおつきあいくださいませ。
コメントありがとうございました。
コメントきえ | URL | 2010-04-22-Thu 15:14 [編集]
S様
こんにちは。

一葉に貼る絆創膏は何枚あってもたりませんよね…。
中條の登場はただのからかいにしかなっていないんですけど…(書けなくて無理矢理ひっぱってきたっぽい)

お体大丈夫ですか?
こんなのを読んでいるとますます身体を壊しますよ?!
春先、気温も変化が激しく身体にご負担がかかると思います。
どうぞご自愛くださいませ。
コメントありがとうございました。
コメントきえ | URL | 2010-04-22-Thu 15:22 [編集]
拍手コメ様

>ちょっと一葉は子供じみすぎてないですか?可愛い受け狙いかもしれませんがここまでおこちゃまだと読んでて違和感が...

可愛いっていうより、ただのドンクサなんですけどね…。
違和感、うまれますよね~。
大人になりきれないおこちゃまです。
なんだかだらだら進んでいるようで申し訳ないのですが、そのうち一歩を踏み出すと思います。
こんな駄文にお付き合いくださいまして本当に感謝です。
コメントありがとうございました。
トラックバック
TB*URL
<< 2019/09 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


Copyright © 2019 BLの丘. all rights reserved.